早く寝ても起きる時間は変わらないのである。(ブリ塩焼き)

2014/04/25

 
きのうはトップシーズンのブリを塩焼きにした。

ブリ塩焼き

これを肴に酒を飲み、「朝型生活」にするために早く寝たにもかかわらず、その分睡眠時間がのび、起きるのは前と変わらない時間なのである。


 
ブリは、今が「トップシーズン」なのである。

脂が乗りまくることになっていて、
「今ブリを食べずして、いつ食べるのか」
と聞かれてしまうわけなのだ。

食べ方は、まずは「ブリ大根」が定番だが、焼いて食べるのもまたうまい。

「照り焼き」が王道だが、脂が乗りまくったブリは、シンプルに「塩焼き」するのがまたいいのである。

 

ブリの切り身を買う場合、
「腹をえらぶか背をえらぶか」
が考えどころとなる。

どちらも良さがあるのだが、「脂の乗り」で決めるなら、圧倒的に「腹」である。

これを焼くとき、魚焼き用のグリルがあれば問題ないが、焼き網をつかうとブリから出た大量の脂に火がついて、そのススでブリが真っ黒になってしまう。

だからブリを焼くには、焼き網でなく、フライパンでやるのがおすすめだ。

 

フライパンにサラダ油をすこし引き、弱めの中火でよく温めてから、両面に塩をふったブリをいれる。

ブリ塩焼き 作り方

フライパンをすこし揺すってブリを動かし、焦げ付きを防いでから、フタをして4~5分焼く。

こんがりと焼き色がついた頃、裏返したら、今度はフタを外して2~3分で焼きあげる。

このやり方で、横の皮まで問題なく火がとおる。

 

大根おろしを添え、味付けポン酢と一味で食べる。

ブリ塩焼き

 
 

もう「あなたどれだけトロトロなのよ」という話で、まちがいなく「死ぬ」のである。

ブリ塩焼き

 
 

それからフキと油あげの煮物。

フキと油あげの煮物

年末に下ゆでしたフキが、まだ残っていたのである。

下ゆでしたフキは、水をいれたジップロックで冷蔵庫にいれておく。

2週間以上がたったが、全く悪くなっていなかった。

 

鍋に水1カップとだし昆布の切れっ端、かつお節のミニパック1袋、酒とみりんを大さじ1、うすくち醤油大さじ1弱、それに下ゆでしたフキ、熱湯をかけて油ぬきして細く刻んだ油あげをいれ、火にかける。

フキと油あげの煮物 作り方

弱火で2~3分煮て、あとは煮汁にひたして味をしみさせる。

 

ちりめんじゃこの玉子炒め。

ちりめんじゃこの玉子炒め

卵に2個にちりめんじゃこと青ねぎ少々、砂糖とうすくち醤油小さじ1ずつを加えてよく溶きほぐし、サラダ油少々をひいたフライパンで中火で炒める。

 

あとはおとといの残りの鶏と根菜のすまし汁。

鶏と根菜のすまし汁

豆腐をINした。

 

それにすぐき漬け。

すぐき漬け

つくづくうまいのである。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

きのうはこれを3杯飲んで、11時すぎに寝たにもかかわらず、朝起きる時間は前と変わらなかったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

というわけで、「起きる時間」なのだが、ぼくは会社をやめて自由業になり、「自由」業とはよく言ったもので、まさにその自由を謳歌しているわけである。

もちろん仕事はしないといけないので、その上での制約はあるけれど、会社に勤めている不自由さにくらべれば、「月とスッポン」のようなものだ。

「すべてを自分で決められる」のがいいわけで、ぼくのような、人からつべこべ言われるのが大嫌いな人間にとっては、これは何よりありがたい。

会社には25年勤めたが、元々ぼくは、「会社」には向かない人間だったのだろう。

 

と言ってももちろん、自由業も生活を成り立たせるためには、自分なりの規律は必要になってくる。

本当なら毎日朝から酒を飲みたいところなのだが、それは「週いっぺん」と決めている。

朝起きたら風呂に入り、掃除洗濯などをしたあとで、カフェでブログを更新し、家に帰って昼寝する。

昼寝から覚めたら仕事をして、夜は酒を飲むというのが、ぼくの基本的な生活パターンである。

 

ところでこの「仕事」なのだが、このところブログに時間がかかるようになり、仕事をはじめる時間が遅くなってしまっていた。

そうなると、同じ仕事の量をこなすためには、遅くまで仕事をしないといけなくなるわけなのだが、人が酒を飲みはじめている時間に仕事をしていると、どうも「居残り」をさせられているような気分になるのである。

そこで生活のサイクルを少し早め、朝8時に起き、夜9時まで仕事をしていたのを、6時に起き、7時まで仕事をするようにしたいと思った。

寝るのは6時間ほどで自然に目が覚めていたから、12時までに寝るようにすれば、この「朝型生活」は実現できるはずだったのである。

 

ところが今、それが実現できていないのだ。

「早く寝る」ことについては守るようにしていて、きのうも寝たのは、なんと11時すぎだった。

しかし今朝起きたのは、7時半。

このところ、起きるのは毎日そのくらいの時間になり、早く寝た分、睡眠時間が伸びてしまっているのである。

 

以前は5時間くらいで目が覚めて、もう寝られなくなることも多く、
「年だから仕方ない」
などと思っていたこともあった。

なのに今は、「早く起きたい」と思っているにもかかわらず、どんどん熟睡できるようになってしまっているのである。

 

「目覚まし使えばいいんじゃないの?」

チェブラーシカのチェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎絶賛発売中

宝島社ムック本『おっさんひとり飯』
おっさんひとり飯
¥880(アマゾン)

 

◎関連記事

12時前に帰れるかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかったのである。

12時に寝るはずが、3時に帰ってきたのである。

「ブリ大根」がおいしい季節なのである。

「後悔」は人生の肥やしなのである。

一人暮らしは気楽なものなのである。
 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-023 ブリ