50を過ぎたら早く死んだほうがいいのである。(鶏肉のポパイ炒め)

2014/04/25

 
昨日は冷蔵庫に入っていた鶏肉とほうれん草で、「鶏肉のポパイ炒め」を作った。

鶏肉のポパイ炒め

これを肴に酒を飲みながら、ぼくは「50歳を過ぎたら早く死んだほうがいい」と改めて思い至ったのである。

 

◎スポンサーリンク



 

冷蔵庫には鶏肉とほうれん草が入っていて、昨日はこれをメインにおかずをひねり出さなければいけなかったのである。

鶏肉はともかくとして、ほうれん草は、使える料理が本当に限られてくることになる。

煮てしまうと何ともまずい味になるから煮物には使えないし、他の野菜との相性が悪いから、野菜炒めにも使いにくい。

おひたしと、卵と一緒に炒める「ポパイ炒め」くらいしか使い途がないのではないかとすら思うわけだが、ほうれん草はこの2つがとびきりうまいと来ているから、それでいいのである。

 

ちなみにこの「ポパイ炒め」という呼び名、京都の中華料理屋ではほうれん草と卵の炒めものをそう呼ぶことが多いのだ。

ぼくも京都へ来てはじめて聞いた言葉なのだが、これは京都発祥の中華料理店「餃子の王将」の影響なのではないか。

餃子の王将では昔から、ほうれん草と卵を炒めた「ポパイ炒め」というメニューがあるのだそうだ。

または餃子の王将以前から、京都には「ポパイ炒め」が存在していたのか、そのあたりのことはぜひ誰か詳しい人に聞きたいところだ。

 

ポパイ炒めは中華料理屋なら、豚肉が使われることが多いのではないかという気がするけれど、卵と相性抜群の鶏肉をつかって悪いことがあるはずがない。

味つけは、やはりほうれん草にはバター醤油が黄金で、さらにオイスターソースで香りをつけ、黒コショウを振ることにする。

 

まずは鶏モモ肉250グラムを中火にかけたフライパンで、皮目からじっくり焼く。

鶏肉のポパイ炒め 作り方

鳥の皮から脂が出るから、この時点ではまだ油は不要である。

皮にこんがり焼き色がついたら、ひっくり返して反対側を焼く。

反対側はすぐに火が通るから、焼き過ぎないようにするのがポイントだ。

 

鶏肉に火が通ったら、大さじ1ほどのバターをいれ、ざく切りにしたほうれん草2分の1把を炒める。

鶏肉のポパイ炒め 作り方

ほうれん草は、根、茎、葉と、硬いところから順にいれるようにする。

ほうれん草がしんなりしたら合わせ調味料をいれ、さらに少し炒めて味をからめる。

鶏肉のポパイ炒め 作り方

合わせ調味料は、酒大さじ1、しょうゆとオイスターソース、砂糖を大さじ2分の1ずつ。

 

最後に溶き卵2個分を流し入れる。

鶏肉のポパイ炒め 作り方

あまり細かくかき混ぜず、大きめにまとめて皿に盛る。

 

黒コショウをふって食べる。

鶏肉のポパイ炒め

バターにオイスターソースも、またよく合うのである。

 

あとは、レタスを吸い物にしてみた。

レタスを吸い物にしてみた

昆布と削りぶしのだし1カップに酒大さじ1、うすくち醤油大さじ1弱、塩少々でまず油揚げを煮、つづいて適当な大きさにちぎったレタスをさっと煮る。

和食レタスシリーズは、酢の物につづいてこれも、全く問題なくうまい。

柚子の皮を浮かべると、「料亭の味」になる。

 

スグキの茎のじゃこ炒め。

スグキの茎のじゃこ炒め

スグキの茎は、ちょっと筋張っているから炒めてしまった方がうまいのだ。

ゴマ油とちりめんじゃこでじっくり炒める。

昨日はしょうゆに、少し砂糖もくわえて甘めにし、ゴマをふってみたのだが、これもまた大変うまい。

 

それに前に作った大根の皮とだし殻のじゃこ炒め。

大根の皮とだし殻のじゃこ炒め

同じじゃこ炒めだが、こちらは砂糖は入れず、一味をふってピリ辛にしてある。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「50歳を過ぎたら早く死んだほうがいい」

と改めて思い至ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「早く死んだほうがいい」についてなのだが、「マナー」の問題にかんしてコメント欄で、

「公共の場所での赤ちゃんの泣き声は何よりの迷惑だ」

とコメントをくれた人がいるのである。

40代と50代の男性で、

「新幹線の車内で仕事をしようと思っていたのに、赤ちゃんが泣きわめくおかげで全く仕事にならなかった」

「赤ちゃんが泣くのは仕方がないとしても、お母さんがデッキに連れて出るなどの配慮をせず、そのままにしておくことはマナー違反も甚だしい」

というわけだ。

たしかに男性の気持ちも分からないではない。

ビジネスマンは新幹線で仕事や仮眠をする人が多いから、あの赤ちゃんの、「全ての秩序を破壊せん」というばかりの泣き声が響きわたると、仕事に支障をきたすことになるだろう。

 

でもこの件に関しては、ぼくの結論は決まっている。

「そんな御託をならべる前に、お前が早く死ね」

である。

赤ちゃんの泣き声は、「携帯電話」や「人前での化粧」などと同列には考えられないものである。

 

今の日本の最大の問題は、「老人が多すぎる」ことだ。

超高齢社会に突入した日本は、65歳以上の老人が20%をとうに超え、さらに今、団塊の世代が続々と老人になりつつあるから、老人の数はまだまだ増える勢いだという。

それに対して女性が子供を産まなくなっているために、若い世代は増えていかない。

このまま行ってしまうと、2050年には日本の全人口にしめる老人の割合が、4割にも達するという計算もあるのだそうだ。

 

そうなってしまうと、国が成り立たないのは言うまでもない話である。

今でさえ、国民健康保険は所得の2割以上を持っていかれるという、「ボッタクリ」ともいえる状況なのに、これから老人の医療費を負担するため、ますます増えていかなければならない。

健康保険に入れない若い人が続出するのは、間違いがないことだろう。

 

また老人の数が多いと、国の政策が「老人の意見」によって左右されることになる。

老人はもう年だから、新しいことが考えにくくなっている上に、「自分が死ぬまで」のことを優先するようになりがちだから、政策がどうしても近視眼的になりやすい。

それでは日本は、進むべき方向を大きく誤ることになる。

 

この「老害」ともいえる状態を解決するには、まずは「老人が早く死ぬ」ことが重要だ。

若い世代に迷惑をかけてまで、長生きする必要などないだろう。

もちろん「自殺しろ」とは言わないけれど、どうせいずれは死ぬのだから、延命治療などやめたらどうか。

ぼくのようにタバコを吸う人間は、「延命治療は一切禁止」などという法律を作ってもいいくらいである。

 

それから同時に、「赤ちゃん」を増やさないといけない。

赤ちゃんこそ、「国の宝」なのである。

今の先が見えない経済状況の中、女性はなかなか、「仕事をやめて出産しよう」とは思わないようになっている。

だったら仕事を続けながらでも、女性が育児できるよう、手厚い保障をする必要がある。

 

しかしもちろん、ぼくがそんなことを吠えたって、老人がすぐに死ぬわけでもなく、女性が子供を産むようにもならないだろう。

だからこそ、今赤ちゃんを育ててくれている人を、本当に大切にしないといけないはずである。

お母さんは、育児を自分一人に押し付けられ、新幹線の車内でも、もう子供をあやすことに疲れてしまっているのである。

それならば、

「お疲れでしょう、お母さん、ぼくが代わりにお子さんをあやしますから、ゆっくり休んでいてください」

くらいのことが、どうして言えないのかと思う。

 

「お母さん」は、「甘やかし過ぎ」くらいでちょうどいいのである。

そうでなければ、日本はこれからますます過酷な状況へ陥っていくと、ぼくは思う。

 

「おっさんも子育てボランティアでもしたらいいのに。」

チェブラーシカのチェブ夫

ほんとだな。考えないといけないな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎新品が購入できるようになっています!

宝島社ムック本『おっさんひとり飯』
おっさんひとり飯
¥880(アマゾン)

 

◎関連記事

「マナー」として書き下せないところに奥深さがあるのである。

ぼくは「世界を変えたい」のである。

「英語」など辞めてしまえばいいのである。

自衛隊など失くしてしまえばいいのである。

「四条大宮は世界で一番すばらしい交差点」なのである。

-012 鶏肉