ナスは鶏肉とトマトといっしょに洋風っぽい和風で煮るのである。

2014/06/28

 
ナスを鶏肉と煮て食べた。

ナスと鶏の塩味煮

トマトも入れて、「洋風っぽい和風」で煮るのである。

 

◎スポンサーリンク


 

ナスが2本、冷蔵庫に入っているのを使い切ってしまおうと、とりあえずは鶏肉と合わせることにして、モモ肉を買った。

初めはみそ炒めにしようと思った。ナスはみそとよく合うし、鶏ももちろん、みそ煮込みうどんに鶏が入っていることからも分かる通り、みそは王道中の王道となる。

でもついおとといだったか、ナスをみそ汁に入れたばかりだったから、おなじ味付けが続くのは面白くない。それで他にやりようがないのかと、考えることとなった。

 

ナスといえば代表的な料理の一つとして、「ナスにしん」がある。しょうゆでコックリと煮るもので、ナスにしょうゆがいいのもちろんだし、鶏にもいいのは言うまでもない。

しょうゆ味はうすめにして、やさしく煮たらうまそうである。

 

でもこれも、あまり面白いとはいえない。

どんなものでも、「しょうゆが合う」のは当り前過ぎる話だろう。

 

みそでもしょうゆでもないとしたら・・・。

あとは「塩味」ということになる。

 

その時、冷蔵庫にはまだトマトが一つ、残っていたことを思い出した。

「鶏肉を塩味で煮たところに、トマトを入れたらうまいのでは・・・?」

 

これは間違いがないだろう。

 

ちょっと「洋風」にするのである。肉と野菜を塩にニンニク、ちょっとしたハーブなどで味付けして煮るのは、ヨーロッパあたりでは代表的な家庭料理となるだろう。

ナスが入って問題があろうはずがないし、ナスと相性がいいトマトをさっと煮たのを加えれば、いいアクセントになるだろう。

それならまずは、オリーブオイルで玉ねぎと一緒に炒めるのがいいだろう。ニンニクは使いたくないので、ショウガとオイスターソースでコクを付けることにする。

 

戸棚には、ジャガイモも入っている。

「これも入れたらいいのでは・・・?」

いやいやいや、それはよくない。

 

ジャガイモとナスは、「味がしみてホッコリとする」という役割がおなじである。ジャガイモを入れてしまうと、多分ナスが「食われる」ことになるだろう。

味を吸わせる役割は、「油あげ」に果たしてもらうことにする。

 

そして最後は、「トロミ」を付ける。

洋風なら、もちろんのことトロミは付けない。でもそれはスプーンを使って食べるからで、箸だけで食べるには、トロミが付いていたほうが食べやすい。

 

これで料理は、頭の中では完成した。

ナスと鶏の塩味煮

トマトの赤、ナスの青、鶏肉の黄色と彩りもよく、いかにもうまそうではないか。

 

あとは作るだけである。

まずはフライパンを中火にかけ、オリーブオイルを多めに引いて、みじん切りにした玉ねぎを炒める。

ナスと鶏の塩味煮 作り方

つづいて一つまみずつほどの塩を表と裏にすり込んで、食べやすい大きさに切った鶏肉、皮を縞にむいて大きめに乱切りし、水に浸してアク抜きをしたナスを炒める。

 

ナスがややしんなりしたら、水カップ1、酒大さじ1、オイスターソースとおろしショウガ小さじ1ずつ、塩小さじ2分の1ほどを入れ、食べやすい大きさに切った油あげを加えて5分ほど、弱火で煮る。

ナスと鶏の塩味煮 作り方

ナスがやわらかくなったあたりでくし切りにしたトマトを入れ、2~3分、トマトをあまりやわらかくなり過ぎないくらいに煮る。

 

強火にし、片栗粉大さじ1、水大さじ2の水溶き片栗粉を回しいれる。

ナスと鶏の塩味煮 作り方

全体を混ぜ、トロミが付いたら火を止める。

 

青ねぎと、好みで一味を振って食べる。

ナスと鶏の塩味煮

想像通り、鶏肉のコッテリとしたコクとトマトの酸味がナスによく合う。

 

あとは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

酢の物の残り。

酢の物の残り

 

一味ポン酢の冷奴。

一味ポン酢の冷奴

 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

グズグズしないで早いとこ寝ればいいのに、きのうもまた布団に入ったのは2時だったから、今朝は少し寝坊した。

 

「飲み過ぎなんだよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

ホタテご飯があっさりし過ぎと思ったので、コッテリしたナスの赤出しを作ったのである。

豚肉ともやし、厚揚げの炒め物はもやしを別に炒めたのである。

スルメイカをあっさりと食べるなら「ゆでイカショウガ醤油」なのである。

ゴーヤチャンプルーは夏の味なのである。

カラスガレイの煮付けはうすめに仕上げると酒に合うのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉