あさりと豚肉のカレーラーメン レシピ

うまいスープがあれば、何でもおいしいカレーになります。あさりと豚肉、それに白菜のだしは最高で、これをカレーラーメンにすると2億9千8回は死ぬほどウマイです。





 

あさりと豚肉、白菜のスープをカレーにすると死ねる

このところ家で食事をするときは完全に毎回つくっている、あさりと豚肉、白菜の中華そば。これは基本は塩味ですが、カレー味にするとまたイケます。

うまいスープがあれば何でもおいしいカレーになる

既成のカレールウでしかカレーを作ったことがない人は「カレーには特別な作り方がある」と思っているかもしれません。たしかにインドカレーにしても、洋風のカレーにしても、日本ではあまり使わない調味料や具材を使い、時間をかけて作ります。

ですが実際にはカレーで特別なのは「カレー粉」だけで、あとは日本で普通に使っている具材や調味料だけで、普通においしいカレーができます。今回のカレーラーメンも、カレー粉以外はいつもの中華そばとほぼおなじです。

ただしポイントなのは、カレー味にする場合には甘みと酸味を加えることです。辛い味は甘みと酸味があることで引き立つからです。

インド風や洋風では、甘みは果物などでつけ、酸味はトマトやヨーグルトを使います。ですが日本風に作るなら、甘みはみりん、酸味はお酢で、まったく問題なくおいしく出来ます。

あさりと豚肉、白菜のスープは、今のところ手軽にできるもののなかでは「最高」と思えるうまさです。ですのでこれをカレーにしたものは、2億9千8回くらい死ねるのはまちがいありません。

レシピ

作り方は、塩味の中華そばと限りなくおなじです。カレー粉を入れるのだけがちがうわけですが、これをどのタイミングで入れるかが、作る際のポイントです。

カレー粉は油と相性がいいので、炒める工程で入れたいです。ですがはじめから入れてしまうとカレー粉が油をすべて吸い取ってしまい、肉や野菜を炒めるのに支障が出ますので、炒め工程の最後に加えるようにします。

「ちがうのはカレー粉を入れるだけ」と言いながら、実は隠し味的に豆板醤も使っています。豆板醤を加えると、カレーの辛みがピリリとシャープになってまたうまいです。

ですので下のレシピは、カレー粉を抜いて豆板醤の量を増やせば、普通においしいマーボーになります。カレーとマーボーは構成としていえば、ほんとにカレー粉を使うか使わないかだけのちがいです。

あと今回は冷蔵庫に余っているものの都合で、小松菜を加えました。スープがさらにおいしくなるので、シイタケも入れてあります。

STEP1 豚肉と白菜、たけのこを炒める

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 1かけ(みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1
  • 豚コマ肉 100グラムくらい(食べやすい大きさに切って塩コショウをふっておく)

を入れて中火にかけ、豚肉に火が通るまでじっくり炒める。

つづいて、

  • 白菜の茎 2~3枚(そぎ切りにする)
  • 水煮たけのこ 4分の1本分など(食べやすい大きさに切る)
  • しいたけ 2個(石づきの下の硬い部分を切り落とし、全体を1センチ幅程度に切る)

を1~2分炒めて油をなじませたら、

  • カレー粉 大さじ1

を入れて、さらに1分くらい炒める。

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 塩 小さじ2分の1
  • ナンプラー 小さじ2

を入れて1分ほど炒め煮して味を含ませ、

  • 水 500cc

を入れる。

STEP2 麺も加えながら煮込んでトロミをつける

水を加えたらフタをして火を強め、煮立ってきたら弱火にし、5分くらいコトコト煮てだしを取る。

5分たったらフタを外して中火にし、中華麺のゆで時間が4分ならまず、

  • 中華麺 1人前

を入れ、再沸騰してきたあたりで、

  • あさり 100グラムくらい(両手で殻をこすり合わせながらよく洗う)
  • 小松菜 1株(ざく切り)
  • しめじ 3分の1袋など(石づきを切り落としてほぐす)

を入れる。(中華麺のゆで時間が3分なら、中華麺とそれ以外のものは同時に入れるのでいいです)

あさりの殻が開き、麺がやや硬めのゆで加減になったところで、

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を混ぜながら少しずつ加えてトロミをつける。

  • お酢 大さじ1

をまわしかけ、器に盛って、

  • 粗挽きコショウ 少々

をかける。

 

これはマジでうまいです。今回は中華麺を煮込みましたが、ご飯にそえて普通にカレーライスにしてもおいしいはずだと思います。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-