【豚肉とネギのキムチみそ汁】塩辛的な味になって死ぬほど酒に合う

2016/04/11

豚肉とネギのキムチみそ汁

 

唐辛子系の味とみその相性がいいのは知れたこと。豆板醤やコチュジャンは唐辛子をみそに混ぜ込んだものなのだし、マーボーもみそで味つけするのが定石。

みそ汁も、日本でも普通に七味を入れる。これをゴマ油で炒めたキムチにすれば、ぐっとコクが増すというわけだ。





 

あさりのように味が強いものを入れる場合は、みそは赤出しみそがいいけれど、きのうの具は残りもの整理を兼ねて大量に余っていたネギと、それに豚肉、しめじ、ジャガイモ、油あげ。

これでみそ汁を作るのなら、普通のみその方が合う。

だしは煮干し。煮干しはキムチを炒めるときに一緒にゴマ油で炒めてしまえば、別にだしを取る必要はないので手軽だ。

 

ネギは青いところも全部使う。火が通りにくいので先に入れ、白いところはサッと煮るようにするのがコツだ。

 

豚肉とネギのキムチみそ汁

鍋に、

  • ゴマ油 大さじ1~2
  • 煮干し 1~2つまみ (頭とワタを取る)
  • 豚こま肉 100グラム
  • キムチ きのうは100グラム (みそがベースの味つけなので50グラムくらいでも問題ない)
  • ニンニク 1かけ (好みで。すり下ろす)

を入れ、フタをして弱火にかけ、時々混ぜながら5分くらい蒸し焼きにして味をひき出す。

つづいて

  • 長ねぎの青いところ きのうは2本分 (斜め切り)
  • ジャガイモ きのうは中1個 (5ミリ厚さくらいの短冊)

を加え、さらに5分ほど蒸し焼きにする。

 

豚肉とネギのキムチみそ汁

  • 油あげ 1枚 (タテ半分に切ってから1センチ幅くらいに刻む)
  • しめじ 2分の1袋 (石づきを落としてフサを分ける)
  • 長ねぎの白いところ 1本分 (斜め切り)

を入れ、2~3分煮る。

ネギがしんなりしてきたら火を止めて、味を見ながらみそを加える。

 

韓国粗びき唐辛子または一味をかけ、食べながら粗挽きコショウ、パルメザンチーズで味を変えると、冷めても最後まで飽きることなく食べられる。

豚肉とネギのキムチみそ汁

 

酒にもご飯にも死ぬほど合う味。

豚肉とネギのキムチみそ汁

 

それに、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

このキムチみそ汁が酒に合うことといったら、キムチとみそを合わせるとちょっと塩辛的な味になり、スゴイのだ。

これで飲み過ぎないことは、事実上不可能ではないかと思う。

 

「やればできるよ。」

チェブ夫

そうだよな。







創業50年・大阪鶴橋老舗の名店
いまなら会員登録ですぐに使える600ポイントプレゼント!
豊田商店はこちら!

 


ポチッとね。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-