自分を信じる人を応援したいのである。(酒房京子、スピナーズ)

2014/04/06

 
昨日は「酒房京子」で飲んでいたら止まらなくなり、「スピナーズ」へ流れた。

酒房京子

自分を信じる人を応援したいのである。

 

◎スポンサーリンク



 

荷物の移動は午前中に無事おわり、ダンボールの壁が立ちはだかる中、まずは昼寝のスペースだけ確保して家を出た。

喫茶店PiPi

昼酒をするためである。

引っ越しは、まだまだやらないといけないことがたくさんあるが、だからといって昼酒をしなくていいとはならないだろう。

優先順位をつけまちがうと、人生を迷うことになる。

 

家で食事を作れるにはまだまだほど遠い有様だが、だったら外で飲むまでだ。

最近いつもブログ更新をする喫茶店「PiPi」で、更新を終えてそのままビールを注文した。

アテは特製コールスロー。

喫茶店PiPi

 

それにレンコンと大豆のペペロンチーノ。

喫茶店PiPi

和風食材のイメージがあるレンコンと大豆だが、イタリア風の味つけにも見事に合う。

 

飲み終わって家で昼寝したら、もう夕方だった。

引っ越しの片づけを少ししたら、あっという間に夜になった。

 

家で食事がつくれないから、外で飲まないといけなかったわけだが、昨日は渡りに舟、名古屋の友達から電話があった。

学会で京都へ来るのだそうだ。

「どこかいいところがないか」と言うから「酒房京子」を勧め、ぼくも同伴することにした。

酒房京子

府外の人が京都に来るなら、酒房京子がまちがいない。

 

「京子」の何がいいかと言えば、やはりいかにも「京都らしい」と思える心のこもった品々が、居酒屋級の価格で出てくることだ。

単に家庭料理でなく、かといって気取らない、女将によれば「京子流」なのだそうだが、それを女将がその日の気分で、相手を見ながらメニューを選ぶ。

うまいのはもちろんだし、女将の想いが込められているから食べて楽しい。

「今日は何が出てくるのだろう」と思いながら料理を待ち、出てくるものはいつもかならず、新鮮な驚きがある。

 

昨日はまずは、サザエつぼ焼き。

酒房京子

 

それからにしん入りの茶そば。

酒房京子

 

カレイの煮付け。

酒房京子

 

真鱈の子とわかめの煮物。

酒房京子

 

なまこと青のりの酢の物。

酒房京子

春をしみじみ味わえて、友達も大いに喜んでくれた。

 

さらに酒房京子は、女将の心遣いが細やかで、初めて来たお客さんでも心おきない時間を過ごせる。

友達も、女将やお客さんと楽しそうに話をしていた。

 

さてひと通りを食べ終わり、友達は「翌朝が早いから」と早めの時間に帰っていった。

酒房京子

そのあとはカラオケタイムになったからぼくも2~3曲を歌ったのだが、ひと頻り歌ったら家に帰って、明日は引っ越しの片付けに勤しむつもりでいたのである。

しかし人生は、都合よくは行かないものだ。

酒房京子

「さてそろそろ」と思ったころに、「池井君」が入ってきた。

 

豪快に、毎度記憶をなくすまで飲む池井君に会ってしまうと、ぼくは早く帰ることはあきらめ、「今日は行くところまで行くしかない」と観念することにしている。

池井君の飲みっぷりに煽られて、どうしても盛り上がってしまうからだ。

昨日も例に漏れず、京子に1時までいてさらにそのあと「スピナーズ」へ流れ、明け方近くまで飲みつづけた。

そして「自分を信じる人を応援したい」と心の底から思ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

池井健くんは35歳の建築家で、京都大学の大学院を卒業し、設計事務所を経て、今は自分で設計事務所をやっている。

スピナーズ

賞も多数受賞し、大学でも教鞭をとり、テレビにも何度も出たことがある、若手建築家としては注目株の一人のようだ。

名古屋の生まれだが、大学で京都へきて四条大宮の虜になり、「四条大宮は世界で一番素晴らしい交差点」とは池井君の名言だ。

事務所も大宮のすぐ近くにかまえ、昼に夜に、大宮の街に出没している。

 

この池井君、1月に会ったときには「仕事がなかなか来ない」と悩んでいた。

もう1年ほど、それが続いていたそうで、自分なりの営業活動はしてきたが、「結果がでてこない」とのことだった。

しかし、腹が座っているのである。

「したくない仕事はいない」「飲むペースは変えない」と決め、貯金を切りくずしながら飲みつづけていた。

 

ぼくは仕事がないのに貯金だけが減っていくのは、心中穏やかではないだろうと思いながら、「できると思うことは全てやっているのか」と尋ねると「そうだ」という答えを聞いて、

「そのトンネルを近い将来抜けだすのをぼくは責任をもって太鼓判を押すから、そのまま頑張れ」

と背中を押したのである。

先の見えないまっ暗闇のトンネルを先に進まないといけない苦境は、人生には度々おとずれる。

1ヶ月くらい続くのは、年に1度くらいはあると思うし、1年くらい続くやつも、10年に1度くらいはくると思う。

トンネルは、前に進みさえすればかならず抜ける。

自分を信じることだけが大事なのだが、それができずに志をあきらめてしまった人を、ぼくはこれまで何人も見ているから、池井くんをぜひとも応援したかったのだ。

 

それで昨日、「仕事はどうなったのか」と池井君に聞いたら、

「あれから立てつづけに仕事が入って、これから1年は、自分一人ではこなしきれないほどの量になった」

とのことなのだ。

池井君は、見事にトンネルを抜けたのである。

教職のコマ数も増え、人を雇うことも検討しているという。

それまで不安に思いながらも、自分も仕事をし、池井君を支えてきた奥さんが、誰より喜んでいるそうだ。

 

ぼくはその話を聞いて、自分のことのように嬉しかった。

また一人、若者が自分の足で大地に立ったと思った。

 

スピナーズでそんな話をしていたら、そこへ「吐夢君」が入ってきた。

スピナーズ

大橋吐夢君も35歳、京都の人気ロックバンド片山ブレーカーズのベーシストだが、やはり池井くんとおなじようなことを、まさに今経験している。

バンドを10年ほど続けてきて、なかなかあと一歩のブレークができず、メンバーの何人かはバンドをあきらめ、会社に就職したそうだ。

しかし吐夢君は、「自分はあくまで志を貫きたい」と思い定め、バンドを続けることに決めたところ、その後バンドは新メンバーの加入があり、全国ライブも決定し、今は忙しい日々を送っている。

 

さらに昨日は、池井君とぼくと一緒に、オダギリジョー似の男性も、スピナーズへ流れてきていた。

スピナーズ

30歳のオダギリジョー似の男性も、3月いっぱいで会社を辞め、自分の志を目指す生活に入るそうだ。

 

スピナーズはマスターも、やはり勤めていた会社を辞めて自分で店をはじめたわけで、昨日深夜のスピナーズには、そんな気骨のある若い男性ばかりが勢揃いしていたのである。

これほど愉快なことがそうそうあることでないのは言うまでもないことで、ぼくは「ガンバレ、ガンバレ」とろれつの回らない声でわめきながら、明け方近くまで杯を重ねた。

 

ぼくも今日は、前に住んでいた家を掃除して引き渡しをしないといけない。

でもそれが、多少二日酔いでつらいことなど、何の苦でもないのである。

 

「やることはきちんとやらないとね。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎一冊どうですか

 

◎関連リンク

池井健建築設計事務所

大橋吐夢ツイッター
 

◎関連記事

引っ越しは面倒なのである。(ピッコロジャルディーノ)

会社など辞めても生きていけるのである。

芽は「出そう」と思わなくなったころに出るのである。

自分の「本能」を信じることが大事なのである。

「やりたいこと」の方向だけ見ていればあとは何とかなるのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み