【きょうの高江・阻止行動】沖縄の人たちはほんとに明るく、徹底している

きょうは約1ヶ月ぶりに、沖縄・高江でのオスプレイパッド建設工事の阻止行動に参加した。

阻止行動は、場合によっては逮捕されることもある厳しい戦いなのだけれど、僕はそこに参加するのが嬉しくて仕方ない。

行動に参加している沖縄の、また全国から集まって来ている人たちが、みな揃いも揃って明るく、そして温かいからである。





 

厳しい戦いをしながらも、いっしょに戦う人たちをつねに気にかけ、思いやる。

しかしそれは、戦士には当然必要とされることかもしれない。

一人でなく、仲間といっしょに戦うからこそ、大きな敵との戦いに勝利の可能性が出てくるからだ。

 

dsc_0175

朝の6時、まだ夜が明ける前に、工事現場の手前で集合。だから4時に起き、4時半すぎには出発する。

でもそれを、苦に思ったことは一度もない。

戦えることが嬉しいからなのだと思う。

 

今朝やったのは、工事の作業員が乗った車を止めること。作業員を工事現場に入らせなければ、工事はできない。

 

作業員は、警察の護衛なしでやってくる。

dsc_0177

1台1台、ていねいに挨拶しながら止まってもらう。

作業員も、もちろん仕事。だから止められて、怒りだす人もいる。

行動経験が長い人は、怒りだした作業員に、驚くほど時間をかけ、ていねいに話をする。

でもきょうは、もう何度も車を止めているからだろう。作業員も怒りだす人はなく、すぐにあきらめたようだった。

結局10台近くの車を、1時間以上止めていた。

 

しかしそれも、機動隊が来るまでの話である。

dsc_0180

機動隊に排除されたら、無理な抵抗をすれば逮捕されることもあるから、アッサリと車を行かせる。

 

そのあとは場所を移して、工事現場入口での座り込み。

dsc_0182

老若男女、200人ほどの人がいた。

 

目的は、今度は砂利を積んだダンプが入口を入るのを止めること。

砂利が入れられなければ、工事は遅れる。

座り込みは、人数が勝負となる。たくさんの人がいれば、警察もそう簡単には排除さらたら、できない。

 

ただ座り込みは、根気がいる。

ダンプが来そうな時間に、ずっと座っていないといけないからだ。

沖縄だから寒くはないが、お尻は痛くなってくるし、きょうは雨も降ってきた。

だからみんな、その時間を少しでも飽きずに過ごせるように、スピーチをしたり、歌を歌ったりするのである。

特に歌は傑作で、おじさん達がまるでカラオケスナックにいるかのように、高江行動のオリジナルソングを歌いまくる。

結局そうして時間を過ごし、きょうは7時過ぎから、僕は午後1時に失礼したが、多くはさらにその後も座り込んでいたようだった。

 

沖縄の人たちは、本当に明るく、そして徹底している。

一度でも参加すれば、どうしたって「また来たい」と、つい思ってしまうのだ。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-13 沖縄
-