鶏めしは「もっともうまい炊き込みご飯」の一つである。

2015/09/26

 
鶏めしを作って酒を飲んだ。

鶏めし

鶏めしは、炊き込みご飯の中でも「もっともうまい」ものの一つである。

 

◎スポンサーリンク


 

先週、毎日のように麺だのご飯だのを食べたら、しまいには腹が減らなくなるほど体に余分なエネルギーが蓄積されたのを感じたのだが、今週はおととい普通盛りのランチに炊き込みご飯を食べたのに、きのうはまた順調にお腹が減った。

それで思ったのだが、先週のあの余分なエネルギーは、炭水化物によるものではなく「油」によるものだったのではないだろうか。

先週は、炒め物などで油を使うことが多かったのだ。

まあ、それはどうでもいいのだけれど、ご飯を食べてもそれほど「余分」にはならないとわかったおかげで、きのうはまた炊き込みご飯をする気になった。

 

何しろ炊き込みご飯は、まず「手軽」である。鍋に順番に材料を入れ、あとは火をつけてしまえばすることがないから、その間にサイドメニューを用意して炊き上がったときには支度がすべて終わっている。

さらに「うまい」ことこの上なく、ご飯に材料の味がしみるのはたまらない。このうまさに匹敵するのは、「すし」だけである気がする。

しかも炊き込みご飯はすし同様、酒にもよく合うのである。

 

きのうは「鶏めし」を作ることにした。

鶏めし

鶏をご飯に炊き込めばうまいのは知れた話で、炊き込みご飯の中でももっともうまいものの一つになる。

 

鶏を炊き込みご飯に入れるには、かならず「魚のだし」を加える必要がある。肉としょうゆがだしがないと合わないからで、削りぶしのだしならもちろん一番いいのだけれど、それだとちょっと手軽さに欠ける。

そこで「オイスターソース」を使うことにする。

オイスターソースは「カキのエキス」だから、うまいことだしの代わりになってくれるのである。

 

土鍋に5センチ角くらいのだし昆布を敷き、研いでザルに上げた米1カップ、ささがきにして水にさらしたゴボウ2分の1本、細く刻んだ油あげ2分の1枚、それに表と裏に一つまみ(小さじ2分の1)ずつの塩をすり込み、食べやすい大きさに切った鶏もも肉1枚を、順に入れていく。

鶏めし 作り方

まずおろしショウガとオイスターソースを小さじ1ずつ、さらにその上から酒とみりん、淡口しょうゆ小さじ1づつをかけていく。

きのうはショウガとオイスターソースを最後に入れたらきちんと溶けず、まあそれでも大して問題ないのだけれど、最初に入れておいたほうがいいにはいい。

 

フタをして、中火にかける。湯気が勢いよく噴き出しはじめたら弱火にし、10分炊く。

鶏めし 作り方

そのあと10分蒸らせば出来上がりとなる。

 

青ねぎと一味をふって食べた。

鶏めし

オイスターソースの風味がちょっとするのもいいのである。

 

これもお湯や氷水を入れて食べるとまたうまい。

鶏めし湯漬け

きょうの昼はお湯を入れた。

 

あとは酢の物。

酢の物

キュウリはうすい輪切りにし、一つまみの塩で揉んでちょっと置いたら水で洗い、水気を拭きとる。

ゆでわかめ、ゆでホタテ、うす切りにしたみょうがと合わせ、砂糖小さじ3、酢大さじ3、それに塩少々で和える。

 

とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

イカ煮付けの残り。

イカ煮付けの残り

 

おばさんの古漬。

おばさんの古漬

 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

きのうも酔ってツイッターに向かったら、また爆裂したのである。

 

「あまり暴言吐かないようにね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

ツバスの炊き込みご飯はつくづくうまいのである。

イカの煮付けは煮過ぎないのがコツである。

厚揚げとえんどう豆の卵とじは削りぶしを取り出さなければ作り方がシンプルになるのである。

ナスミートも和風調味料をちゃんと使えば煮込まなくてもいいのである。

鯛めしは余分なものを入れないのがコツである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉, 04 鍋料理・ごはん物
-