ひとり暮らしの料理写真は「芸術」ともいえるのではないかと思うのである。

2014/06/19

 
人の料理写真を見るのは楽しい。

チェブ夫

その中でも特にひとり暮らしの料理写真は、「芸術」ともいえるのではないかと思うのである。

 

◎スポンサーリンク


 

人が作った料理の写真をツイッターで見るのは好きで、それぞれに工夫を凝らしているのが楽しい。献立の参考にすることは少なくないし、献立を考えあぐねているときに、それを見て献立が決まることもある。

料理写真は料理はさることながら「写真である」ことも大きいわけで、撮り方によって印象が大きく変わる。おなじ人でも、配置やアングルがあるとき進化することがあり、そういうところを見るのもまた微笑ましい。

 

料理写真には主婦などが人のために作った料理と、ひとり暮らしの人が自分のために作った料理とがあるわけだが、いろいろと眺めているうちに、ぼくはひとり暮らしのものが好きなのに気が付いた。

これはもちろん、「自分がひとり暮らしだから」に決まっていて、主婦の人がおいしそうな料理を作っていると、「ご主人がうらやましい・・・」と嫉妬にも似た気持ちが湧く。

愛する人に料理を作り、それをいっしょに食べることが「いかに幸せであるか」については、ぼくもよくわかっている。

 

しかしそれを承知の上で、「ひとり暮らしの料理写真には独自の広い世界がある」とあえて言いたいのである。

「芸術」とすら言えるところがあるのではないか。

なぜならば、ひとり暮らしが自分だけのために作る料理は、他人にとっては、「写真」としてしか存在し得ないからなのだ。

 

他人のために作る料理は、その料理が作る相手にたいする、ある「表現」になっている。食べてもらうことにより、相手に自分の気持ちなり、相手への思いなりを感じてもらいたいわけだ。

「表現としての料理」は、だから食べてもらうことで目的を達するのであり、それを写真に撮って人に見せるということは、あくまでも「二次的」だ。

「こんなものを家族に作りましたよ」などという、「報告」に近いものなのではないか。

 

ところがひとり暮らしの料理はちがう。食べるのは自分だけなのだから、料理は「食べる」という次元では、表現としては機能しない。

それが料理を写真に撮り、他人に公開することで、初めて「表現」となるのである。だからひとり暮らしの料理写真は、表現という土俵では、まさに「主戦場」だと言えるだろう。

そうであるとするならば、料理を作り、写真を撮って公開することを続けるうちに、そこにおのずと強い想いがこもるようにはならないか。

 

実際のところ、ひとり暮らしの料理は「純粋」である。自分だけのために作るのだから、「打算」が入り込む余地がない。

以前パーティーに持参する料理を作ったとき、それを実感したのだが、鯛めしの「みりん」の量を、自分ひとりが食べるときよりちょっとだけ多めにした。「甘め」のほうが、「おいしい」と感じてもらいやすいだろうと思ったからだ。

人に作る料理の場合も、そのような打算を乗り越えていく道があるのかもしれないけれど、ひとり暮らしの料理には、打算はハナから存在しない。

 

ひとり暮らしの料理写真が、そのように強い想いを、純粋に表現するものであるとすると、それは「芸術」とも言えるのではないかと思うのだが、どうだろうか。

もちろんこれは言うまでもなく、自分がやっていることを正当化し、自画自賛するために言っていることなのだが、あながち全く外れているとも思われないのである。

 

まあ、芸術であってもなくても、どちらでもいいのだが、少なくとも料理写真をツイッターなどに公開するのは、ひとり暮らしが自炊を続けるための大きなモチベーションになるのはたしかだ。

自炊家諸氏は、ぜひやってもらったらいいと思う。

 

「また大きく出たね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

先のことはわからないからこそ生きる価値があるのである。

自分が作った食事にさえ幸せを感じられれば、とりあえず前を向いて生きていくのに十分だろうと思えるのである。

名人のラーメンは欠点を直すと意味がなくなるのである。

京都の人の「他人の自由」を尊重する態度は、人見知りで偏屈なぼくにはじつに居心地いいのである。

「おおきに」と言いまくっているのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-08 もろもろ