日本が壊れないとわからないのである。(ブリカマ塩焼き)

2014/04/25

 

昨日はおととい買ったブリあらに入っていた大きなカマを、塩焼きにした。

ブリかま塩焼き

これで酒を飲みながら、「日本がほんとうに壊れてみないと、ほとんどの人はわからない」と、改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク



 

三条会商店街「ダイシン食料品店」のブリあらの安さと言ったらないのであり、おとといのは頭が半身分入っていたほか、でっかいカマも入っていた。

ブリあら

これで350円というのは、このあたりで最安値といわれるスーパー「西友」より、さらに安いのである。

八百屋にしても、農家から直接仕入れる京野菜については、やはりスーパーの半値から3分の1くらいで売っている。

「個人商店よりスーパーが安い」というイメージが、何となくあると思うのだが、それは単に、「宣伝で負けている」というだけの話なのだ。

 

ブリのカマは、やはり「塩焼き」が一番うまい。

ブリかま塩焼き

ただ塩をふって、じっくり焼くだけだから、簡単だ。

たっぷりの大根おろしを添え、ポン酢しょうゆと一味をかける。

ブリかま塩焼き

「ほっくほくのトロトロ」なのである。

 

あとは豚コマ肉が少しあり、これを卵と炒めようかとも思ったのだが、それはやめ、やはり「吸物」なのである。

豚肉の吸物

肉の吸物は、関西に来て初めて食べるようになったのだが、ほんとにうまく、大好きなのだ。

 

だしはやはり、自分で取ったほうがうまい。

豚肉の吸物 作り方

吸物2杯分、2カップ半の水に、5センチ角くらいのだし昆布と、削りぶしをミニパック4袋分いれ、中火にかけ、煮立ったら弱火でアクを取りながら5分煮て、ザルで濾す。

 

出来た2カップのだしに、うすくち醤油大さじ2、みりん小さじ1くらいで味をつけ、まずは豆腐と割りおとした卵を弱い火ですこし煮る。

豚肉の吸物 作り方

最後に豚肉をいれ、豚肉の色が変わったら火をとめる。

 

器によそってたっぷりの青ねぎをかけ、好みで一味をふる。

豚肉の吸物

とろり半熟卵がまたうまいのである。

 

こないだ煮た生節の煮汁がまだ残してあったので、これでゴボウを煮た。

ゴボウを煮た

魚の煮汁は、徹底的に使いまわすのである。

 

ちなみにだし殻の昆布と削りぶしも、ポン酢と一味など好きなものをかけ、その場で食べる。

だし殻の昆布と削りぶし

料理しながら飲む酒の、格好のアテになる。

 

塩もみ白菜のじゃこポン。

塩もみ白菜のじゃこポン

白菜の、葉はざく切り、茎は1センチ幅くらいに切り、一つまみの塩でよく揉んで、5分くらいおく。

水洗いしてよく絞り、ちりめんじゃこと混ぜ合わせてポン酢しょうゆをかける。

白菜も、今は甘く、みずみずしい。

 

それにすぐき。

すぐき

毎日食べる。

 

酒は、いつもの通りぬる燗だ。

酒は、いつもの通りぬる燗だ

昨日はこれを飲みながら、

「日本がほんとうに壊れないと、ほとんどの人はわからない」

と、改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「日本」なのだが、都知事選は細川候補を応援していたのだが、3位の「惨敗」ともいえる結果となってしまった。

もし細川候補が勝ってくれれば、「今の日本の危険な流れを変えられるかもしれない」とぼくは希望を持っていたから、この結果は残念である。

敗因については、脱原発候補を一本化できなかったことや、細川候補が立候補したのが告示の直前だったため、「細川&小泉」でメディアに露出できなかったことなどが言われている。

まあそれもあると思うが、何よりも情けないのは、「過去3番めの低さ」という低投票率である。

 

東京は大雪の翌日で、条件が悪かったということはあるだろう。

それにしても、半数以上の人が選挙に行かず、さらに選挙へ行った人の半数近くが舛添候補に投票したということは、ほとんどの人は、「今の政治に危機感を感じていない」ということだ。

ぼくは今回の都知事選、これから3年、国政選挙がないことを考えると、今の流れを変えるには、「最後のチャンス」だったと思える。

それがこのような結果に終わったということは、ぼくはこれから、日本が奈落の底へころげ落ちるのは、「確実になった」と思えるのである。

 

結局のところ日本人は、日本がほんとに壊れてみないと、「わからない」ということだろう。

本当に壊れるまえに危機を察知するための、教育も、体制も、日本にはないのである。

 

前回の敗戦でも、戦争を体験した人の多くは、戦争の本当の悲惨さを語っていないのではないだろうか。

戦争の本当の悲惨さとは、単に「ひもじい思いをした」とか、「空襲や原爆で多くの人が殺された」とかいうだけのことではなく、「戦争になってしまえば、自分も人を殺さなければいけない」ことだろう。

でもその悲惨さを、日本で正面から語るのを、ぼくはこれまで見た覚えがない。

一番の悲惨さを覆い隠しておいたまま、「特攻隊」などという形で美化して語ってしまうから、いまだに「ゼロ戦バンザイ」のアホな映画が作られるのだと思う。

 

失敗の記憶が次の世代に継承されていかないから、前に失敗したとき生きていた人が全員死んでしまったら、また同じ失敗をくり返すことになる・・・。

これが、最近言われている「日本80年周期説」の意味なのだろう。

結局のところ、「それが日本だ」ということなのだとぼくには思える。

「水に流そう」の文化だから、つらい思い出を持ちつづけるなどできない相談なのである。

 

そうであったとしたならば、今できることは、「今回の失敗」がどういうことであったのかを、後世に伝える準備をすることだろう。

今度こそ、失敗をくり返さないようにするための、「知恵」が必要なのだと思う。

 

「おっさんの取り越し苦労かもしれないよ。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうかもな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎よかったら一冊どうぞ

 

◎関連記事

細川氏に当選してほしいのである。

商店街は顔が見えるから楽しいのである。

都知事選が日本が変わるきっかけになってくれたらいいと思うのである。

失敗せずに成功すると、そのあと大失敗するのである。

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-023 ブリ