【豚肉とじゃがいものトマト煮込み】やわらかく煮えたじゃがいもにトマトソースの味がしみたのは、膝を100回打ちたくなるほど死ねる。

2016/07/20

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 




 

スーパーへ行ったら、豚肩ロースのブロック肉が、考えられないほど安い値段をつけられて一つポツンと残っていた。

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 

となれば、じゃがいもと合わせてトマトで煮込むのが、定番中の定番だ。

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 

かたまり肉を大きめに切って煮る場合、煮時間は、豚肉なら「最低30分」。

じゃがいもを3~4センチの大ぶりに切ると、煮えるまでにやはり30分くらいはかかるから、じゃがいもがやわらかくなるまで煮れば、豚肉にも火が通ることになる。

 

トマト煮の味つけは、完全に洋風につくるなら、オリーブオイルにニンニク・玉ねぎ、塩コショウのほかに、ローリエや、タイムやオレガノなどのハーブを使う。

別にそうしてつくっても、もちろんかまわないのだけれど、ふだんあまり使う機会がない調味料は、特別に買っても棚の肥やしになりがちだ。

ローリエもハーブも、トマトに足りないコクを補うものだから、それはそこ、みりんと薄口しょうゆ、それにオイスターソースを普通に入れてしまえばいいのだ。

仕上げに青ねぎをトッピングすれば、これはこれで、過不足のない整った味になるのである。

 

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 

つくるのは、特にむずかしいことはなく、コツもない。

きちんと段取りを踏んでいけば、失敗することもないのではないかと思う。

 

豚肉とじゃがいものトマト煮込み 作り方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ2
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1

を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

と言いつつも、きのうはニンニク2かけ、豆板醤は大さじ1とし、ガッツリと刺激のある味にした。

 

豚肉とじゃがいものトマト煮込み 作り方

1~2センチ厚さの食べやすい大きさに切り、まな板に並べたうえで、

  • 塩 1つまみ (小さじ4分の1)
  • コショウ 少々

を表と裏にそれぞれすり込んだ肩ロースかたまり肉250グラムをフライパンに並べ、強めの弱火くらいでじっくり焼く。

2~3分焼いて下から半分くらいに火が通ってきたら裏返し、さらにおなじくらいの時間焼く。

 

豚肉とじゃがいものトマト煮込み 作り方

小さめなら丸ごと、大きめなら3~4センチ大に切ったじゃがいも・3~4個をくわえ、1~2分炒めて味をからめる。

  • カットトマト 1缶 (400グラム)
  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 薄口しょうゆ 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ2
  • コショウ 少々

をくわえ、さらに2~3分炒めて味をなじませる。

 

豚肉とじゃがいものトマト煮込み 作り方

カットトマトと同量の水(カットトマトの缶でそのまま計ればいい)をくわえ、フタをして、弱火でコトコト30分くらい、じゃがいもが十分やわらかくなるまで煮る。

味をみて塩加減し、粗挽きコショウを少々入れる。

 

皿によそって青ねぎをかけ、好みでパルメザンチーズもかける。

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 

ほっくりとやわらかく煮えたじゃがいもに、トマトソースの味がしみたのは、膝を100回打ちたくなるほど死ねる。

豚肉とじゃがいものトマト煮込み

 

 

酒

そしてもちろん、これが死ぬほど酒に合うのだ。

ここまで酒に合ってしまうと、飲み過ぎないようにするためには、常日頃から飲み過ぎて、この日が特別飲み過ぎでないようにするしかないはずだと思う。

 

「全然ちがうよ。」

チェブ夫

そうだよな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉