「科学」が金を稼ぐやり方は悪辣なのである。(カブと鶏の煮物)

2014/04/25

 
昨日はカブを鶏肉とコトコト煮た。

カブと鶏肉の煮物

これを肴に酒を飲みながら、「科学が金を稼ぐやり方は悪辣だ」と改めて思い至ったのである。


 
秋は「カブ」の季節なのである。

かぶら

八百屋に大きなカブがあったから買ってきた。

京都では、このくらいの大きさのやつが「かぶら」と呼ばれ、これより小さなのは「小かぶら」と呼ばれる。

小かぶらは煮すぎると溶けてしまうのだが、かぶらは煮くずれしにくいので、煮物にするにはこちらの方が向いているのである。

 

昨日はこれを、鶏手羽元、油あげと一緒に煮ることにした。

肉のだしがたっぷりとしみたカブは、また何ともうまいのだ。

 

鍋に4カップ半の水をいれ、だし昆布の切れっ端とかつお節のミニパック4袋をいれたら中火にかけ、煮立ってきたら弱い火にしてアクを取りながら4~5分煮る。

カブと鶏肉の煮物 作り方

ザルで漉し、酒とみりんを大さじ4、うすくち醤油大さじ3、塩少々で味つけする。

鶏手羽元5本は、沸騰させ、火を止めたお湯で湯通しする。

カブと鶏肉の煮物 作り方

こうしておくと、あとでアクをとる手間が省けるのである。

 

煮汁に厚く皮をむき、タテ8等分に切ったかぶら、湯通しした手羽元、熱湯をかけて油抜きし、ひと口大に切った油あげをいれ、卓上のカセットコンロでコトコト煮る。

カブと鶏肉の煮物 作り方

煮物が煮えるのを眺めながら酒を飲むのは、何とも幸せな気持ちになるものだ。

 

カブが煮えるまでにつまむ肴も用意しておく。

カブの皮とだし殻昆布とかつお節のじゃこ炒め

カブの皮とだし殻昆布とかつお節のじゃこ炒め。

細く刻んだカブの皮とだし殻昆布、それにかつお節を、ゴマ油とちりめんじゃこでじっくり炒め、しょうゆで味つけして汁気がなくなるまでさらに炒める。

一味をふって食べると、これがまたうまいのである。

 

白菜の塩昆布あえ。

白菜の塩昆布あえ

細く刻んだ白菜の茎、ざく切りにした白菜の葉を一つまみの塩で揉み、10分ほど置いて水で洗ってよく絞り、塩昆布、細切りにしたゆずの皮とまぜ、少し置いて味をなじませる。

 

それからわさび醤油の冷奴。

わさび醤油の冷奴

 
 

さてカブは、30分ほどコトコト煮ると、食べられるようになる。

カブと鶏肉の煮物

七味をふると、この上ない酒の肴になるのである。

鍋を弱めた火にかけたままにしておけば、さらに味がしみていく。

全部食べずに残しておいて、翌日に食べるとまた尚更うまいことになる。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「科学が金を稼ぐやり方は悪辣だ」

と改めて思い至ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「科学が金を稼ぐやり方」なのだが、科学は目標が「真理の追求」というところに留まっているかぎりは、この上なく素晴らしく、美しいものである。

ところがこれが「金を稼ぐ」となると、実に悪辣なやり方をするとぼくは思う。

やり方は、「水商売」にそっくりだ。

「置き換え」をすることで、「錯覚」を誘うのである。

 

水商売の女性は厚い化粧をすることにより、男性に「きれいだ」と思わせるようにする。

目の周りやら唇やら、男性が女性の顔を「きれいだ」と思うにはいくつかの「ツボ」があり、それを強調し、ツボを刺激することで、男性は「きれいだ」と思ってしまうことになる。

ここで行われていることは、「きれい」ということに対する「置き換え」である。

「目やら唇やらのツボが刺激されることがきれいである」と置き換え、さらにそれを暗がりで見せることで、本当にきれいでなくても、「きれいだ」と錯覚してしまうということだ。

 

また水商売の女性は、「恋愛」についても同様のことをする。

しなを作ってみせたり、甘い声で囁いてみせたりすることで、男性に「気がある」と錯覚させるわけである。

水商売の女性と遊ぶのは、それが「錯覚である」とわかっていれば、それなりに楽しいことだ。

でもそれを「本当」だと思ってしまうと、大金を浪費してしまったり、本当の恋愛ができなくなってしまったりすることになる。

 

水商売の女性は、多くはほかに生活の手段がないわけだから、そのようにして金を稼ぐことを責めることはできないだろう。

でも科学は、これを大規模に行い、莫大な利益を上げながら、「最先端」の仮面をかぶり、いかにも「いいこと」をしているように見せるところが、「悪辣」だとぼくは思うのである。

 

例の一つは、「化学調味料」である。

化学調味料は、今でこそ「最先端」とは思われなくなっているけれど、ぼくが子供の頃は、「日本発の大発見明」と宣伝され、「たくさんかけると頭が良くなる」とまで言われていた。

化学調味料は、「うまみ」を「グルタミン酸」とか「イノシン酸」とかに置き換えているわけだ。

でもこれは、天然のうまみとは別物で、単に「味覚のツボ」が刺激されているだけなのは、天然だしの味を知っている人にとってはよく分かっていることだろう。

 

化学調味料も、それが「錯覚である」とわかって利用する分には楽しいものだ。

ぼくもたまに食べるラーメンは、化学調味料のたっぷり入った昔ながらのものも好きである。

でもそれが「本物である」と思ってしまうと、企業のいいカモになる。

今はファストフードやコンビニ弁当、レトルト食品などなど、化学調味料がたっぷり加えられたものが、食生活の全てになっている人も少なくないのではないだろうか。

 

「テレビ」も同じようなものだ。

テレビの色は、赤、緑、青の3色だけで、人間はすべての色があるように見えるという「錯覚」を利用している。

またその内容も、日常生活とはかけ離れた刺激的なものが多いから、ぼくが子供の頃は、テレビを見過ぎないよう教育された。

でも今の子供は、テレビ漬けになっていることも少なくないと聞くにつけ、ぼくは将来への悪影響を心配するわけである。

 

さらに「原子力発電所」も同じである。

専門家が想定していた「安全」が、「本当の安全」とは異なるものだったことを、ぼくたちは先の大災害で目の当たりにすることになっただろう。

「植物人間」もやはり同じだ。

「生きている」ことが「心拍数」やら「血圧」やらに置き換えられてしまうことで、「本当の意味で『生きている』とは何なのか」という問いが、置き去りにされることになる。

 

科学は「専門家」が理屈を述べ、企業や国家ぐるみで大々的に宣伝することにより、人の錯覚を誘い、「本物」を見えにくくさせるようにする。

その宣伝に惑わされないようにするためには、「本物は何なのか」をつねに問い続けることしかないのだろうと、ぼくは思うのである。

 

「おっさんも水商売の女性には弱いんだよね。」

チェブラーシカのチェブ夫

本当にそうなんだよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連商品

アルマイト製浅型鍋20cm
アルマイト製浅型鍋20cm
1,391円+送料(アマゾン)


イワタニカセットコンロ
イワタニカセットコンロ
2,554円送料無料(アマゾン)

 

◎関連記事

個人商店で買い物すると献立が決まりやすいのである。

50を過ぎたら早く死んだほうがいいのである。

カブは肉と煮るとうまいのである。

「幸せ」とは何かを考え、やはりぼくにとっては、「だしの利いたカブの吸物かもしれない」とおもったのである。

鶏の塩焼きは、鶏肉の食べ方として最も簡単でうまいのである。

-03 野菜料理