うまいものを食うのに金はかからないのである。(手羽元大根)

2014/04/25

 
魚が食べたい気がしたが、魚屋が臨時休業していたためスーパーで手羽元を買い、大根と煮た。

手羽元と大根煮

うまいものを食うのに金はかからないのである。

 

◎スポンサーリンク



 

昨日も昼に酒を飲んだ。

とろろ昆布のうどん

明るいときに飲む酒が、またうまい。

肴は前日の白菜と、とろろ昆布のうどん。

とろろ昆布のうどんは手軽な昼めしとして最適で、このところ何度も食べている。

 

どんぶりにとろろ昆布、みりんとうすくち醤油をいれておく。

水が1カップ半ならば、みりん小さじ1.5、うすくち醤油大さじ1.5が目安である。

冷凍うどんを水でゆで、ほぐれたらゆで汁ごとどんぶりにいれてよく混ぜる。

ここでよく混ぜて、とろろ昆布とうどんを絡めておくのがおいしく作るコツとなる。

 

卵を割り落とし、かつお節と青ねぎ、七味をふる。

卵をどこで崩すかは、好み次第である。

 

昼寝をし、仕事をする。

そろそろ引っ越しの支度をしないといけないのだが、まだ何もしていない。

 

晩めしの買い出しをしに商店街へ行く。

魚が食べたかったのだが、いつも行く魚屋はシャッターが降り、「臨時休業」となっている。

隣の豆腐屋で話を聞いた。

家族全員インフルエンザになったのだそうだ。

 

仕方がないからスーパーへ行くが、棚にならんだ魚を見ても、どうも買う気がしない。

「想い」が伝わってこないから、いいものなのかどうなのか、判断がつかないのである。

それで魚はあきらめ、手羽元を買った。

これをブリ大根よろしく、大根と煮ることに決めた。

 

手羽元と大根の煮物も、定番料理の一つである。

手羽元と大根煮

だしを使い、うす味で煮るとうまいが、ショウガをきかせ、濃いめの味で煮る簡略式でも十分いける。

 

鍋に10センチ長さくらいのだし昆布と、うす切りのショウガ5~6枚をいれ、皮をつけたままの大根を大きめの乱切りにしたのをならべる。

手羽元と大根煮 作り方

手羽元を上にならべたら、手羽元がひたるくらいの水をいれ、いれた水が4カップなら、砂糖と酒、みりんをそれぞれ大さじ4ずついれて、強火にかける。

 

沸騰したら中火にし、出てきたアクを取りながら10分ほど煮る。

手羽元と大根煮 作り方

10分煮たら、濃口醤油大さじ3、砂糖や酒より大さじ1少ない分だけいれる。

 

落しブタをし、火加減を調整しながら30~40分で、煮汁が3分の1くらいまで煮詰まるように煮る。

手羽元と大根煮 作り方

煮汁が常に、材料の上にかぶっている必要があるから、煮汁が少なくなるにつれ、火を強くしないといけないはずだと思う。

 

いい加減に煮詰まったところで醤油大さじ1をいれ、一煮立ちさせて火を止める。

手羽元と大根煮 作り方

フタをして、最低でも30分はひたしておき、味をしみ込ませる。

 

青ねぎと七味をふる。

手羽元と大根煮

味がしみた手羽元と大根は、「死ぬか」と思うほどうまい。

 

煮物やおでんは、2日目になると味がさらにしみる。

手羽元と大根煮

それもうまいのは間違いないが、ぼくは初日の、いかにも「煮えたぞ!」というような勢いのあるののほうが好きである。

 

ぼくは自分が、「日本で毎日うまいものを食べている上位100人」に入ってもおかしくないと思っている。

「満足度」に関しては、負けない自信があるのである。

 

でもそのために、今日の煮物でも、手羽元は100グラム69円だから今日の分なら100円ほど、大根も50円ほどだから、200円かかっていない。

うまいものを食べるのに、金はかからないのである。

 

◎スポンサーリンク

 

昨日あと食べたのは、まず一味ポン酢の冷奴。

一味ポン酢の冷奴

豆腐はいつも、三条会商店街の「山崎豆腐店」で買っている。

 

「京都の豆腐」というと、「濃い」と思う人もいるかもしれない。

たしかに京都に本社がある「男前豆腐」は、「クリーミー」といえるほど濃いのが特徴だ。

でも男前豆腐は、京都の豆腐としてはかなり異端である。

京都の豆腐は、「出過ぎたところもなければ足りないところもない」という、限りなく上品な味がする。

 

それからとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

昨日はとろろ昆布を2回食べた。

 

皮やらだし殻やらのじゃこ炒め。

皮やらだし殻やらのじゃこ炒め

 
 

梅干し。

梅干し

 
 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

これを昨日は、3合飲んだ。

 

「飲み過ぎないよう気をつけてよ。」

チェブラーシカのチェブ夫

ありがとな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎一冊どうですか

 

◎関連記事

炒め物は卵を入れるとやさしい味になるのである。

鶏は塩焼きがうまいのである。

煮魚は何もむずかしいことはないのである。

「炊き合わせ」の楽しさを知ったのである。

サバ寿司は「古来の味」なのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉