【マーボーピラフ】マーボーライスより手軽にできて、こちらのほうが絶対ウマイ

マーボーピラフ

マーボー味で炊き込んだ、ピラフ。マーボーライスより手軽にできて、しかも米に味がバッチリしみているから、こちらのほうが絶対うまい。





 

ごはんの場合「炊く」という言葉を使うから、何となくほかの料理とちがう感じがするのだが、考えてみたらこのピラフ、具と米を油で炒め、それから水を入れて煮込むので、「炒め煮」の一種なのだ。

なので炒め煮の手法をそのまま流用できることになるわけで、となれば、やはりマーボー。

マーボーピラフ

 

マーボーがごはんに合うのは知れた話で、「マーボーライス」は立派なメニューの一つである。しかし炊いたごはんに汁をかけると、ちょっとベッチャリとしてしまうのは否定できない。

ところがこのマーボーピラフ、マーボー味の汁で炊くから、米の芯まで味がしみているのにもかかわらず、ベチャベチャ感はまったく皆無。しかもフライパン1つでできるから、米を炊いてマーボーを作ってというのにくらべて手軽だし、マーボーピラフの登場により、マーボーライスの存在意義が危うくなるのは、ドライカレーと同様だ。

 

作り方は、きのうのカレーピラフとまったく同じ。カレー粉が豆板醤に、玉ねぎが長ねぎになるというだけの話だ。

水の量は、下のレシピは1人前・米2分の1カップだから、蒸発する分を考慮にいれて、液体調味料とあわせて2倍強となっている。でも2人前・1カップで作る場合は、液体調味料もふくめて1.5倍程度にするのがいいと思う。

(ということは、米2分の1カップの場合、下のレシピによれば水+液体調味料で250ccのところ、1カップの場合は300ccとなるから、それほど変わらないということ。液体調味料も、1カップの場合でも下と同じでいいと思う)

 

作り方

マーボーピラフ 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • 豚ひき肉 100グラムくらい

を入れ、弱めの中火くらいの火加減で、豚肉の水気が完全に飛び、ちょっと焼色がつくまで5分くらい、じっくり炒める。

 

マーボーピラフ 作り方

フライパンをななめに傾けて油を集め、油が足りなければ少し足して、

  • ニンニク 1かけ(みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ2
  • 長ねぎ 10センチくらい (みじん切り)

を入れて、5分くらい炒めて味をひき出し、米・2分の1カップを洗わずにそのまま入れて、1~2分、米が油を吸って透き通ってくるまで炒める。

 

マーボーピラフ 作り方

  • 水 1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 薄口しょうゆ 大さじ1 (薄口にするのは色を黒くしないため)
  • オイスターソース 小さじ1
  • コショウ 少々

を入れて中火にし、1分ほどフライパンを揺すりながらしっかり煮立てる。

フタをして、弱火で25分炊く。

 

蒸らさずにすぐに器によそい、粗挽きこしょうと、酢を少々かける。好みでネギの刻んだのなどを散らしてもよい。

マーボーピラフ

 

これは、ウマイ……。

マーボーピラフ

マーボーピラフ

 

マーボー味が米の芯までしみたのは、563回は死ねる。

米を炒めてから炊くと、芯がほんの少し残った「アルデンテ」の状態になる。これがまた、たまらない。

 

そしてこれは、まずまちがいなく酒にバッチリ合うのだが、今朝も「朝だから」というだけの理由で、飲まなかったわけである。

朝だから飲まないのなら、「夜だから飲まない」ともなりかねないわけで、こんな理不尽なことをなぜ僕は続けているのか、自分で自分が理解できない。

 

「勝手にすれば」

チェブ夫

そうだよな。










ランキングアップや拡散の、ご協力いただけますと、管理人は喜びます。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-