【マーボー・ニラ玉】しょうゆ味の和風料理は軒並みこのマーボー味に変換できる

2016/05/04

マーボー・ニラ玉

 

マーボーが止まらない。きのうは昼と夜の2連続マーボーだ。

いやもちろん、まずは「マーボーが好き」ということはある。しかもこのマーボー、しょうゆベースのカツオ節を使ったうす味で、コクは十分でありながらクドくなく、飽きが来ないというやつだ。

 

しかしそれ以上に、面白くなってしまっているのだ。マーボーを「しょうゆベースのピリ辛味」と、味つけのみを独立に取り出すと、しょうゆ味の料理には、軒並み応用できることになる。

何しろこのマーボーで使っている調味料は、酒とみりん、しょうゆにカツオ節と、完全に和風のものだ。豆板醤は、しょうゆ味の煮物などに七味をかける、その七味を強力に増幅したものだと思ってもいいわけで、このマーボーは、和風しょうゆ味と完全に変換可能なのである。

肉豆腐しかり、肉じゃがしかり。「むしろしょうゆ味よりこちらがうまい」というくらい、うまかった。

 

そしてきのうは、やはり和風料理の定番、ニラ玉。

マーボーニラ玉

これもマーボー味は、抜群だ。





 

作るのは簡単で、まずは具なし、ひき肉だけのマーボーを作って、トロミまでつけてしまう。そこにあらかじめ炒めておいた卵と、それにニラを入れて絡めるという話で、考え方としては、天津飯にちょっと近い。

皿に盛り、たっぷりの粗挽きコショウと、好みで酢をかけながら食べる。天津飯で分かる通り、卵はピリ辛酸っぱい味によく合うのだ。

 

マーボーニラ玉

 

マーボー共通のコツは、ひき肉をとにかくじっくり炒めること。ひき肉が炒め足りないと、味がボケてしまうから注意が必要だ。

 

マーボーニラ玉 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1

を入れて中火にかけ、

  • 溶き卵 3個分

を流しれる。

あまりガチャガチャかき混ぜず、しばらく放置してから大きめにまとめ、しっかりと火を通して皿に取り出す。

 

マーボーニラ玉 作り方

あらためて、フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • 豚ひき肉 100~150グラム

を入れ、中火で5分くらい、水気が完全に飛んで焼色がついてくるまで、しっかり炒める。

つづいて、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1

を加え、弱火で2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

 

マーボーニラ玉 作り方

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • カツオ節 2.5グラム入りミニパック1袋
  • コショウ 1~2振り

を加え、火をやや強めて1~2分炒めて味をなじませ、

  • 水 カップ1

を加えて煮立て、弱火で2~3分煮る。

味をみて塩加減し、

  • 長ねぎ 5センチくらい (みじん切り)

を加えてひと混ぜし、

  • 片栗粉 大さじ1強
  • 水 大さじ1強

の水溶き片栗粉を混ぜながら少しずつ加え、さらに20~30秒火を通してしっかりとトロミをつける。

 

マーボーニラ玉 作り方

弱めの中火くらいにし、

  • 取り出しておいた卵
  • ニラ 2分の1把 (ざく切り)

を入れ、混ぜてトロミを絡ませる。(ニラは生っぽくて全然OK)

  • ゴマ油 小さじ1

を垂らして火を止める。

 

たっぷりの粗挽きコショウをかけ、好みで酢をかけながら食べる。

マーボーニラ玉

 

これは、たまらん……。

マーボーニラ玉

 

ホンワリ卵としゃっきりとしたニラに、マーボー味は言うことなし。

ひき肉が絡んでくるのが、また死ねる。

 

酒

またこれが酒に合うのは、あらためて言うまでもないことだ。

これだけ酒に合うツマミと一緒に飲まれれば、酒も幸せというものだ。

 

「屁理屈はよくないよ。」

チェブ夫

そうだよな。





 

ユウキ 四川豆板醤 130g
 



拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-,