【ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ】しょうゆが入ってご飯にも合い、320回くらいは死ねる。

2016/07/24

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ

 




 

トマトスープを「ミネストローネ」と呼ぶやつがいるけれど、あれはバカではないだろうか。だいたい「ミネストローネ」など、日本人には何のことだかわからない。「ミネ・ストローネ」なのか、「ミネス・トローネ」「ミネスト・ローネ」、どこで切れるかさえも不明である。

「トマトスープ」といえば簡単なのに、それをわざわざ「ミネストローネ」などと気取るのは、白金あたりに住んでいる、あるのはお金ばかりであって、中身は空っぽのやつにちがいない。

 

というわけで、きのうはトマトスープにしたのだが、味つけも、イタリヤ風をそのまま真似るやつはバカだ。イタリア風に作ってしまうと、ご飯に合わない。なぜいつもはご飯なのに、ミネストローネを食べる時だけ、パスタやパンを食べなければいけないのかが理解できない。

そこでしょうゆやオイスターソースをちょこっと入れて、バッチリとご飯に合わせる。

 

さらにミネストローネには、食べたことがないので想像なのだが、豆とかを入れるはずだ。もちろん豆は、肉や野菜にくわえると栄養バランスが取れるから、入れるのは悪くない。

しかし、なぜ豆なのか?日本には豆腐という、豆をバージョンアップしてさらにおいしくしたものがあるではないか。

 

それで最終的に、ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ。

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ

「豚汁のトマト版」ともいった風情で、だいたい320回くらい死ぬはずだから、作ってみるのはおすすめだ。

つくり方

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ つくり方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1~2かけ (みじん切り)
  • 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1

を入れて弱火にかけ、2~3分炒めて味をひきだす。

食べやすい大きさに切ったベーコン・100グラムくらいを加え、強めの弱火くらいの火加減で、表と裏を2~3分ずつ焼く。

 

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ つくり方

  • じゃがいも 2個くらい (2~3センチ大に切る)
  • ニンジン 2分の1本 (同上)

を加えて2~3分炒めたら、

  • カットトマト 1缶 (400グラム)
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 薄口しょうゆ 大さじ1 (薄口を使うのは色を黒くしないため)
  • オイスターソース 小さじ1
  • コショウ 少々

を加え、さらに2~3分炒める。

  • 水 カットトマトと同量 (=2カップ)
  • 厚揚げ 1袋 (食べやすい大きさに切る)

を入れ、フタをして中火にし、煮立ってきたら弱火にする。

 

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ つくり方

10分くらいたったところで、みじん切りに使った残りの玉ねぎを、2センチ幅くらいのくし切りにしていれる。

じゃがいもが好みのやわらかさになるまで煮たら、味をみて塩加減し、火を止める。(そのまましばらく置いておくと、さらに味が中までしみる)

 

皿に盛り、1センチくらいのざく切りに切った水菜と粗挽きコショウ、それに好みでパルメザンチーズをかける。

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ

 

これは、たまらん……。

ベーコンと厚揚げの和風トマトスープ

 

じゃがいもは、味がしみてホクホクだ。

厚揚げも、しょうゆ入りのトマト味はとてもよく合う。

 

酒

そしてこれが、酒にも非常によく合うわけだ。

これだけ酒に合ってしまうと、飲み過ぎないようにするためには、何度も飲み過ぎを経験しながら訓練するしかないとおもう。

 

「バカだね。」

チェブ夫

ほんとだな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-