鶏肉と卵の親子炒めは言うまでもなく225回は死ねる

鶏肉と卵の親子炒め

鶏肉と卵をあわせて煮る親子丼があるのだから、あわせて炒める親子炒めがあってもいいのである。実際に作ってみると、これは言うまでもなく225回は死ねるのだった。





 

おなじ原料の食材は、相性がいいと決まっている。豆腐のみそ汁がみそ汁の定番なのは、値段が安いこともあろうが、やはりみそと豆腐の原料がおなじだからだ。

鶏すきでも、肝を入れるとさらにうまいし、さらに卵につけて食べればなおうまい。親子丼のうまさもそこに由来するわけで、それなら親子炒めがうまくないわけがないだろう。

鶏肉と卵の親子炒め

 

味つけは、基本は親子丼とまったくおなじ、酒とみりん・薄口しょうゆをそれぞれ同量ずつ。だしのかわりにオイスターソースを使い、七味のかわりに豆板醤、そしてニンニクという構成で、これは完全に親子丼の中華版だ。

入れる具材は、鶏肉と卵の他には、まずは玉ねぎ。そして青みとしてピーマンを入れることにした。

卵ははじめに炒めてから最後に入れ、ピーマンと玉ねぎもシャキシャキさせたいから、やはり炒めたものを最後に入れる。

多少手間がかかるといえばかかるけれど、何事も満足がいくようにしようと思えば、ある程度の手間がかかるのは当たり前なのだから、手間がかかるのを「面倒だ」と文句を言ってはいけないのだ。

 

作り方

鶏肉と卵の親子炒め 作り方

フライパンにサラダ油・大さじ2分の1くらいを入れて中火にかけ、まず玉ねぎ・4分の1個(2センチ大程度に切る)を30秒ほど炒める。

つづいてピーマン・1個(2~3センチ大に切る)を30秒~1分ほど、「まだちょっと硬いかな」というくらいで火から上げ、皿にとり出す。

 

鶏肉と卵の親子炒め 作り方

あらためてフライパンにサラダ油・大さじ2分の1くらいを入れて中火にかけ、溶き卵・2個分を流し入れる。

あまり細かくかき混ぜず、しばらく放置したあと大きめにまとめて皿にとり出す。

 

鶏肉と卵の親子炒め 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1
  • 鶏もも肉 100g程度 (2~3センチ大に切り、酒・小さじ1、塩・小さじ4分の1をもみ込んで、片栗粉・小さじ1をまぶしておく)

を、鶏肉の皮を下にして弱めの中火くらいにかける。

3~4分して皮に焼き色がついてきたらひっくり返し、さらに1~2分焼く。

 

鶏肉と卵の親子炒め 作り方

一度火を止めて、

  • とり出しておいたピーマンと玉ねぎ
  • とり出しておいた卵
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 薄口しょうゆ 小さじ2
  • オイスターソース 小さじ1

を入れて中火にかけ、1分ほど調味料を煮立てながら炒める。

すべてもう火が通っているのだから、これはさらに取り出しておいたピーマンと玉ねぎ・卵を「温める」というくらいのつもりでいいのだ。

 

鶏肉と卵の親子炒め 作り方

  • 片栗粉 小さじ1
  • 水 小さじ2

の水溶き片栗粉を、フライパンの中身を混ぜながら少しずつ入れてトロミをつける。

  • ゴマ油 小さじ1
  • 酢 小さじ1

を垂らしてひと混ぜしたら火を止めて、皿に盛って粗挽きコショウ・少々をふりかける。

 

鶏肉と卵の親子炒め

これはまさに、黄金の味なのだ。

 

鶏肉と卵の親子炒め

やわらかい鶏肉と卵にたいし、シャキシャキしたピーマンと玉ねぎがアクセントになるという企画である。

 

そしてこれが、飯のおかずになるのはもちろん、酒の肴にどう考えてもなるのにもかかわらず、今朝も「朝だから」というだけの理由で、酒を飲まなかったのだ。

僕はこんなに酒に失礼なことをしていたら、そのうち誰にも相手にされなくなるのではないかと思って心配だ。

 

「相手にされるよ」

チェブ夫

そうだよな。










ランキングアップや拡散の、ご協力いただけますと、管理人は喜びます。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉
-