【徳島 うずしお・麺王】徳島もまた大変死ねるから来るべき。

2016/06/01

うずしお 天然鯛漬け丼

 

徳島県は鳴門市の海沿いにある、「漁協食堂うずしお」に入った。

漁協食堂うずしお

特にネットを調べたわけでもなく、わりと辺鄙な場所で昼飯時になってしまい、ほかに選択肢がなかったというのが理由だ。

ところがこれが、本当に死んだ。

 

頼んだのは、天然鯛の漬け丼、1,250円。

うずしお 天然鯛漬け丼

大ぶりに切った漬けの鯛が7~8切れ、白髪ねぎと玉ねぎの薬味を敷いたごはんの上に乗っている。この見た目からして、すでにいかにもウマそうだ。





 

食べてみると、歯ごたえがコリコリとしている。旅の同伴者である男性と二人、「お~、お~」と唸りながら食べた。

 

「漁協(漁業協同組合)」は、漁民によって組織された協同組合なのだそうだ。そこが経営している食堂ならば、魚は市場を通さずに、水揚げされたものがそのまま運ばれるのだろう。

店の前には生け簀がすえられ、中では魚が泳いでいる。

漁協食堂うずしお

それをそのままシメて料理するのだから、ウマイはずだ。

 

さらに漬け丼についてくる、みそ汁がまた死んだ。

うずしお ワカメのみそ汁

具は、ワカメ。

 

しかしこのワカメは、ただのワカメではないのである。ここは、鳴門市。なので当然、ワカメは「鳴門わかめ」であるわけで、しかも塩漬けではない、ナマのやつ。

ザクザクとした食べ応えが、たまらない。

 

うずしおは、ほかにも色々メニューがあるが、料理はどれも比較的シンプル。

うずしお メニュー

「漁師料理」がウリなのだが、魚は新鮮でさえあれば、料理法はシンプルなのが一番うまい。

 

旅に出れば、東京では食べられないものが山ほどある。

食べ過ぎてしまうのは、仕方ないのだ。

 

夜は、徳島ラーメンを食べた。

麺王 徳島ラーメン

 

お店は「麺王・徳島駅前本店」。

麺王 徳島駅前店

 

徳島ラーメンというと、「スープが黒くて生卵が乗っている」というイメージがあるのだが、実際には色々種類があるらしい。麺王は、スープはそれほど黒くなく、生卵もオプションでたのむようになっていた。

この店を選んだのは、ホテルのフロントで「おすすめの徳島ラーメンの店」を聞いたら教えてくれたから。「東大」という有名チェーンの系列だとのことで、ネットの評価もわりと高い。

 

同伴者の男性は、「家系ラーメンをもっとおいしくした感じ」と感想を述べていたが、まさにその通りだと僕も思った。

麺王 徳島ラーメン

 

スープは白濁した豚骨で、味はしょうゆ。関西以西のラーメンは、スープは豚骨が基本だが、しょうゆ味の場合には、スープを白濁させないのが標準だ。そういう意味ではこのラーメンは、関西以西のラーメンとしては変わっていて、家系ラーメンに非常に近い。

ただし家系ラーメンと違うのは、麺。家系ラーメンは太麺をつかうと思うのだが、こちらは中細のザクザクとした低加水タイプの麺。

 

男性が、家系ラーメンを「もっとおいしくした感じ」と表現したのは、この麺のちがいを指していると思われる。

僕も麺は、あまり太いのより、こういう細めのものが好きだ。

 

餃子もたのみ、肉が前面に出てくるタイプでうまかった。

麺王 餃子

 

餃子には、やはりビールはつき物となる。

麺王 ビール

 

さらに白めしも食べたから、お腹はいっぱい。

きのう一日で、たぶん10キロは太ったのではないかと思う。





 




拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店