科学は「創造」を説明できないのである。(豚肉の吸物)

2014/04/25

 
昨日は冷蔵庫の残り野菜をすべて叩き込み、「野菜がすんごい一杯入った豚の吸物」を作った。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物

これを肴に酒を飲みながら、ぼくは「科学は『創造』を説明できない」と改めて思い至ったのである。


 
冷蔵庫に野菜があれこれ余っていて、これを処理しないといけなかったのだ。

特にガッポリ余っていたのが白菜で、これをどうやって食べようかと思い悩んだ末、豚肉といっしょに吸物にすることにした。

「豚肉の吸物」というと、「臭みが出ないか」と心配する人もいるかもしれない。

でも関西には「肉吸い」呼ばれる肉の吸物があり、普通は牛肉が使われるけれど、豚肉で作ることもあって、何も問題ないのである。

 

豚こま肉200グラムは、食べやすい大きさに切り、沸騰させて火を止めた熱湯で「しゃぶしゃぶ」と湯通しする。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物 作り方

これは「臭みを抜く」というより、あとでアク取りの手間を省くためなのだ。

それからだしを取る。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物 作り方

4カップ半の水に、だし昆布の切れっ端とかつお節のミニパック4袋をいれ、中火にかけ、沸いてきたら弱火にし、4~5分煮出してザルで濾す。

 

このだしに、酒大さじ4、うすくち醤油大さじ3、塩少々で味をつけ、まず野菜を煮えにくいものから煮る。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物 作り方

昨日は大根、ニンジン、ゴボウ、白菜の茎、ネギの青いところ、油あげである。

火が通ってきたら、白菜の葉、ネギの白いところ、しめじ、それに豚肉を入れる。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物 作り方

2~3分煮て、野菜がやわらかくなり、豚肉の色が変わったら火を止める。

 

薬味は好みでおろしショウガをちょんと盛る。

野菜がすんごい一杯入っている豚の吸物

豚汁もうまいけれど、これもビックリするくらいうまいのである。

 

あとは先日の残りのカブの煮物。

先日の残りのカブの煮物

寝かしてあったから味がしみまくっている。

 

厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

おろしショウガと青ねぎ、味ポン酢。

 

カブの梅和え。

カブの梅和え

厚く皮をむき、うすく切ったカブを、叩いた梅干しと塩昆布といっしょに揉む。

 

レタスの酢の物。

レタスの酢の物

塩もみしてしばらく置き、水で洗い、よく絞ったレタスを、ちりめんじゃこと一緒に酢大さじ1、砂糖小さじ1、塩少々で和える。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「科学は『創造』を説明できない」

と改めて思い至ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「科学」なのだが、昨日はツイッターを相手に酒を飲んだのである。

このところボコボコ叩かれているものだから、ツイッターに呟こうとすることも、思い浮かぶのはどうしても愚痴っぽいものになる。

「もう少し楽しくなることを呟きたいな・・・」

そう考え、思い付いたのが「ぼくの夢」なのだ。

50を過ぎた、あとは「きれいに死ぬばかり」のおっさんが、「夢」などと口にするのは憚られるものはあるのだが、ぼくには「これが自分なりにでも見つかったらその日に死んでもいい」と思える夢があり、昨日はそれを呟いていたら、楽しくなってきたのである。

 

その夢とは、「科学」に関することなのだ。

科学には、今どうしてもうまく説明できないことがあり、そのことが、現代の様々な問題の発端にもなっていると思うのだ。

 

例えば料理をする前、「食べたいものを思い浮かべる」プロセスを考える。

科学がこれを説明すると、

「様々な選択肢の中から、自分が一番「食べたい」と思えるものを選ぶ」

となる。

もちろん人によっては、レシピ本などをパラパラと眺めながら、何を作るか考える人もいると思う。

でもそうしてしまうと、かえって自分が何を食べたいと思っているか、分からなくなる場合がないか。

 

むしろ「食べたいもの」は、「一気に」思い浮かぶのではないだろうか。

時間がかかる場合はあっても、食べたいもののイメージが、あるときドーンと頭に浮かぶ。

また仮に「選択している」としてみても、食べたいものがあらかじめ決まっていれば、選びようもあるだろう。

でも食べたいものがまだ思い浮かんでいない時点で、選択のしようがないではないか。

 

さらに「食べたいもの」は、まだ食べたことがないものや、作ったことがないものも、思い浮かべることができる。

これは科学によれば、

「作り方などがランダムに組み変わり、新たな料理が一つの選択肢となる」

と説明される。

ランダムに組み変わるということは、新たな料理は「まずい」ものもあり得るわけだ。

でも新たな料理は、実際に食べてみてどうかは別として、「こうしたらうまいんじゃないか」というものしか思い浮かばないのではないだろうか。

 

現代、コンピュータがこれほど進歩しながらも、「アトム」のような、人間のように話したり、考えたりするロボットがなかなか登場しないのは、ここに一つの理由がある。

コンピュータは、多くの選択肢を検討することは得意でも、何かを「創造」することは苦手だからだ。

科学者の多くは、それは「程度の問題」であり、もっとコンピュータが進歩すれば、コンピュータも創造できるようになると考えている。

でも科学者の中には、「創造を含みこむには、科学そのものが大きく変わらなければならない」と考えている人もいるのである。

 

ぼくは科学者ではないから、科学そのものの発展に「何らかの寄与がしたい」と思っているわけではないのだ。

ただ科学は、現代人の考え方に大きな影響を与えていて、もし科学が「創造を含みこむ」ことになるとすると、その「考え方」がどう変わることになるのかに、とても興味があるのである。

 

「まあ夢を持つのは自由だからね。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

「科学」が金を稼ぐやり方は悪辣なのである。

個人商店で買い物すると献立が決まりやすいのである。

「見る」ことがすでにコミュニケーションなのである。

ぼくは「世界を変えたい」のである。

「四条大宮は世界で一番すばらしい交差点」なのである。
 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉