ぼくは「世界を変えたい」のである。(スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め)

2014/04/25

 
昨日は「スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め」を肴に酒を飲んだ。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め

飲みながら、「ぼくは世界を変えたいのだ」と、ハタと思い当たったのである。


 
魚屋へ行ったら新鮮なスルメイカがあったから、それを買ってきたのである。

スルメイカ

スルメイカが「新鮮かどうか」を見分けるポイントは、「色」だ。

お店に置いてあるのが濃い茶色なら、それは市場からその日に入荷した、新鮮な物なのだが、白っぽくなっているのは翌日以降の物となる。

スルメイカは新鮮であるかないかで味が天地ほども変わるから、おいしく食べようと思ったら、やはり新鮮なものを選ぶことが必要なのだ。

 

さて問題は、「これをどうやって食べるか」だ。

和風なら、まずは里芋や大根などと煮付けるのが定番である。

またサッと焼き、甘辛い味やショウガ醤油の味をつける手もある。

しかし昨日は、もう少しコッテリとしたものが食べたい気分がしたから、オイスターソースで炒めることにした。

 

カキやアサリ、そしてイカなどの魚介を食べるやり方として、「オイスターソース炒め」は王道中の王道だといえると思う。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め

魚介がややコクに欠けるところを、オイスターソースは完璧に補ってくれる。

一緒に合わせるのは、ニラや青ねぎ、セロリ、ブロッコリーなど、クセが強めの野菜がいい。

また野菜が青いと、オイスターソースの茶色にうまく映えることになる。

 

ただしオイスターソース炒めは「中華」だから、元々のやり方は「ニンニク」を使うことになる。

日本の食卓で、料理にニンニクを使うかどうかは、考え所ではないだろうか。

ぼくはニンニクは嫌いではないけれど、家では基本は使わないことに決めている。

ニンニクは味と風味が強いから、サイドメニューが和食だと、その淡い味わいを完全に消し去ってしまうからだ。

 

ただし元々のレシピから、ただニンニクを取り去ってしまうと、味と風味が足りないことになってしまう。

そこでゴマ油と唐辛子、砂糖と酢でそれを補うようにするのである。

 

イカは中身を外し、胴は内側にタテに入っている軟骨をぬいて両脇をひらき、1センチ幅くらいに切る。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め 作り方

中身は目の下のところで2つに切り分け、足は根元にあるクチバシを取り去って、ぶつ切りにする。

昨日は青ねぎとしめじを炒め合わせることにして、たっぷりの青ねぎはざく切りに、しめじは石づきを切り落としてほぐしておく。

合わせ調味料は、オイスターソースと酒を大さじ1、砂糖としょうゆ、酢、おろしショウガを小さじ1、塩小さじ4分の1に片栗粉小さじ1をくわえて、よく混ぜ合わせておく。

 

炒めるには、「スピード」が肝心だ。

モタモタしていると、イカも青ねぎも、火が通りすぎるからである。

 

フライパンにゴマ油と輪切り唐辛子少々をいれ、強火で熱する。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め 作り方

煙が出てくるくらい熱くなったら、イカとしめじをいれる。

30秒ほど、上下を返しながら混ぜ合わせ、イカがピンク色になってきたら、すかさず青ねぎと合わせ調味料をいれる。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め 作り方

全体を混ぜ合わせ、トロミがついたら出来上がりとなる。

 

プリプリのイカに、たっぷりとコクが付いている。

スルメイカと青ねぎのオイスターソース炒め

これは酒の肴はもちろん、ご飯にも合うのである。

 

新鮮なイカならば、「ワタ」を使わない手はない。

昨日は赤だし味噌(八丁味噌)と炒めることにした。

 

ワタ袋に切れ込みをいれ、中身を器にしごき出す。

ワタ味噌炒め 作り方

ここに赤だし味噌と酒、みりん、砂糖を大さじ1ずついれ、よく混ぜ合わせる。

フライパンを弱火で熱し、このワタ味噌を、焦がさないようにじっくり炒める。

ワタ味噌炒め 作り方

水気が飛び、「もっちり」とした感じになったら火を止める。

 

一味をふる。

ワタ味噌炒め

これだけで、ご飯も酒も、何杯でも行けるのである。

 

あとは一昨日の残りの粕汁。

一昨日の残りの粕汁

 
 

わさび醤油の冷奴。

わさび醤油の冷奴

 
 

もやしの酢の物。

もやしの酢の物

もやしはサッとゆでてよく絞り、塩もみして水で洗った少量のニンジンとちりめんじゃこを加え、酢大さじ1、砂糖小さじ1、塩ほんの少々で和える。

 

酒はぬる燗と決まりである。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「ぼくは世界を変えたいのだ」

と、ハタと思い当たったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さて「世界」だが、変えようとして変わるものではないことは言うまでもない話だが、酔っぱらいは真剣である。

ぼくは今の政府に怒っているのだ。

政府は秘密保護法の可決により、国民の権利を侵害する意思をはっきりと示したとぼくは思う。

「独裁体制はいったん確立してしまったら、壊すのは難しくなるから、そうなる前に、行動が必要なのではないか・・・」

ぼくはそう思うのである。

 

だがこれは、ただ日本政府だけでなく、「アメリカ」の動きも関係があるのだろう。

アメリカに追随することで、日本の立場を高めたいと、現政府は思っている・・・。

そうだとすれば、日本の問題を、日本国内で解決するのは難しいことになる。

世界で最強の力をもつアメリカを、変えることなど出来ようはずがない・・・。

 

「しかし・・・」

とぼくは思うのである。

「世の中何が起こるかわからない・・・」

一時はアメリカとならぶ巨大勢力だったソビエトも、あっという間に滅びてしまった。

アメリカは今、世界でやりたい放題をやっていて、すでに暴走を始めているようにぼくには見える。

「おごれる者は久しからずだ・・・」

今は盤石に見えるアメリカも、いつほころびが見えないとも限らない・・・。

 

アメリカがつまずいて、力の空白ができる時が来るかもしれない。

「チャンスはその時だ・・・」

その時までに力を蓄えることができれば、世界は大きく変わる可能性があると、ぼくは思ったのである。

 

その時、横にいたチェブ夫の目がキラリと光った。

「でも底辺のライター稼業で、金も権力も何もない、51歳のおっさんが、世界で何ができるって言うのさ。」

チェブラーシカのチェブ夫

チェブ夫は冷たく言い放つのである。

ぼくはしばらく考え、やがてチェブ夫に次のように答えた。

 

アメリカが強いのは、単に軍事力や政治力だけのことではない。

はっきりとした「価値観」を持っているからだ。

「科学精神」にもとづいて、社会に「自由と平等」を実現する・・・。

それを世界の人が、支持しているからでもある。

 

しかしその行き着く先が、無実の国に戦争を仕掛けて、国家を転覆させることなら、それはどこかが間違っている。

次の時代に必要なのは、アメリカの価値観に代わる、「新しい価値観」を見つけることなのではないか。

ぼくはそれが、日本の、「生活」のなかに見つけられると思っている。

それならぼくも、十分できる範囲にあると思う・・・。

 

それを聞いても、チェブ夫は納得していない様子だった。

「まあ、よくわからないけど・・・、がんばって。」

くるりとあちらへ向き直り、トコトコと歩いて布団に入り、すぐにスヤスヤと寝てしまった。

 

ぼくもその頃には、だいぶ酔いが回っていた。

「何事も、やってみないと分からないのさ・・・」

そう呟くと、布団に入り、やはり夢の世界へと入っていった。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連食品

イチビキ 名古屋八丁赤だし 500g
八丁赤だし味噌
520円(アマゾン・送料無料)

 

◎関連記事

「英語」など辞めてしまえばいいのである。

「ご褒美」は忘れた頃にやってくるのである。

自衛隊など失くしてしまえばいいのである。

苦しいときは開き直るのが大切なのである。

「四条大宮は世界で一番すばらしい交差点」なのである。

-024 スルメイカ