料理ができない男性は結婚できなくなると思うのである。(豚の粕汁)

2014/04/25

 
昨日はさすがに肉が食べたくなり、豚の粕汁をつくった。

豚の粕汁

これを肴に酒を飲みながら、「料理ができない男性は結婚できなくなるのではないか」と改めて思ったのである。


 
年末から年始にかけてのこの一週間ほど、ブリ大根やらおせちやらと魚の料理がつづいたので、そろそろ肉を食べたくなってきたのである。

これは単に「味」だけの問題ではなく、肉の絶大なる栄養を「体」が求めるからだろう。

しかしこれはあらかじめ計算済みで、年末のうちに豚肉と酒粕を冷蔵庫に入れておいたのだ。

それで昨日はそれを使い、豚肉の粕汁をつくることにした。

 

豚肉の粕汁は京都人の「ソウルフード」とも言えるくらいだと思うけれども、実際のところ実にうまく、豚肉の脂のおかげで味がまろやかになるのと共に、豚肉の疲労回復効果のおかげだろう、ほっこりと温まる。

酒粕という「廃物」を利用して、肉も安いコマ肉でいいのが、いかにも「庶民の食べ物」という感じなのもいい。

具は豚肉のほかには、大根とニンジン、油あげというのが京都の場合は基本となり、その他にゴボウやら里芋やら、コンニャクやらを好みで入れるようなのだが、昨日はまだおせちも残っていたし、シンプルに基本の野菜のみで作ることにした。

薬味に青ねぎかセリをかけるが、昨日は青ねぎなのである。

 

粕汁を作るには、まずはだしを取る。

豚の粕汁 作り方

鍋に4カップ半の水と、5センチ角くらいのだし昆布2枚、かつお節のミニパック4袋をいれて中火にかける。

煮立ってきたら弱火にし、アクを取りながら4~5分煮て、ザルで濾す。

ここにうすくち醤油大さじ2、塩少々で味つけをする。

 

あとは短冊に切った大根とニンジン、油あげをやわらかくなるまで煮る。

豚の粕汁 作り方

 

煮ているあいだに、煮汁を少し器にとり、たっぷりの酒粕をふやかしておく。

豚の粕汁 作り方

 

野菜がやわらかくなったら、豚こま肉と酒粕をいれる。

豚の粕汁 作り方

2~3分煮て、酒粕が煮汁に溶けたら火を止める。

 

器によそい、青ねぎをかける。

豚の粕汁

 
 

粕汁は、酒の肴にもよく合うことは言うまでもないのである。

豚の粕汁

 
 

あとはおせちの残りの芋棒。

芋棒

究極に味がしみているのだ。

 

真ダラの子とフキの炊き合わせ。

真ダラの子とフキの炊き合わせ

これは今回、実にうまくて、ぼくは「子」のうまさと共に、「フキの威力」をつくづく思い知ったのである。

 

もやしと竹輪の酢のもの。

もやしと竹輪の酢のもの

もやしはサッと塩ゆでしてよく絞り、キッチンペーパーに包んでから、ラップかジップロックにいれて冷蔵庫で保存すると、生のままよりはるかに日持ちする。

これは八百屋の奥さんに教えてもらったやり方だ。

酢のものは、うすく切った竹輪といっしょに砂糖小さじ1、酢大さじ1、塩少々で和える。

 

それにすぐき。

すぐき

三条会商店街の豆腐屋の隣で、上賀茂の農家のおばさんが売っているものだ。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

これを飲みながら、ぼくは、

「料理ができない男性は結婚できなくなるのではないか」

と、改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「結婚」なのだが、ぼくは家で飲むときは、相手はツイッターのことが多いのである。

人の「つぶやき」を眺めているのも楽しいし、自分でもあれこれ結構つぶやく。

ツイッターでのつぶやきは、まさに「ひとり言」に近いから、愚痴っぽいこともつぶやきやすい。

嫌ならフォローを外してもらえばいいだけだから、それほど遠慮の必要がないのである。

 

流れてくる愚痴にも色んなものがあるのだが、一つ代表的なのに、

「女性が自分のご主人や、一緒に暮らしている彼氏にたいする不満を漏らす」

というものがある。

「相手はツイッターを見ていないのか」と心配になることもあるくらいなのだが、

「もう別れたい」

などとキレていることも少なくない。

「夫婦げんかは犬も食わない」と言うから、それも愛情表現の一つなのかと思わないこともないけれど、やはりぼくも男性だから、相手の男性のことが心配になる。

女性がキレるのには共通した理由があり、

「男性がそこを直せばうまくいくのに・・・」

と、ぼくも結婚に失敗したクチであり、人のことはまったく言えない身分ながら、思ってしまうからである。

 

共通しているのは、まず「女性が仕事をしている」ことだ。

そして女性の男性への不満は、「生活能力の低さ」に向けられている。

「自分も相手と同様、仕事から疲れて帰ってきているのに、なぜさらに自分だけ、料理を作らなければいけないのか・・・」

「料理ができないなら後片付けくらいしてくれてもいいのに、なぜそれすらできないのか・・・」

以上のようなものである。

ぼくが結婚に失敗した原因も、煎じ詰めれば、そういうことではなかったかと思っている。

 

このことは、ぼくは男性が、

「時代が変わったことに気づいていない」

のだと思うのだ。

今や女性が仕事をするのは、「当たり前」の時代である。

そうなれば、「家事の分担」も「半々が当然」という話だろう。

それなのに、男性はいまだに「専業主婦」が普通だったころの考え方のままでいるのではないだろうか。

 

さらに深刻なのは、男性が「家事のやり方を知らない」ことだろう。

多くの場合、男性は、炊事や洗濯、掃除のやり方について教育を受けていない。

「やらないといけない」と思っても、やり方がわからないから、ついやらずに済ませてしまうのではないだろうか。

そうなってしまうと「結婚」は、ますます遠ざかるのではないかと思うのである。

 

一人っ子政策のおかげで男性が多く、男性は熾烈な競争を勝ちぬかなければ結婚できない中国では、「男性が結婚するには料理の腕はぜったい必要」と言われているとも聞く。

実際中国人の男性は、ぼくが知るかぎりほとんどが、料理はとても上手である。

日本もこれから、そうなっていくのではないだろうか。

男性は一念発起して、料理を初めとする「家事」を学ぶ必要があるのではないかと思うのである。

 

「おっさんは料理するけど結婚はできないね。」

チェブラーシカのチェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎新品が買えます!

宝島社ムック本『おっさんひとり飯』
おっさんひとり飯
¥880(アマゾン)

 

◎関連記事

「食事は家でする」ことが日本の未来を拓くとおもうのである。

趣味の料理は「自己流」がいいのである。

「幸せ」は金では買えないのである。

スタミナには「豚とニラ」なのである。

檀一雄「檀流クッキング」は自炊をする男性には絶対的におすすめなのである。
 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉