梅干しは檀一雄流の漬け方をすれば手間がかからないのである。

2014/07/30

 
今年もまた梅干しを漬けはじめた。

梅干し 漬け方

梅干しは、檀一雄流の漬け方をすれば手間がかからないのである。

 

◎スポンサーリンク


 

梅の季節となっている。八百屋やスーパーの店先には、梅が並んでいるだろう。

これを買い、自分で梅干しを漬けてみるのは悪くない。スーパーで売っているものと違って添加物がゼロだし、値段もだいぶ安くなる。

 

梅干しを漬けるというと、「面倒臭そう」と思う人も多いと思う。容器を消毒したりなどしないといけないと思うだろう。

しかしそういう時こそ、檀一雄の出番である。『檀流クッキング』に載せられているやり方は、格段に手が掛からない。

 

要は塩の量を増やすのだ。檀一雄は塩分30%で梅干しを漬けている。

これを20%とか10%とか減塩するから、カビ対策が必要になるのであって、30%なら、容器はただ洗うだけでいい。

 

塩分30%の梅干しは、ジャリっと塩が歯に当たるくらい塩っぱいが、味はいい。

もし塩っぱすぎるようなら、サッと水で洗っても、水に浸して塩抜きしてもかまわないわけである。

 

作業の手順は、まずは塩漬け。それからもうじき赤じその時期になるから、そうしたらそれをアク抜きして加える作業がある。

さらに土用の頃、1日2日、天日干しして完成となる。

 

ただしもし今年、「梅干しを漬けてみよう」と思うのなら、今すぐお店へ走る必要がある。

梅の季節は、もうほとんど終わりかけになっているからだ。

 

梅は、今年は1キロにした。大きさは3Lのが、やや高いがやはりいい。

買った梅が青ければ、常温の部屋に3~4日置いて熟れさせ、色が黄色からオレンジがかるくらいにする。そうした方が、梅干しはやわらかく漬かることになる。

 

梅が黄色くなったところで、まず水に浸して一晩置く。

梅干し 漬け方

それからそれを水で洗って、竹串などでヘタを取る。

 

次に梅を水で濡れたまま、漬物用のバケツに入れる。バケツはスーパーにはなかったが、金物屋で600~700円で売っていた。

梅干し 漬け方

ここに塩300グラムを入れ、梅干しとよく混ぜる。

 

中ぶたをし、上に重石、これも金物屋に600~700円で売っているが、それを置く。

梅干し 漬け方

フタをして、これをしその時期まで、そのままにしておくわけである。

 

今日開けてみたら、一日ですでにずいぶん梅酢が上がってきた。

梅干し 漬け方

梅酢を料理に使うのも、また楽しみであるわけだ。

 

「早く出来たの食べたいな。」

チェブ夫

もうしばらくの辛抱だからな。

 

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

梅干しは檀一雄流の漬け方をすれば手間がかからないのである(2/3)

梅干しは檀一雄流の漬け方をすれば手間がかからないのである(3/3)

檀一雄「檀流クッキング」は自炊をする男性には絶対的におすすめなのである。(イワシの煮付け)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-03 野菜料理