チェブ夫の四条大宮はしご酒

2016/07/20

チェブ夫

 




 

チェブ夫は、酒が飲みたい気分だった。

何しろ同居人が、酒ばかり飲んでいる。ならば自分にも飲ませてくれれば良さそうなものなのに、いつも一人で酔っ払って、挨拶もせずに寝てしまう。

「僕だって、酒が飲みたいことくらいあるさ」

いつもそう思っていた。

 

ところがある晩、同居人は泊まりがけで出かけていった。

「お前は家でお留守番だよ」

そう言い残し、頭をなでてはくれたものの、どうせ自分のことなど忘れ、旅先で酔いつぶれるに決っている。

「バカヤロウ、僕のことも、少しは考えてみろってもんだ」

そう思うと、ムシャクシャした気持ちはおさまらない。

そこで家をぬけ出し、近所の四条大宮へ飲みに出かけたわけである。

 

まず行ったのは、たこ焼き「壺味」だ。

たこ焼き壺味

「四条大宮は、やっぱりここがヘソだよな」

チェブ夫はつねづね、「ここで一人で飲んでみたい」と思っていた。

 

酒はもちろん、レモンサワーだ。

レモンサワー

 

頼んだつまみは、まずは「たこキュウ」。

たこキュウ

「たこがやわらかくて、うめ~な~。味も酸っぱすぎないし、ゴマの風味もきいている」

 

それから、山芋素揚げ。

山芋素揚げ

「ポテトみたいにサクサクだ!」

 

豚肉の鉄板焼き。

豚肉の鉄板焼き

どんなものかと思ったら、こんがり焼いた豚肉を、コチュジャンとキムチを加え、サンチュで巻いて食べるものだった。

「これはやっぱり王道だな」

豚肉がまた上等で、焼いてもまったく硬くない。

 

それから、そら豆の鉄板焼き。

それ豆の鉄板焼き

チェブ夫はそれまで、そら豆をサヤごと網で焼いたのは見たことがあった。しかしこれは、サヤから豆をとり出して、それを塩だけふって焼いたものだ。

「こんなの、初めてだ……」

食べてみる。

「なんだこれ、ウマイじゃないか!!!」

鉄板でじっくりと焼いたそら豆は、ほっくりと香ばしく、さらに豆を覆っているうす皮も、おいしい食べ応えになっている。

 

チェブ夫は大将に話しかけた。

「タカヤスさん、さすがだわ。こんなの僕は、これまで思い付かなかったよ」

大将は、笑って答える。

「ありがとうございます。私は新メニューを考えるの、好きなんですよ」

チェブ夫は満足して、壺味を出た。

 

チェブ夫が次に向かった先は、立ち飲み「てら」だ。

シークワーサー・ハイ

酒は、シークワーサー・ハイを注文した。

 

「てらで食べるなら、やっぱりまずは鳥刺しだよな」

てらの鳥刺しは、厳選した鶏農家からていねいに下処理したのを仕入れていて、遠くから、わざわざこれを食べに来る人がいるほど評判がいいことくらい、チェブ夫だって知っている。

 

しばし待ち、出てきたのを早速食べる。

てら 鳥刺し

「お~、臭みがまったくなくて、さすがウマイな。また肉が、コリコリしすぎず、適度にやわらかいのもいい」

 

てらを出て、次に出かけたのは、イタリアン・バルの「ピッコロ・ジャルディーノ」。

ピッコロ・ジャルディーノ

カウンター席に、ふなっしーがいたのである。

 

「ふなっしー、お前は放置されていないのかい?」

「ちょっと放置ぎみだよね。しかもお客さんに手荒にされて、疲れるよ」

ふなっしーは、愚痴をこぼした。

「やっぱりな……」

赤ワインを飲みながら、チェブ夫はふなっしーを抱きかかえてやったのだった。

 

スピナーズを経由して……、

スピナーズ チェブ夫

 

最後に壺味へもどってみた。すると、かわいいギャルが、2人もやって来たのである。

壺味 ギャル

 

「うわ~、かわいくてタマンネ」

チェブ夫は、じつは女好きだ。ギャルズにお酒をおごり、ほっぺたにキスをする。

「や~だ~、チェブ夫くんったら、もう……」

と言いつつも、ギャルは嫌がる気配はない。

「ぬいぐるみの特権だな」

チェブ夫は心のなかで、「イヒヒ」と笑った。

 

チェブ夫は5軒をはしごして、満ち足りた気持ちで家に帰った。

「やっぱ、四条大宮はいいな。楽しいわ」

帰るととたんに眠くなり、泥のように眠ってしまった。

翌日になり、同居人が帰ってきても、気が付かなかったほどである。

 

「勝手なことを書かないで。」

チェブ夫

そうだよな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み