菜の花はイカと合わせるのもいいのである。

2014/04/25

 
魚屋へ行ったら活きのいいスルメイカがあったから、菜の花と合わせてオイスターソースで炒めた。

イカと菜の花のオイスターソース炒め

菜の花は、イカと合わせるのもいいのである。

 

◎スポンサーリンク



 

昼酒は、相変わらずつづいている。

豚肉の焼きそば

しかし三日坊主にならないよう、心しないといけないところだ。

 

昼に酒を飲むならビールが王道だが、ビールには「焼きそば」だ。

ビールはもちろん、お好み焼きやら餃子やら、串カツやら、合うものは山ほどあるが、中でも焼きそばは格別なのだ。

まずビールは麦が原料だから、料理も小麦粉を使ったものがいい。

さらにそれを、酒を飲むなら、「ツルツル」と食べたいわけで、「ならば焼きそば」ということだ。

 

特に昨日の、「豚肉の焼きそば」は、ビールへの合い方は尋常でない。

豚肉とネギを使ったところといい、しょうゆにショウガで味付けをするところといい、「ビールを飲むためにある」と言ってもいいほどである。

元はウー・ウェン氏のレシピだが、簡単にできるから、ぼくはこれまで100回は作っている。

ビールのアテにしてほしいところだが、飲まない人は、酢を少したらして食べるのもいいと思う。

 

サラダ油を引いたフライパンを強火にかけ、豚コマ肉100グラム程度を炒める。

豚肉の焼きそば 作り方

色が変わったら、しょうゆと酒大さじ1ずつ、おろしショウガ小さじ1の合わせ調味料をいれ、ひと混ぜする。

斜め切りにした白ねぎ2分の1本くらいをいれてさらにひと混ぜし、焼きそば麺をいれる。

あとは麺を、汁を吸わせながらよく炒める。

 

食べ終わったら昼寝をするのはいつもの通り。

豚肉とネギで体があたたまるから、よく寝られるのである。

 

昨日は引っ越しの支度を少ししたから、その分時間が押し、仕事があまりできなかった。

ぼくは生活の優先順位が、飲み食いが一番、ブログが二番、仕事はあまった時間でやるようにしているから仕方ない。

一日3時間、月に20日仕事をすれば、生活は成り立つようになっているのだが、その3時間の仕事ができない日も多い。

でも今までのところ、なんとか帳尻は合っている。

 

仕事の合間に買い物へも行く。

魚屋は営業していた。

活きのいいスルメイカがあったから、それを買うことにした。

スルメイカ

スルメイカも、「酒のためにある」と言ってもいいほど、よく酒に合う。

 

スルメイカは、オイスターソースで炒めるのが定番料理の一つとなる。

イカと菜の花のオイスターソース炒め

ブロッコリーと合わせるのが定番だが、昨日は菜の花を合わせることにした。

 

菜の花はあっという間に火が通るから、下ゆでせずに使う。

イカも火の通りは早いから、手早くやるのがコツである。

 

◎スポンサーリンク

 

イカは胴から中身をはずし、胴の軟骨をぬき取って5ミリ幅くらいの輪切りにする。

ゲソは今日、ワタと一緒にみそ炒めにし、うどんに乗せるつもりである。

イカと菜の花のオイスターソース炒め 作り方

菜の花は洗って、水気をよくふき取る。

酒とオイスターソース大さじ1、砂糖としょうゆ、おろしショウガ、酢、片栗粉小さじ1をまぜ合わせておく。

 

フライパンにゴマ油を多めに引き、輪切り唐辛子少々をいれて強火にかける。

イカと菜の花のオイスターソース炒め 作り方

 

フライパンがよく温まったらイカと菜の花をいれる。

イカと菜の花のオイスターソース炒め 作り方

1分ほど炒め、菜の花がしんなりしたら、合わせ調味料をいれてまぜ合わせ、火を止める。

 

ほろ苦い菜の花は、イカとは「黄金」ともいえるとり合わせである。

イカと菜の花のオイスターソース炒め

下ゆでしないから味が濃く、歯ごたえが残るのもいい。

 

あとは昨日はカブの吸物。

カブの吸物

カブにもそろそろ別れを告げなくてはいけない。

昆布と削りぶしのだし2カップに、うすくち醤油大さじ2、みりん小さじ1で味をつけ、厚く皮をむき、タテ6等分にしたカブと油あげ、それにしめじを3~4分、カブがやわらかくなるまで煮る。

塩一つまみをふった水でサッとゆで、水で冷やしてよく絞ったカブの茎と葉を、最後に煮汁であたためて、椀に盛る。

 

一昨日の手羽元大根。

一昨日の手羽元大根

味がしみている。

 

ゆず胡椒としょうゆの冷奴。

ゆず胡椒としょうゆの冷奴

 
 

すぐき。

すぐき

 
 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

これを2合飲み、12時に布団に入った。

 

「仕事も頑張らないとダメだからね。」

チェブラーシカのチェブ夫

わかってる。

 

◎スポンサーリンク


 

◎一冊どうですか

 

◎関連書籍

 

◎関連記事

うまいものを食うのに金はかからないのである。

鶏は塩焼きがうまいのである。

和食は自分で作れば安いのである。

イカは酒によく合うのである。

カキの疲労回復効果もハンパないのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ, 03 野菜料理