【ゴーヤとトマトの和風ペペロン炒め】ゴーヤチャンプルーのペペロンは死ねる。

2016/07/20

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

 




 

このところ外食が続いていたから、栄養が足りていない気がしたのだ。とくに野菜は、どうしても食べる量が少なくなるから、ビタミンが不足しがちになる。

となれば、やはり「ゴーヤ」だ!

何しろゴーヤは、ビタミンCはトマトの5倍、食物繊維がセロリの30倍、カルシウムは牛乳の14倍、鉄分はほうれん草の2.3倍を含んでいて、しかもゴーヤのビタミンCは、野菜で唯一、加熱しても壊れないのだ。

そこできのうは、スーパーでゴーヤを買い、これを炒めることにした。

 

ゴーヤは素直に炒めるなら、豚肉と豆腐、卵と合わせてゴーヤチャンプルーということになる。でも僕は性格が素直ではないため、料理も素直にしないのだ。

 

なので作ったのは、ゴーヤとトマトのペペロン炒め。

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

 

具はふつうのゴーヤチャンプルーと、豚肉、豆腐まではおなじだが、卵はやめて、そのかわりにトマト。炒めものの具は、あまり色々入れすぎるととっちらかった感じになってしまい、おいしくないのだ。

卵でなく、豆腐をやめるという手もあったわけだが、きのうは卵より豆腐のほうが食べたかった。

トマトは豚肉にはもちろん、ゴーヤにも大変よく合うし、さらにさわやかな酸味とうまみがついて、トマトを入れると料理がワンランク、バージョンアップするのである。

 

そして味つけは、和風ペペロン。トマトがオリーブオイルとニンニク、唐辛子のペペロン味に合うのは言うまでもないことだ。

ただしそれだけだと、やはりちょっとコクが足りない。そこでみりんと薄口しょうゆを隠し味程度に入れるのが、「和風」の所以だ。

 

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

 

作るには、まずオリーブオイルでニンニクと唐辛子をよく炒めたあと、豚肉、ゴーヤ、豆腐を順番に炒め、味をつけてトマトを入れる。

豚肉は硬くなるし、トマトは溶けてしまうから、どちらも火を通し過ぎないことが肝心だ。

 

ゴーヤとトマトのペペロン炒め 作り方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ2
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 赤唐辛子 2~3本 (ヘタを取って種を出し、小さくちぎる)

を入れて強めの弱火くらいにかけ、2~3分じっくり熱して味をひき出す。

 

ゴーヤとトマトのペペロン炒め 作り方

ニンニクがきつね色に色づくくらいまで炒めたら、一旦火を止め、

  • 豚こま肉 100グラム (食べやすい大きさに切る)

を広げて入れ、

  • 塩 小さじ4分の1
  • コショウ 少々

を振りかける。

肉は火を通す前に味を入れないと、そのあとだと入らなくなるのだ。

ふたたび強めの弱火をつけてサッと炒め、豚肉がまだ赤いうちに、

  • ゴーヤ 2分の1本 (タテ半分に割ってスプーンでわたをかき出し、3ミリ幅くらいに切る)

を入れ、豚肉といっしょに炒める。

 

ゴーヤとトマトのペペロン炒め 作り方

豚肉の色が変わったら、

  • 木綿豆腐(焼き豆腐だとさらにいい) 2分の1丁 (食べやすい大きさにちぎる)

を加え、中火にし、豆腐から出てくる水気を飛ばしながら、5分くらいよく炒める。

豆腐を入れれば、豚肉は豆腐の上に乗っかったりして、鍋肌に直接つきにくくなるから、それ以上火が通りすぎてしまう心配は、あまりないのだ。

 

ゴーヤとトマトのペペロン炒め 作り方

豆腐の水気が適度に抜けたら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 薄口しょうゆ 小さじ1

を加え、2~3分炒めて味を含ませ、

  • 塩 小さじ4分の1~2分の1程度
  • コショウ 少々

を、塩は味をみながら加えて味を決める。

  • トマト 2分の1個 (1センチ幅程度のくし切り)

を加え、30秒~1分程度、トマトがややしんなりする程度に炒めて、火を止める。

 

こんもりと、皿に盛る。

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

 

これは、ウマイ!

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

 

ペペロン味は、ゴーヤチャンプルーにはとてもよく合う。

じんわりと味がしみた豆腐が、また死ねる。

 

そしてもちろんこれは、酒の肴にはもってこい。

飲み過ぎないようにするためには、あらかじめ飲み過ぎておくしかないのではないかと僕は思う。

 

「バカだよね」

ゴーヤとトマトのペペロン炒め

ほんとだな。










拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-01 肉料理
-