【なかむらうどん店・一鶴】香川に来たらこの2つは行った方がいいのではないかと思う。

なかむらうどん店

 

香川県にやってきた。香川といえば、やはりうどん。昼飯は、讃岐うどんを食べに行った。

 

香川には、うどん店は山ほどある。好きな人は、1日に5軒も6軒も、うどん店をはしごするという話も聞く。

そのなかで、きのう行ったのは「なかむらうどん店」。

なかむらうどん店

ここは今でこそ、繁盛して建物がふえたのだが、以前はほんとうに、畑のなかに掘っ立て小屋が一つあり、そこでうどんを出しているだけの店だった。農家がサイドビジネスとして始めたものだったと思う。





 

この店が繁盛したのは、伝説があったからだ。

農家が兼業でやっていたから、人手が足りない。それでネギが足りなくなると、お客が裏の畑に行って、自分でネギをひっこ抜き、洗って切って、自分のどんぶりに入れる……、というもの。

 

これはたしかに事実である。僕の大学時代の先輩が丸亀の人で、30年ほど前に、たしかにそれを体験している。

その話があまりに面白かったから、先輩の知り合いの作家が雑誌に書き、それでこのなかむらうどん店は、一躍全国に知られることとなった。でも今は、もうお客さんが増えすぎて、ネギも畑のだけでは足りなくなってしまったのだろう、カットネギになっていた。

 

お店の入り口を入ると、元からある掘っ立て小屋は、今は調理と、お客さんがゆで上がったうどんを受け取り、具や薬味を入れてお会計をするだけの場所になっている。

なかむらうどん店

食べるのは、そのとなりに建てられた、もっと大きい建物でとなる。

 

うどんは、1玉の小、2玉の大、3玉の特大の3種類。

僕は普段なら、うどんは1日に2玉で十分足りる。しかし今回は、旅をするのに体力を使うし、しかもなかむらのうどんはここで食べなければ、次にいつ食べられるかわからない。

そこで、特大。

なかむらうどん店

こうして毎日食べ過ぎてしまうから、旅をはじめてから、腹が出てきてしまったわけである。

 

げそ天とちくわ天、それに温泉卵と薬味を乗せて、お勘定は税込み650円ほどだ。

なかむらうどん店

 

でありながら、もちろんウマさは、もし掘っ立て小屋の裏の畑がまだあれば、そこを30周は走りたくなるレベル。

なかむらうどん店

強いコシがあり、モチモチとした絶品だ。

 

晩飯は、高松で食べた。

香川には、うどん以外にもう一つ名物がある。それは、骨付鶏。

一鶴

 

元祖店は、戦後すぐに創業した「一鶴」だ。

一鶴

丸亀が本店で、香川県内にも数店舗を展開し、さらに今では全国展開もはじめている。

 

僕がこれをはじめて食べたのは、30年くらい前、大学生のときで、「世の中にこんなにウマイものがあるのか」と感動した。

まあそのときは、まだ若くて物事を知らなかったということはあるけれど、今これを食べても、相変わらずうまくて、思わず涙が出そうになる(それはウソ)。

 

味つけは、たっぷりのニンニクとしょうゆがベースとなっていて、まずタレに漬け込むのだと思う。タレの味が、バッチリ中までしみている。

これはから揚げとおなじ味つけとなるわけで、骨付鶏の味をひとことでいえば、から揚げだ。

 

ただし骨付鶏がから揚げとちがうのは、骨付鶏は油で揚げるのではなくて、オープンで焼いていること。だから皮がパリパリで、その香ばさが大きな特徴。

ナマのキャベツと一緒に食べると、ビールが進むこと、進むこと、ジョッキを口に運ぶ手が疲れるほどだ(これもウソ)。

 

それからもう一つ、一鶴の骨付鶏には大きな特徴がある。それはメニューに「親鶏」があること。

一鶴

 

普通、お店で売っている鶏肉のほとんどは「若鶏」だ。これは生後だいたい3ヶ月以内の鶏を指す。

それに対して親鶏は、年齢はそれ以上の、卵を産んだことがある鶏のことを指し、肉質は硬いのだが、それが快い歯ごたえとなり、さらに若鶏よりもうまみがある。これをシコシコと噛みながらビールを飲むと、しみじみと幸せを感じるのだ。

 

骨付鶏は、元々は一鶴のオリジナル料理なのだが、現在では他店も出すようになっている。

本当にうまくて、食べるとたぶん、180回くらいはため息が出るはずだと思うから、機会があれば、絶対に試してみたらいいと思う。

 

きのうの夜は、この骨付鳥でビールを飲んで、昼の特大うどんと合わせ、腹は一杯になってホテルにもどった。

この調子で食べつづけていたら、旅が終わるころには、僕の体重は300キロにはなっているのは確実なのだが、こううまいものばかりだと、それも仕方ないというものだ。





 




拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店