魚介には甘辛酸っぱい味付が合うのである。(豚とネギのしょうゆ焼きそば、イカのオイスターソース炒め)

2014/05/18

 
昼は豚とネギのしょうゆ焼きそば、夜はイカのオイスターソース炒めを作った。

イカのオイスターソース炒め

魚介には甘辛酸っぱい味付が合うのである。

 

◎スポンサーリンク


 

昼飯は、前日のメニューを考える段階で考えてしまうこともあるし、その日になって簡単な麺類を作ることもある。

何も思い浮かばない場合は、いつもお世話になっている喫茶店「PiPi」でランチを食べる。

昨日は「何を食べようか」と考えたところ、一択でこれが思い浮かんだ。

豚とネギのしょうゆ焼きそば

豚とネギのしょうゆ焼きそば。

これは史上最強に「ビールに合う」食べ物なのだ。

 

「ビールに合う」料理といえば、ギョウザやカツ類、ソーセージなどなど、色々とあるわけだが、これには敵わない。

「豚肉とネギ」という組み合わせにしても、「焼きそば」であるところも、さらに「しょうゆ味」であることも、まさに「ビールのためにある」としか考えられない。

元々はウー・ウェン女史のレシピを参考に作り始めたものなのだが、手軽にできることもあり、これまで100回以上は作っていると思う。

そのたびに一緒にビールを飲み、「これは合う」と思い続けているのだから、まちがいない。

 

作るには、豚コマ肉を100グラム、斜め切りにしたたっぷりのネギ、それに焼きそば麺。

合わせ調味料は、酒としょうゆを大さじ1ずつ、おろしショウガとオイスターソースを小さじ2分の1ずつ。

 

サラダ油少々を引いたフライパンを強火にかけ、豚コマ肉を炒める。

豚とネギのしょうゆ焼きそば 作り方

豚肉に火が通ったら、合わせ調味料をいれる。

 

ひと混ぜし、ネギと焼きそば麺を入れる。

豚とネギのしょうゆ焼きそば 作り方

麺に汁を吸わせながら、しっかり炒める。

 

簡単にできながら、王道の味。

定期的に食べたくなるのである。

 

夜はスルメイカを買い、これをやはりネギと炒めることにした。

イカのオイスターソース炒め

これも元々はウー・ウェン女子のレシピを参考にしたものなのだが、魚介には、「甘辛酸っぱい」味付が合うのである。

 

◎スポンサーリンク

 

日本の料理でイカや貝類など魚介を食べるのに、「王道」と言えるやり方は、「ぬた」だろう。

青ねぎと合わせ、からし酢みそで和える。

魚介のクセを抜き、うまみを引き立てるこの天才的なやり方は、「誰が考えたのだろう」と思ったことがあったのだが、たぶん中国が発祥なのだろう。

ウー・ウェン女史がアサリを炒めるのに、やはり青ねぎと合わせ、「甘辛酸っぱい」味付をしていたからだ。

 

このネギやニラなどと合わせ、甘辛酸っぱい味付をして炒めるのは、魚介全般に非常に合う。

さらにコク出しにオイスターソースを使うと、「抜群」である。

 

イカは胴と中身を分け、胴は軟骨を抜いて5ミリ幅程度の輪切りにする。

イカのオイスターソース炒め 作り方

ゲソはくちばしを外してぶつ切りにし、ワタ袋も別に使うから取っておく。

昨日は青ねぎを使い、これはぶつ切り。

合わせ調味料は、酒とオイスターソース大さじ1ずつ、砂糖としょうゆ、おろしショウガと酢、片栗粉を小さじ1ずつ。

 

フライパンにゴマ油と輪切り唐辛子少々を入れて強火にかけ、十分に熱した後、イカとネギを入れる。

イカのオイスターソース炒め 作り方

 

1分ほど炒め、イカがピンク色になってきたら、合わせ調味料を入れ、サッと混ぜて火を止める。

イカのオイスターソース炒め 作り方

イカは火を通しすぎると硬くなるので、くれぐれも炒め過ぎないのが大事である。

 

これがまた、最高に酒に合う。

イカのオイスターソース炒め

イカはどう料理しても、いい肴になるからいい奴だ。

 

あとは、イカワタみそ炒め。

イカワタみそ炒め

これがまた、いい肴になる。

 

ワタ袋に包丁を入れ、イカワタを絞りだす。

イカワタみそ炒め 作り方

ここにみそと砂糖、酒とみりんそれぞれ大さじ1ずつ、おろしショウガ小さじ1を入れてよく混ぜる。

フライパンを弱火で熱し、じっくり炒める。

イカワタみそ炒め 作り方

途中で小口切りにした青ねぎを加え、「モチモチ」としてきたあたりで火を止める。

一味をふって食べる。

 

もやしのおひたし。

もやしのおひたし

サッと塩ゆでし、水に取ってよく絞ったもやしに、削りぶしと味ぽん酢、一味をかける。

もやしはゆでて絞ったものをペーパータオルで包み、さらにジップロップで密封して冷蔵庫に入れておくと、4~5日は保存できる。

 

一昨日の酢の物と・・・、

一昨日の酢の物

 

とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 
 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

昨日もすっかり酔っぱらった。

 

「毎日家でもよく飲むね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎ウー・ウェン


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

マーボー茄子も和風で作るのである。

レシピに収まりきらないところに面白さがあるのである。(イワシ山椒煮)

作り方を考えるのはつくづく癒されるのである。(豚肉とレタスのオイスターソース炒め)

カレーを作ろうと思ったらチキントマト煮になったのである。

ニンニクを使わないからこそ見える世界があるのである。(豚ネギ塩炒め)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉, 024 スルメイカ