【菜の花と豚肉の吸い物・在日コリアン風】カツオだしとニンニクはうま過ぎて泣ける

2016/03/24

菜の花と豚肉の吸い物・在日コリアン風

 

在日コリアン風の吸い物、これは衝撃の味なのだ。カツオだしといえば「和食のキモ」ともいえるものなわけで、これにニンニクを合わせることは、正直僕もこれまで考えたことが一度もなかった。

ニンニクは魚のだし自体にはとてもよく合い、僕も煮干しだしにニンニクを入れてわかめスープを作ったりはしていた。でもカツオだしには合わないだろうと、ハナから決め付けていたのである。

 

ところがこれが、本当によく合う。プーンと香るカツオの風味に、ニンニクの風味が混ざったものは、ほとんど「快感」ともいえるくらいの魔力。

考えてみたらカツオのたたきは、ニンニクを薬味にするわけだ。カツオの控えめな味とクセのあるニンニクは、日本でも相性がよいものとして認められていたことになる。





 

さてそういうわけで、このカツオだしとニンニクの魅力がどうしても忘れられず、きのうもまた在日コリアン風吸い物にした。具は、豚肉と菜の花、豆腐とネギ。

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風

 

豚肉の吸い物は、まあ「肉吸い」なのであって、関西ではわりとポピュラー。上の具の組み合わせも、和風の肉吸いとして全くおかしくないと思う。

ただ肉吸いを和風で作ると、実は一味足りないのだ。これは肉としょうゆの相性がよくないからで、カツオだしは肉としょうゆを接合する役割を果たすのだが、まだそれだけだと力が足りない。

 

そこで登場するのが「生卵」なのだ。すき焼きを生卵で食べるのと同様、肉吸いの場合も卵を割り落としたり、卵かけご飯を添えたりする。

ところがニンニクは、肉としょうゆを強力に結びつける作用がある。1かけ入れれば、卵がなくても味のバランスが完全に整うのだ。

 

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風

 

作るのはまったく難しことはないし、時間もかからない。

コツといえば菜の花を煮過ぎないことくらいだから、初心者でも大きく失敗することはないと思う。

 

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風 作り方

鍋に、

  • 水 3+2分の1カップ (3カップのだしが取れる)
  • ニンニク 1~2かけ (たたき潰して薄皮を取る)

を入れて中火にかけ、煮立ってきたら一旦火を止め、ザルを据えて、カツオ節15グラム(2.5グラム入りパックなら6袋くらい)を入れて、弱火をつける。

30秒くらい小さく煮立てながら煮出し、火を止めて2~3分置き、だし殻を軽く絞ってとり出す。

(ニンニクは入れたままでいい)

 

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風 作り方

この3カップのだしに、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 薄口醤油 大さじ2 (濃口醤油なら小さじ2)
  • 塩 少々 (このあと豆腐が入るから、ちょっとだけ強めにしておく)

で味をつけ、

  • 豚うす切り肉 150グラム (きのうはバラ。食べやすい大きさに切る)
  • 豆腐 2分の1丁 (食べやすい大きさに)
  • 長ねぎ 10センチくらい (斜め切り)

を5分くらい、弱火で煮る。

 

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風 作り方

火を少し強めて(=強めの弱火)、菜の花・1パック(長ければ半分くらいに切る)を、まず茎、つづいて葉を入れて1分ほど、ちょっと食べ応えが残るくらいに硬めに煮て、最後に味をみて塩加減する。

 

器によそい、韓国粗びき唐辛子(一味唐辛子)をたっぷりかける。

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風

 

これうま過ぎて、マジで泣けますよ。

豚肉と菜の花の吸い物・在日コリアン風

 

あとは、ジャガイモご飯。

ジャガイモご飯

鍋に、

  • 研いで15分くらいザルにあげておいた米 1カップ
  • ジャガイモ(中) 1個
  • 水 1カップ
  • 酒 小さじ1
  • 塩 小さじ4分の1

を入れて、普通に炊く。

 

酒

 

この豚肉と菜の花の吸い物・在日風、飲み過ぎてしまうのも仕方がないのは言うまでもないことだ。

しかしここまで酒に合ってしまうと、飲まないのは酒に失礼というものなのだ。

 

「失礼じゃないよ。」

チェブ夫

そうだよな。





 

ヒガシマル薄口醤油「秀醇」1L
 

ユウキ 粗挽き韓国唐辛子 200g
 



ポチッとね。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-