【豚肉とチンゲン菜の中華風うどん】王道の味なのだ。

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん

豚肉と青菜のうどん」といえば、軽い食事とか酒のシメとかには、まさに打って付け。これはその「中華版」とも言うべきもの。





 

味つけのベースはみりんと薄口醤油。そこに昆布と削りぶしのクセを強くしたものに相当する、干し椎茸と干しエビ、オイスターソースのだしを使い、ニンニクやゴマ油などの中華素材でコクをつけ、和風うどんだしを中華に拡張したものだから、うどんには言うまでもなく合うのである。

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん

 

和風なら、豚肉には水菜がよく合うが、中華は炒めて作るから、炒めてもシャキシャキ感を失いにくいチンゲン菜を使う。ここに和風の場合なら、油あげにシメジなどを加えるのが定石だが、キノコにはだしにも使う干し椎茸と、あとはタケノコを加えた。

油あげは汁を含ませ、それを麺と一緒に口に運ぶために入れる。中華では汁にトロミをつけて麺に絡ませるから、その役割は必要ない。それよりは、青菜と相性がいいタケノコとか、彩りのニンジンとかを入れた方が効果的だ。

あとは和風だと薬味としていれるネギや一味は、長ねぎと豆板醤を一緒に炒めるようにした方が、よりウマイ。

 

要は和風で王道の味を中華に変換したものだから、うまいのは決まっている。おまけにニンニクが入るから、体が温まることこの上ない。

作るのは大して難しくはないし、時間もそうかからない。試してみた方がいいと思う。

 


創業50年・大阪鶴橋老舗の名店
いまなら会員登録ですぐに使える600ポイントプレゼント!
豊田商店はこちら!

※ここのキムチまじでおいしく、しかも安くておすすめですよ。(⇒ ブログ記事

 

うどんはゆで麺でも冷凍でも、好きなのを使ったらいいのだが、僕がいつも使っているのはゆで麺で、シマダヤの「細切り稲庭風うどん」。

うどん

これは1玉80円くらいするやつなのだが、さすが値段だけのことはあってプリプリしてるし、細いから食べ応えもいい。

 

今回のは、チンゲン菜にしてもうどんにしても、火を通しすぎても極端にまずくなるものはないから、下に書いたレシピ通りにやれば、それほど失敗もないと思う。

だしを入れる前ならば、野菜を切ったりするのが間に合わなければ、何度火を止めてしまっても問題ない。

 

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん 作り方

まずは干し椎茸と干しエビのだしを取る。

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ (2カップのだしが取れる)
  • 干し椎茸(中) 2枚
  • 干しエビ 大さじ1程度

を入れて中火にかけ、煮立ったら火を止めて、そのまま15分くらい置く。

 

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (押しつぶして薄皮を取り、みじん切りにする)
  • 豆板醤 小さじ1

を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

一旦火を止め、豚コマ肉・100グラム(食べやすい大きさに切る)を広げて入れ、

  • 酒 小さじ1
  • 塩 小さじ4分の1
  • コショウ 1振り

を振りかけて、ふたたび弱火でさらに炒める。

 

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん 作り方

豚肉に火が通ったら、(一旦火を止めてもいい)、

  • もどした干し椎茸 (汁気をしぼり、石づきの先端だけ切り落として5ミリ幅くらいに切る)
  • もどした干しエビ
  • 長ねぎ 10センチくらい (斜め切り)
  • 水煮タケノコ 4分の1本 (2ミリ厚さくらいの食べやすい大きさに切る)
  • チンゲン菜 1株 (葉と茎のところで切り分け、葉はさらにタテを半分に、茎は8等分のくし切りにする)

を入れて中火で1~2分、チンゲン菜がしんなりとしてくるまで炒める。

  • 干し椎茸のもどし汁 2カップ
  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 薄口醤油 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ1
  • コショウ 1~2振り

を加え、1分ほど煮て味をなじませる。

 

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん 作り方

うどん・1人前を入れ、ゆでうどんなら箸でほぐしながら60秒、冷凍ならほぐれるまで、中火で煮る。

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を、混ぜながら少しずつ加えてトロミをつけ、

  • ゴマ油 小さじ1
  • 酢 小さじ1

を加え、ひと混ぜして火を止める。

 

器によそい、好みで粗挽きコショウをかける。

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん

 

これはマジで、たまらないっすよ。

豚肉とチンゲン菜の中華風うどん

 

 

酒

しかしこれも、非常に酒に合うのである。

しかし料理がうまくて酒が進むなら、それはいいことで問題ないのだ。

 

「誘惑しない。」

チェブ夫

そうだよな。







ポチッとね。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-