レシピに収まりきらないところに面白さがあるのである。(イワシ山椒煮)

2014/05/16

 
イワシ山椒煮を一時間半かけて煮た。

イワシ山椒煮

料理は、レシピに収まりきらないところに面白さがあるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

レシピはたしかに便利なもので、多くの場合、その通りにやればおいしく出来る。

ぼくなどのように料理ブログをやっている者にとっても、料理の味を伝えられるものはレシピしかないから、それをどのように書くかはそれなりに考える。

ただし料理の「面白さ」については、レシピでは伝えることができない。

レシピはその性質上、「全てをその通りにきちんとやる」ことが前提とされている。

他人の言うことにただ従って料理して、仮にそれがどんなにおいしく出来たとしても、面白いわけがないだろう。

 

料理の一番の面白さとは、「イメージする」ことにあるとぼくは思う。

完成形を強くイメージし、その手前の味付やら、調理の段取りやらを自分で考え出すところに、料理の醍醐味がある。

自分で考えて料理すると、失敗して不味くなることもあるわけだが、「おいしさ」と「面白さ」とは、また別の話なのである。

 

しばしば重要性が強調される「味見」についても、ぼくは懐疑的である。

炊込みご飯や焼き物など味見が不可能なものも多いし、下手に部分を味見してしまうことで全体を見失い、味をまちがうこともある。

それよりも、調理途中の料理の状態を直感的にイメージし、それに従って作業を進めていく方がよっぽど面白く、またうまくいくのではないかと思う。

 

きのうは魚屋へ行ってイワシを買い、これを煮付けることにした。

イワシ山椒煮

この魚の煮付けがまた「面白い」わけだが、それは魚の煮付けが、レシピ的な考えに収まらないことが多いからである。

 

レシピは「分量」「時間」と「火加減」により、料理法をすべて指定できることを前提としている。

その通りにやれば、極端にいえばロボットでも、同じようにおいしく出来るというわけである。

ところが魚の煮付けは、それだけではうまくいかない。

それは「煮詰める」からで、煮詰めるに当たっては「煮時間」と「煮詰めたあとの煮汁の量」の両方を同時に管理する必要がある。

「2カップの煮汁が10分で、3分の1に煮詰まるよう、火加減を調整する」とレシピに書いても、何も指定したことにはならないだろう。

 

だから魚の煮付けは、レシピはもちろん参考にするにしても、調理しながら自分で判断する余地が大きい。

「判断」が味を決定的に決めるからこそ、「面白い」のである。

 

◎スポンサーリンク

 

といっても魚の煮付けは、べつに難しいわけではない。

話としては単純だ。

 

平たい鍋、またはフライパンにだし昆布を敷き、頭を落としてワタを抜き、よく洗ったイワシを並べる。

イワシ山椒煮 作り方

ここに水を2カップくらい、イワシが完全にひたるまで入れる。

水の量は、どちみち煮詰めるのだから「正確に2カップかどうか」はどうでもよく、「イワシが完全にひたる」ことが大事である。

昨日はここに冷凍してあった実山椒を入れたが、これはべつに、穴をあけた梅干しを2~3個入れるのでもいいし、ショウガを細く刻んでもいい。

 

ここに調味料を入れていくのだが、その量は、初めの水の量ではなく、「煮汁をどの程度残すか」によって決まることになる。

残った煮汁が、一定の濃さである必要があるからだ。

昨日は煮汁をほとんど残さないことにしたから、その煮汁があまり濃くなり過ぎないよう、調味料は少なめにする。

酒とみりん、砂糖と醤油をそれぞれ大さじ2ずつ。

さらに梅干しを入れない場合は、イワシの骨をやわらかくするため、酢大さじ1を加えておく。

 

強火にかけ、出てきたアクをサッと取る。

イワシ山椒煮 作り方

そのあと落としブタをし、弱火で1~2時間、コトコト煮る。

イワシは1時間以上煮ることで、骨がそのまま食べられるくらいやわらかくなる。

 

2カップくらいの水なら、1~2時間でいい具合に煮詰まると思う。

イワシ山椒煮 作り方

最後は煮汁をスプーンですくって上からかけ、味をしみさせる。

煮汁が大さじ2見当くらいまで煮詰まったら、火を止める。

 

イワシはこれだけ煮ても脂が抜けず、プリプリなのである。

イワシ山椒煮

ただしそれは、弱火で時間をかけて煮るからだ。

これが圧力鍋など使ってしまうと、とんでもないことになる。

脂が抜けてモソモソになるのは請け合いである。

 

あとはセロリの葉の卵炒め。

セロリの葉と卵の炒め

セロリの葉とツナ2分の1缶をオリーブオイルでさっと炒め、砂糖とうすくち醤油それぞれ小さじ1で味付けし、溶き卵2個分をくわえてさらに炒める。

 

厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

中火にかけたフライパンでこんがり焼き、おろしショウガと青ねぎ、味ぽん酢をかける。

 

とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

すぐき。

すぐき

 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

イワシを煮ているあいだも酒を飲んでいたから、昨日もよく酔っ払い、終盤は記憶があまりない。

 

「おっさんもレシピは見るよね。」

チェブ夫

参考になるからな。

 

ちなみに昨日の昼は、前日残してあった豚肉とレタスのオイスターソース炒めを使ってチャーハン。

豚肉とレタスのオイスターソース炒めを使ってチャーハン

卵と青ねぎでご飯を炒め、炒め物を入れて醤油とオイスターソースを少し足し、さらに炒める。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

炊き込みご飯は和食の入門としていいのである。(スズキの炊き込みご飯)

にしんとナスは別々に煮るのである。(にしんとナスの炊合せ)

肉じゃがにはオイスターソースをいれるのである。

炊飯器を使わないことで世界が広がるのである。(スズキとたけのこの炊き込みご飯)

自炊はいいストレス解消になるのである。(鯛の煮付)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-027 イワシ