イカワタ甘辛みそ炒めは「圧倒的」とまではいかないがうまいのである。

 
イカワタ甘辛みそ炒めで酒を飲んだ。

イカワタ甘辛みそ炒め

これは「圧倒的」とまではいかないが、うまいのである。

 

◎スポンサーリンク


 

スルメイカはほんとに「お助け食材」で、まず値段が一パイ200円ほどなのがいい。

スルメイカ

量もかなりで、ひとりで食べるなら十分お腹が一杯になり、ありがたいことこの上ない。

季節にあまり関係なくいつでも食べられ、このお助け感に匹敵するのは、ほかにはイワシくらいだろう。

 

しかもこれが、「酒に合う」のである。

どういう訳だかわからないが、イカはどんな風に料理しても最高の肴になる。

酒の肴の代表が「スルメイカの干物」であるのも肯けるところだろう。

 

イカを食べるにあたって考える必要があるのは、「ワタをどうするか」ということだ。新鮮なスルメイカならワタも食べられるから、これを捨ててしまうのはもったいない。

このワタが、淡白で控えめなイカの身からは想像できない、強烈な個性を持っているわけで、この「ジギルとハイド」のような二面性がイカの魅力となるだろう。

身とワタをいっしょに使うか、別に使うかで、イカの料理はまったく違ったものになる。

 

イカワタ料理の代表といえば「塩辛」となるわけで、これは本式に作ると数日かかるが、3時間ほどの浅漬でもそれなりにうまい。一匹分のワタではイカの身すべてを漬けるには足りないから、塩辛にするのはゲソだけにして、胴は別に料理するというしつらえにするのがオススメだ。

あとはワタだけを甘辛いみそで炒めるのもいい。

これだけで、ご飯でも酒でも何杯でも進むものになる。

 

しかしイカワタ料理で最強と思えるものは、檀一雄レシピの「イカのスペイン風」なのである。ワタもろともぶつ切りにしたイカをオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子で炒めるもので、非常に簡単にできながら、圧倒的にうまい。

前にこれを人に食べさせたら、彼は「自分がこれまでに食べたものの中で一番うまいかも」と言っていた。

もしイカ料理に入門してみたいなら、ぜひこれをやってみたらいい。

 

ただし大変残念なことに、この料理にはニンニクを使うから、和食の献立には合わない。とろろ昆布の吸物やら酢の物やらは、まったく味がしなくなる。

それで普段は、これを和風に変換することとしている。

イカワタ甘辛みそ炒め

甘辛いみそ味にするわけで、これはこれで、「圧倒的」とまではいかないが、「大変うまい」ものになる。

 

イカはさばかずぶつ切りにするのだが、胴の内側にタテに入っている軟骨は引き抜いておく必要がある。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

軟骨は折れてしまいやすいから、まっすぐ横に引っ張りだすのがコツとなる。

それから足の根元にあるクチバシもむしり取る。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

これは二つある。

 

その上で、ハシからぶつぶつと切っていく。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

ゲソは3センチ長さくらい、胴は5ミリ幅くらいに切ると食べやすい。

 

ぶつ切りにしたイカを器に入れ、みそと酒、みりん、砂糖それぞれ大さじ1ずつ、おろしショウガ小さじ1、塩小さじ4分の1を加えてよく揉み込む。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

30分くらい置いておくと、さらに味がしみていい。

 

フライパンに多めのゴマ油をひき、強火にかける。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

十分熱くなったら、漬け込んだイカと、ざく切りにしたたっぷりのネギを入れる。

炒め時間は1分ほど。

イカワタ甘辛みそ炒め 作り方

イカが赤く色付いてきたら火を止める。

 

たっぷりの一味をふって食べる。

イカワタ甘辛みそ炒め

酒もご飯も、いくらでも進むのはまちがいない。

 

食べ終われば皿には汁がたっぷりと残ると思う。

イカワタ甘辛みそ炒め

ご飯ならかけてしまえばいいし、ぼくは取っておき、今日うどんにかけるつもりにしている。

 

あとは酢の物。

酢の物

キュウリとレタス、ゆでワカメとミョウガ、ちりめんじゃこ。

レタスとキュウリは塩で揉み、水で洗ってよく絞る。

砂糖小さじ3、酢大さじ3、塩少々で和え、ひねり潰したゴマをふる。

 

それからとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

冷やしトマト。

冷やしトマト

 
 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

きのうもこれを2杯飲んだ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

魚屋のお兄ちゃんに学ぶ、本格塩辛の作り方

スルメイカ(イカワタ浅漬の作り方

簡単で、死ぬほどうまい。檀流クッキング「イカのスペイン風」

豚ネギ炒めは疲労回復にいいのである。

マーボー万願寺を作ってみて、食べてビックリ、黄金の味だったのである。

豚肉とレタスのみそ炒めがうま過ぎて、またつい家で飲み過ぎ過ぎたのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ