【ゴーヤと卵のキムチ炒め】まさに必殺。

2016/04/13

ゴーヤと卵のキムチ炒め

 

これから夏にかけて出てくるゴーヤ、栄養がスゴイらしい。特に豊富に含まれるのはビタミンCで、これが「ビタミンCといえばレモン」とも思えるレモンの4倍、トマトの5倍、ビタミンCが多く含まれるといわれるキウイよりさらに多いのだそうだ。

しかもこのビタミンC、ゴーヤに含まれるものはビタミンCの中で唯一、熱に強いのだとのこと。ゴーヤチャンプルーなどにしても全く失われることはないそうだ。

夏野菜はナスとかきゅうりとか、ビタミンCが含まれるものが全般に少ない。これが夏バテの原因にもなるそうだから、ゴーヤは精々食べる手なのだ。





 

それでこのゴーヤを食べるには、代表的なのはゴーヤチャンプルー。これがウマイことにもちろん文句などあるはずがない。

しかし実はゴーヤは、キムチとの相性が大変いい。ゴーヤと近縁のきゅうりがキムチの定番であることからも分かる通り、キムチは青臭い野菜とよく合うのだ。

 

そこでこのゴーヤと卵のキムチ炒め。

ゴーヤと卵のキムチ炒め

わりと簡単に作れて死ぬかと思うほどウマイので、試してみた方がいいのではないかと思う。

 

作り方は、要は豚キムチにゴーヤと炒めた卵を入れたもの。ゴーヤと卵の相性がいいのは、ゴーヤチャンプルーで証明済みだ。

火加減は弱めにしておくのがおすすめ。ゴーヤにキムチの味を吸わせながら、炒め煮にする按配だ。

 

ゴーヤと卵のキムチ炒め 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1~2 (サラダ油は多いほど卵がふっくらとするけれど、そのかわりカロリーも増える)

を入れて中火にかけ、フライパンがよく温まったら、

  • 溶き卵 3個分

を流し入れる。

あまり細かくかき混ぜず、ある程度固まるまで放置して、大きめにまとめてしっかりと火を通し、皿に取り出す。

 

ゴーヤと卵のキムチ炒め 作り方

再びフライパンに、

  • ゴマ油 大さじ1~2
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1

を入れて強めの弱火くらいにかけ、2~3分じっくり炒める。

そのあと、

  • 豚コマ肉 150グラム
  • キムチ 150グラム (=豚肉と見た目同量くらい)
  • キムチの汁 あるだけ

を入れ、やはり強めの弱火くらいで5~10分じっくり炒め、味をひき出す。

 

ゴーヤと卵のキムチ炒め 作り方

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 塩 少々
  • コショウ 少々

で味をつけたら弱めの中火くらいにし、

  • ゴーヤ 2分の1本 (タテ半分に割ってスプーンでワタをかき出し、3~5ミリ幅に切る)
  • 長ねぎ 2分の1本 (斜め切り)

を入れて2~3分、ゴーヤとネギがしんなりとしてくるまで炒める。

 

ゴーヤと卵のキムチ炒め 作り方

取り出しておいた卵をもどし、1分ほど混ぜて味が絡まったら火を止める。

 

食べながら、粗挽きコショウやパルメザンチーズをかけてもいい。

ゴーヤと卵のキムチ炒め

 

苦いゴーヤとふんわり卵、それにピリ辛キムチの黄金のトライアングルは、まさに必殺。

ゴーヤと卵のキムチ炒め

 

 

そしてこれがまた、言うまでもなく酒に合う。

ここまで酒に合ってしまうと、飲み過ぎるのも不可抗力だと言えるのではないかと思う。

 

「意志が弱いだけでしょ。」

チェブ夫

そうだよな。







創業50年・大阪鶴橋老舗の名店
いまなら会員登録ですぐに使える600ポイントプレゼント!
豊田商店はこちら!

 


ポチッとね。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-