【四条大宮 来夢来人】そして誰もいなくなった。

2016/06/16

【四条大宮 来夢来人】ツマミをたのんだ。」のつづき

そのとき店のドアが開き、新しいお客が入ってきた。男性だ。

年齢はたぶん僕より若く、近藤真彦にちょっと似た、不良っぽい二枚目だ。ドアから顔を覗かせて、

「いいっすか?」

と聞いていたから、たぶん僕と同様、初めてのお客さんなのだろう。それなのに、店の中までズカズカと無遠慮な様子で入ってきて、工藤静香似の女性を見つけると、

「すんげえカワイイっすね。隣りに座ってもいいすか?」

と言うなり、返事もきかずに隣りに座った。





 

「マスター、おれハーパーの水割りで」

近藤真彦似の男性はマスターに酒を注文し、工藤静香がグラスの酒を飲み終わっているのを目ざとく見つけ、

「あ、もう酒が入っていないじゃないすか。おごりますんで、好きなの何でも飲んでくださいよ」

工藤静香に酒をすすめた。

 

僕はぜったい、近藤真彦似の男性は、工藤静香に嫌われるはずだと思った。京都の女性が、こんな無遠慮なふるまいを許すはずがないからだ。

ところが工藤静香似の女性、まんざらでもない様子なのである。

「え?おごってくれるの?」

ニコリとし、

「じゃあ、ジン・ライムで」

マスターに注文した。

 

工藤静香はおごられた酒が出てくると近藤真彦と乾杯し、二人の話がはじまった。

「名前は何ていうの?」

「まゆみです」

「まゆみ、いい名前だね~。おれのことはマッチって呼んでくれていいから」

「マッチ、あ~、そういえばちょっと似てるかも~」

会話は盛り上がっているようである。

 

二人はもう一杯ずつお酒をたのみ、さらに親密さを増したようだ。ものの30分もしないうちに、二人して手をつなぎながら店を出ていった。

近藤真彦が工藤静香と手をつなぐとき、僕をみて「ニヤッ」と笑ったような気がした。

 

僕は呆然とし、ふたたびしんと静まり返った店のなか、水割りをもう一杯注文した。でもその水割りは、すでにあまり味がしなかった。

 

お勘定をし、店を出る。暗い夜道に、カラスが「カー、カー」と鳴いている。

僕にはそれが、「バカー、バカー」と言われているように思えた。

 

「ドンマイ、ドンマイ」

チェブ夫

そうだよな。

(完)








拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-12 来夢来人