会社など辞めても生きていけるのである。(ブリあらのハリハリ鍋)

2014/04/25

 
昨日はブリあらが買えたから、ハリハリ鍋にした。

ブリのハリハリ鍋

これを肴に酒を飲みながら、「会社など辞めても生きていける」と改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク



 

ブリは今、最盛期の終わりを迎えているところである。

いいとこギリギリ2月一杯までであり、それを過ぎると脂が急激にぬけてくるし、第一これから春のものが色々と出てくるから、ブリばかり食べているわけにもいかなくなる。

それで昨日は、魚屋にブリあらがあったから、すかさず手に取ったのである。

ブリあら

ブリあらは出てもすぐに売り切れるから、ある時に買わないと、もう手に入らなくなってしまうかも知れないのだ。

 

ブリあらを食べるには、「ブリ大根」が定番なことは言うまでもないのだけれど、ぼくはこの冬、ブリ大根は何度も食べ、わりと最近も作ったばかりだ。

そこで昨日は、ハリハリ鍋にすることにした。

ハリハリ鍋は、元々はクジラと水菜をあわせた鍋で、クジラが貴重品になってからは、ブリや豚肉がつかわれる。

「ハリハリ」は水菜のシャキシャキ感を表現した言葉だそうで、肉の脂っこさをシャキシャキとした水菜でやわらげる食べ方だ。

 

ブリなどの臭みの出やすい魚を鍋や汁物につかう場合、湯通しでももちろんいいが、「塩一つまみをふって焼く」のも一つの方法だ。

ブリのハリハリ鍋 作り方

べつに中まで火を通さなくてもいいのだから、焦げめが軽くつく程度、サッと焼けば十分だ。

 

入れるのは、あとはたっぷりの水菜と、油あげ。

ブリのハリハリ鍋 作り方

油あげと水菜もまた、相性は抜群だ。

 

鍋にだし昆布を敷き、酒をたっぷりいれて水を張る。

ブリのハリハリ鍋 作り方

中火にかけて煮立てたら、まずはブリあらだけ全部いれ、ていねいにアクを取りながら弱火で10分くらい煮る。

ブリあらに火が通ったら、油あげも全部いれて少し煮て、一回に食べる分の水菜をいれて、ひと煮立ちしたら火を止める。

ブリのハリハリ鍋

ハリハリ鍋は、水菜のシャキシャキ感が持ち味だから、くれぐれも煮過ぎないのが大事である。

 

器によそい、ポン酢しょうゆと一味をかける。

ブリのハリハリ鍋 作り方

とろとろとしたブリにシャキシャキの水菜、ポン酢の酸味が「死ぬか」と思うくらいうまいのである。

 

箸休めはすぐきと冷奴。

箸休め

鍋はやはり、簡単なものでいいから、箸休めがあるといい。

 

酒は昨日もぬるい燗。

酒はぬる燗

これを飲みながら、ぼくは

「会社など辞めても生きていける」

と改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「会社」なのだが、「辞めようか」と思うタイミングが誰にでもあるものではないだろうか。

ぼくの場合は「勤めていた会社ではやりたいことができない」ことがハッキリしたのが、「辞めよう」と思ったきっかけだった。

理由は人それぞれだろうけれども、「辞めようか」と思ったら、辞めたらいいと思うのだ。

ただそこで問題になるのが、「生活していけるかどうか」ということだろうと思う。

 

これは女性が「離婚する」場合にもおなじだと思うけれども、生活していけるかどうかを考えだすと、限りなく「生活していけない」ような気になってくるものだ。

会社のように「計画を立てよう」と思っても、不確実なことばかりで計画にならないだろう。

 

でもぼくは、太鼓判を押したいのである。

生活は、かならず「何とかなる」のである。

 

ただしぼくは、そのとき「大事だ」と思うことが2つある。

第一は、「やりたいことを持つ」ことだ。

やりたいことがある時は、「神様」が味方してくれる。

予期せぬ出会いや出来事に救われていくことになるもので、ぼくはこれは、人間の「本能」の働きだろうと思っている。

 

「やりたいこと」は、明確でなくてかまわない。

どんなに漠然としていても、「方向」さえはっきりさせれば、やっているうちに明確になってくるのである。

 

それから「会社に不義理を残さない」ことが、次に大事だとぼくは思う。

不義理をすれば、しっぺ返しを食らうことになるからだ。

もちろんこれは、「主観的に」でかまわない。

会社から、「辞めるなど許されない」と言われても、自分が「いい」と思えば問題はないのである。

 

ぼくの場合、この2つのことに1年の時間をかけた。

1年のあいだに退職金を半分にされたりもしたのだが、目先の金より大事なことがあるのである。

 

「生活は意外になんとかなる」のは、ぼくの偽らざる実感だ。

虚空に飛びこむ覚悟はいるが、ぜひ畏れずに、一歩を踏み出してほしいと思うのである。

 

「不満だけで会社を辞めてしまうのは良くないね。」

チェブラーシカのチェブ夫

それはそうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎よろしかったら一冊どうぞ

 

◎こっちもいいっすよ

アルマイト製浅型鍋20cm
アルマイト製浅型鍋20cm
1,391円+送料(アマゾン)


イワタニカセットコンロ
イワタニカセットコンロ
2,554円送料無料(アマゾン)

 

◎関連記事

自分の「本能」を信じることが大事なのである。

「やりたいこと」の方向だけ見ていればあとは何とかなるのである。

アホにはアホなりの生き方があるのである。

「客観的な判断」が「冷静な判断」とはかぎらないのである。

人生は「信じる」ことによって拓けるのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-023 ブリ, 04 鍋料理・ごはん物