サンマはやはり、「なめろう」だ。

2014/04/25

サンマを酒の肴にするとなれば、やはり何と言っても「なめろう」だ。

サンマのなめろう

サンマの刺身を買ってくれば作るのは簡単で、日本酒がいくらでも、進みまくってしまうのである。


 
サンマの食べ方といえば、代表的なのは「塩焼き」だが、もちろん旬のサンマの塩焼きは、死ぬかと思うほどうまいのは確かだけれど、サンマは他にも食べ方はある。

やはり魚は、生か、生に近い形で食べるのがうまいわけで、サンマも刺身はもちろんうまい。

しかし「酒の肴になる」となれば、圧倒的に「なめろう」だ。

なめろうは千葉の発祥だそうだけれど、作るのはとても簡単で、しかも酒が、いくらでも進むのである。

 

◎スポンサーリンク

 

なめろうは、アジやイワシなど青魚なら何でもいけるが、今ならもちろんサンマである。

サンマなめろうの作り方(1)

ぼくは昨日は、刺身用のサンマを三枚におろしてもらっただけのものを買ってきて、皮を剥いで使ったけれど、一番簡単に作ろうと思ったら、スーパーでもよく売っているサンマの刺身をそのまま買ってくるのがいい。

 

このサンマの刺身に、味噌とおろしたショウガ、それに青ねぎを加え、包丁でたたく。

サンマなめろうの作り方(2)

味噌は、昨日は八丁味噌を使ったけれど、赤っぽいものなら何でもいい。

分量は、サンマ1尾に対してそれぞれ大さじ1くらいだけれど、スーパーで売ってる刺身は1尾よりは少ないだろうから、分量も加減して少なめにするわけだ。

 

包丁は、魚を扱う場合でも、家庭用の普通のもので問題ない。

サンマなめろうの作り方(3)

ただ使う前に、研ぎ器で研いでおくのは必要。

 

たたき加減は、これは完全にお好み次第で、細かくたたくのもいいが、ぼくはあまりたたき過ぎずに、5ミリ~1センチくらいの塊が残るくらいにするのが好きだ。

サンマのなめろう

適当に形にまとめて、青じそでも敷いたところにきれいに盛ると、風情が出る。

 

なめろうには、酒はやはり、日本酒だ。

月桂冠本醸造

ぼくはいつも、月桂冠本醸造の酒パック。

 

あまりに酒が進むので、飲み過ぎには注意が必要。

サンマのなめろう

ぼくも昨日は、知らぬ間にソファで眠りこけていた。

 

昨日はあとは、とろろ昆布のにゅうめん。

とろろ昆布のにゅうめん

お椀に固めに茹でて水で洗い、熱湯で温めたそうめんと、削りぶし、とろろ昆布、梅干しを入れてお湯を注ぎ、うすくち醤油で味つけして捻りつぶしたゴマをふる。

 

白菜とシメジのおひたし。

白菜とシメジのおひたし

ざく切りの白菜とばらしたシメジをサッと塩ゆでし、水で冷やしてやさしく絞り、削りぶしとポン酢しょうゆをかける。

 

万願寺の焼いたの。

万願寺の焼いたの

焼き網で、万願寺を軽く焦げ目がつく程度に焼き、削りぶしとポン酢しょうゆをかける。

 

冷奴。

冷奴

豆腐は手間がかからず一品になるから、常備するとほんとに便利だ。

 

「ソファで寝ると、風邪引くよ。」

チェブラーシカのチェブ夫

これからは涼しくなるから、気を付けないといけないな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎Henckels 包丁研ぎ器
Henckels包丁研ぎ器
1,400円(アマゾン)

-025 サンマ