【キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め】こっくりとピリ辛味がしみたキュウリとほんわり卵は、ウソでなく死ねる。

2016/07/20

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め

 




 

豚肉が100グラムほどとキュウリが2本、余っていたのだ。そこでこれを、炒め合わせることにした。

キュウリを炒めると聞くと、不思議に思うかもしれない。

しかしキュウリは、中国ではふつうに炒めるし、おなじウリ科のゴーヤを炒めたり、冬瓜を煮たりすることからも分かるとおり、火が通ってコックリとやわらかくなったキュウリは、またいかにも「夏の味」といった風情でうまいのだ。

 

味つけは、これはもう間違いなく、ピリ辛味。キュウリのキムチがあることからも分かるとおり、キュウリはピリ辛味がとてもよく合う。

さらにこのキュウリと豚肉に、卵を加えることにする。

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め

キュウリと豚肉(ハム)・卵といえば、冷やし中華の具ともなる、黄金のトリオである。

 

さてこれをつくるとき、考えないといけないのは、「どうやってキュウリに味をしみさせるか」だ。

冬瓜の煮物を思い出せば分かるように、瓜系の野菜はやはり、コックリと味がしみたのがいいのだが、キュウリは水分が多いため、味がわりとしみにくい。

 

以前見た中国人のレシピでは、キュウリを細く刻んでいた。でも日本人の感覚だと、キュウリに味をしみさせるなら、最低でも漬物を切って食べるときくらいの厚みはほしい。

日本人がつくったもので、キュウリのぬか漬けを炒めものに使っているのも見たことがある。これならさらに味をしみさせる心配はいらないが、キュウリを今からぬか漬けにするわけにはいかない。

 

しかしそこは、「炒め煮」なのだ。調味料の原液に漬け込んで、そのまま炒める、おもに肉に味をしみさせるために使われる炒め煮は、キュウリに味をしみさせるためにも有効だ。

調味料の原液は塩辛い。そこにキュウリを漬け込めば、いわば一夜漬けにするようなものだ。

 

 

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め

 

豚肉は、かたまり肉を3ミリ厚さくらいに切って使ったのだが、これはうす切り肉でももちろんいいし、焼肉用の肉でも、もちろんいい。

コツというほどのこともなく、つくるのは簡単だから、初心者でもそうは失敗しないはずだ。

 

 

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め 作り方

フライパンにサラダ油・大さじ1を入れて中火で熱し、溶き卵・3個分を流しこむ。

8割方かたまるまで置いておき、大きめにザックリ切り分け、よく火を通して皿にとり出す。

 

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め 作り方

あらためてフライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1

を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

火を止めて、

  • 八丁赤だしみそ 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • コショウ 少々

を、順に入れながらみそを溶きのばす。

 

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め 作り方

  • 豚肉の焼き肉用か薄切り 100グラム 食べやすい大きさに切る
  • キュウリ 2本 3ミリ厚さくらいの斜め切り

を入れ、タレをよくからませて、10分くらいおいておく。

中火にかけ、汁気を飛ばしながら2~3分炒る。

キュウリがやわらかくなってきたら、

  • 皿にとり出しておいた卵
  • 長ネギ 10センチくらい (みじん切り)

を加え、皿にまぜて味をからめる。

汁気がほぼなくなってきたら、

  • ゴマ油 小さじ1
  • 酢 小さじ2
  • 粗挽きコショウ

をふり、ひと混ぜして火を止める。

 

これは、たまらない……。

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め

 

こっくりとピリ辛味がしみたキュウリとほんわり卵は、ウソでなく死ねる。

キュウリと卵・豚肉のピリ辛炒め

 

 

酒

そしてまた、これが酒に合うのだ。

ここまで酒に合ってしまうと、「飲み過ぎないようにする」ということば自体が、すでに意味を失うのではないかとおもう。

 

「失わないよ。」

チェブ夫

そうだよな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-