【リッチなカレーの店 アサノ】日本一といわれるだけのことはある分厚い味のするカレー

昼飯に何を食べようか、ネットで検索してみると、町田に「日本一うまい」とまでいわれるカツカレーを出す店があるそうだ。

僕はカツカレーには目がないのである。だいたいとんかつが好きなのだが、とんかつにかけるにはソースより、カレーのほうが合うと思っている。とんかつの最もおいしい食べ方の一つがカツカレーであるとすら思う。

それが日本一うまいのなら、これは食べてみない訳にはいかないだろう。早速行ってみることにした。





 

お店の名前は「リッチなカレーの店・アサノ」。

 

「リッチ」といっても、べつに気取っているわけではなく、「仲見世商店街」という昭和の横丁の雰囲気を残す、エキサイティングなエリアにある。

 

古びたお店はカウンターのみ7~8席で、今のマスターは2代目らしい。

ふだんはズラリと行列ができるそうだが、年末だったためかたまたま1席だけ空いていて、並ばずに入ることができた。

 

お店の雰囲気は、フレンドリー。常連さんが多かったみたいなのだが、僕の席を空けるのも、「どうぞどうぞ」と言いながら嫌がらずに詰めてくれる。

だいたい50歳前後とおぼしきマスターが、この手の店にはありがちな偏屈オヤジでは全くなく、一見の僕のような客にも気さくに話しかけてくる。

「料理の写真を撮っていいですか」と尋ねると、

「どうぞどうぞ。初めてですか?」

と返す。

「はい、ネットを見てきたんです……」

初めての店で、いきなり会話が成立する。

「町田高校の卒業生はひとこと声をかけてください」と書かれた貼り紙も貼ってあったりする。

 

カレーを食べるあいだの短い時間だとはいえ、お店は雰囲気次第で、料理がうまくも不味くもなる。一見のおっさん一人客にもこういう対応をするのだから、ほかのどんな人が来ても、間違いなくくつろげるのではないかと思う。

 

注文したのは、もちろんカツカレー。

 

カツはもちろん、注文されてから揚げたものだが、10分もしないで出てきてそれほど待つことはない。

 

さてこのカツカレー、実際に食べてみて、とてもうまかった。「日本一」というのは、グルメ雑誌『dancyu』がそう評したからなのだそうだが、それだけのことはある。

カツは、ブランド豚を使っているらしいのだが、普通といえば、まあ普通。しかしそれより圧倒的に、このカツカレーのポイントは、カレーにある。

 

カレーはどれを食べてもそれなりにおいしくて、味のちがいが分かりにくいところがあると思う。スパイスが強烈だから、ベースの味がそれに隠れて、見えにくくなってしまうからだ。

この店のカレーも、一口食べると「普通においしいカレー」なのだが、よく味わうと、味が「太い」。「分厚い」といってもいい。

それもそのはず、このカレーは大量の玉ねぎを炒めることから始まるルーづくりに10時間、ブイヨンスープを取るにも10時間、そしてそれらを煮込み、寝かせてとして、できるまでに4~5日がかかるそうだ。

「究極にリッチなカレー」といっても過言ではないわけで、それにカツがついて1,450円は、「安い」ともいえると思う。

 

スパイスは、ちょっと辛めで華やかな調合。でありながら、全体としてはやさしい味。

ちょっとこれは、クセになりそうな感じがする。「カツカレーはこの店のしか食べられない」となってしまったらどうしよう、と思うくらいだ。

 

帰り際にも、マスターは、

「いかがでしたか?」

と尋ねるから、感想を言うと、

「ありがとうございます。お褒めいただきまして嬉しいです」

との答え。

「これだけのカレーを出しながら、あくまで腰が低いのは大したものだ」

と思いながら、気持ちよく店を出た。

 

リッチなカレーの店 アサノ
  • 住所 東京都町田市原町田4-5-19 町田仲見世飲食街
  • 電話 042-729-7258
  • 営業時間 ランチ11:30〜14:00 LO14:00、ディナー17:00〜20:00
  • 定休日 毎週水曜日、第2・第3木曜日












ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店