サウナのあとはラーメンを食べ、夜は軽い肴で晩酌したのである。

2013/10/22

サウナのあとは、一昨日キムチ鍋を食べたのにも関わらず、結局いつもの新福菜館三条店で、昼ビールをした。

新福菜館三条店 大盛ラーメン

そして夜は、やはりいつもの通り、軽い肴で晩酌したのである。


 
サウナに入る前までは、午前中でまだそれほど腹も減っていなかったし、だいいち一昨日、キムチ鍋を腹がはち切れんばかりに食べたのだから、もう昨日は、土曜日とはいえ、いつもの新福菜館三条店のラーメンは、食べたくならないのではないかと思っていた。

栄養的には、豚肉にニラとキムチをたらふく摂取し、餃子にラーメンを食べるのと同じようなものだったからである。

しかしそれは、全くの考え違いだったことが分かった。

サウナから上がり、ビールを飲んでいるうちに、何だか腹が減ってきて、新福三条の餃子とラーメンを食べたいような気になってきたのだ。

 

結局のところ新福三条に毎週ぼくが通うのは、栄養補給のためではなかったということだ。

そうではなく、あのラーメンが食べたいのだ。

「死ぬほどうまい」と思えるものを、腹いっぱい食べられる幸せ・・・。

ぼくが新福三条へ通うのは、それを味わいたいがためだったのである。

 

ということで、サウナを出て、いつもの通り新福三条へ向かった。

新福菜館三条店 ビール キムチ

そしていつもの通り、ビールとキムチ、餃子を頼んだ。

ニラも豚肉も、一昨日あれほど食べたのに、やはり餃子はいつも通りうまい。

新福菜館三条店 餃子

ここの餃子は、ニンニクが少なめなのが、いいところだ。

そしていつも通りの大盛ラーメン麺かため。

新福菜館三条店 大盛ラーメン

食べ終わったら、いつも通り、あまりのうまさに死亡して、サウナの勢いも手伝って、家に帰っていつもより長い2時間、昼寝をした。

 

◎スポンサーリンク

 

夜になっても腹は減っていなかったが、酒は飲む。

軽い肴で晩酌

軽い肴を作ることにした。

 

まずはオクラおろし。

オクラおろし

1~2分塩ゆでし、小口に切ったオクラと、軽く水気を絞った大根おろしをよく混ぜて、オクラの粘り気を大根おろしに移すようにする。

オクラおろしの作り方

その後30分ほど冷蔵庫に入れて冷やし、昨日は薄く切ったチクワを混ぜて、ポン酢醤油をかける。

オクラおろし

これは、檀一雄のレシピである。

チクワを混ぜ込むのはぼくのアレンジで、檀一雄はしらすぼしとかエビの茹でむきがうまいと書いている。

 

厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

京都に来るまで食べたことがなかったけれど、これは毎日食べても飽きないくらいうまい。

 

十六ささげとウインナーの玉子焼き

十六ささげとウインナーの玉子焼き

フライパンにオリーブオイル少々を引き、まず薄く切ったウインナー、つづいてサッと下ゆでした十六ささげを炒め、溶き卵を流し入れ、大きめにまとめたら、うすくち醤油少々をまわし入れる。

十六ささげとウインナーの玉子焼きの作り方

十六ささげは、インゲンのようなものである。

十六ささげとウインナーの玉子焼き

黒コショウをかけて食べる。

 

自家製の梅干しとらっきょう。

自家製梅干しとらっきょう

梅干しは、塩がジャリッというくらい塩っぱいが、味はいい。

 

酒は、支度をしながら焼酎を1杯飲み、食べながら日本酒を3杯。

日本酒

飲み過ぎなのは間違いないが、外で飲むより全然少ない。

 

「サウナから、ラーメンに晩酌で満喫したね。」

チェブラーシカのチェブ夫

ちょっと満喫し過ぎだよな。

 

◎スポンサーリンク

 

◎関連書籍

檀一雄『檀流クッキング』
檀流クッキング
700円(アマゾン)

 

◎関連記事

取れない疲れはサウナで取れ

-05 軽い肴, 07 外飲み