明けましておめでとうございます

2018/01/03

明けましておめでとうございます

昨年は新年早々父が他界し、84歳だった父は「もう先は長くない」とは言いつつもまだ1~2年は生きるつもりだったようで、何の後始末もせず逝ってしまいましたため、僕がその後始末をすべて引き受けることとなりました。

本人がやれば簡単なことでも、たとえば査定額6万円のポンコツ車を売却するにも相続となると膨大な書類が必要となるなど、後始末の事務手続きにはかなりの手間がかかります。父の友人・知人への死亡通知やら何やらかにやら、父や母、および自分の住所氏名を100万回は書きまして、おかげで字がうまくなりました。

残された認知症の母は川崎の施設におり、その面倒も見なければいけませんでしたので東京と沖縄を行ったり来たりの生活となり、また母の成年後見人をしておりますので全てを裁判所に報告しなければならず、そちらでも莫大な事務仕事が加わりました。

さらに別件である面倒を抱えたりもし、そちらでもかなりの時間を取られました。それでこのブログまで手がまわらず、長期にわたって放置しましたため一時はブログが消滅するハメともなり、ご心配とご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。

父の後始末は9月でキリがつき、また同時に母は妹が引き取って三重の施設に移すこととなり、さらに別件の面倒も9月で片付きましたので、まだ多少のことはこれからも継続するものの、すべてが奇跡的に手を離れることとなりました。それで10月からはブログも再開、生活の基盤をたて直すべくあれこれと動いています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

生活の基盤は僕にとっては、やはり第一は「飲み屋」です。これまで名護の飲み屋街とはやや離れた場所に住んでおりましたため運転代行代がかさむようになり、思い切って飲み屋街のなかに引っ越しました。

おかげで今ではなじみの店に足繁く通うことができるようになり、居心地のよい場所を見つけられつつあります。

さらに飲み屋に行かない日でも、近隣スナックのカラオケが深夜まで大音量で聞こえてくるため、自宅にいながらにして飲み屋にいるような気分になれる恵まれた生活となっています。しばらく中断していた自炊も再開、塩味三昧、あさり・牡蠣三昧の日々を送っていることは、ブログを読んでくださっている方はご承知の通りです。

今年はさらに仕事面で、もう一歩踏み出していきたいと思っています。いろいろ構想はありますものの、怠け者でこれまでも幾多の構想を実行せずに葬り去ってきた僕のこと、またおなじ轍をふむ気配は年初からすでに濃厚ですが、まあ僕ももういい年ですので焦らず騒がず、のんびりやるつもりです。

これまでこのブログにお付き合いくださっている方には、心より御礼申し上げます。

また逐次ご報告いたしますつもりですので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

-087 このブログについて