超ホクホクで死ぬ。【ほうれん草とひき肉の中華風カレーうどん】

2016/02/22

ほうれん草の中華風カレーうどん

ほうれん草とひき肉をマーボーの要領でカレーうどんに仕立てたもの。超ホクホクで、これはマジで、ちょっと死ぬ。

 





 

マーボーは汎用性が高い料理で、一度覚えてしまえば幅広く応用がきく。まず入れる具が豆腐やナスなどの定番はもちろんのこと、白菜やもやし、大根やカブなどやわらかいものなら何でもイケる。

それからカリッと焼いた焼きそばにかけるのもウマイし、汁を増やしてラーメンを入れてもいいから、食べ方のバリエーションも色々ある。

 

そしてさらに特筆すべきは、まったくおなじ作り方でカレー粉を加えるだけで、「おいしいカレー」になるということ。

そのカレーというのが、「マーボー味のカレー」ではない。徹頭徹尾、ふつうのカレー。

なのでこのカレー粉を加える技をつかえば、マーボーのバリエーションは一気に倍になるのである。

 

というわけで、きのうはこのバリエーションの一つ、ほうれん草とひき肉の中華風カレーうどん。

ほうれん草とひき肉のカレーうどん

「ほうれん草と挽肉の中華風カレー」は、「カレー味のマーボーほうれん草」と言い換え可能。

そしてカレーとなれば、「冬はうどん」となるわけだ。

 

作り方は、マーボーとほんとに同じ。カレー粉は、ひき肉を炒める最後の段階で醤油などの調味料と一緒にくわえる。

具はタケノコをきのうは加えた。タケノコは、ほうれん草や菜の花など、青菜全般との相性が非常にいい。

 

ほうれん草は、あっという間に火が通る。

なのでクタクタにし過ぎないよう、初めにサッと炒めておいて、最後に加えるようにする。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

まずは干し椎茸のだしを取る。

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ (2カップのだしが取れる)
  • 干し椎茸(中) 3枚

を入れ、フタをして中火にかけ、煮立ったら火を止めて15分くらい置く。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

並行してほうれん草を炒める。

フライパンにサラダ油・大さじ2分の1くらいを入れて中火にかけてよく熱し、ざく切りにしたほうれん草・2分の1把を、まず根の部分、つづいて茎、さらに葉と入れていく。

これはとにかく炒め過ぎないことが肝心。

1分くらいで炒め上げ、皿にとり出しておく。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

あらためてフライパンに、

  • サラダ油 大さじ1~2 (油は多い方がうまいが、あとはカロリーとのトレードオフ)
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • ショウガ 1~2センチ大 (みじん切り)
  • 長ねぎ 5センチくらい (みじん切り)
  • 豆板醤 小さじ1~2 (カレー粉が入るのでマーボーよりはやや少なめにする)

を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

つづいて豚ひき肉・100グラムを入れ、スプーンで押しつぶしてほぐしながら5分くらい、ひき肉の水分が「ジュージュー」と弾ける音が収まってくるまでじっくり炒める。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 薄口醤油 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • カレー粉(S&B赤缶) 大さじ1
  • もどした干し椎茸 (汁気をしぼり、石づきの先端だけ切り落としてみじん切り)

を入れ、さらに2~3分じっくり炒めて肉に味を含ませる。

マーボーは、肉をじっくり炒めることがとにかく肝心。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

タテ半分に切り、2ミリくらいの厚さに切ったタケノコ・4分の1本を加えて1~2分、サッと炒めて味を絡ませる。

干し椎茸のもどし汁・2カップを加え、中火にして煮立ってきたら弱火に戻し、4~5分煮て味をなじませる。

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

中火にしてゆでうどんを入れ、1分煮る。

1分したら火を弱め、すかさず、

  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2

を溶き混ぜた水溶き片栗粉を、スプーンで少しずつ混ぜながら入れてトロミをつける。

(トロミをつけるのはうどんが伸びるのを止める効果もあるから、すかさずやること)

 

ほうれん草と挽肉のカレーうどん 作り方

皿にとり出しておいたほうれん草を戻す。

  • ゴマ油 小さじ1
  • 酢 小さじ1

を入れ、ひと混ぜして火を止める。

 

どんぶりによそい、好みで粗挽きコショウをかける。

ほうれん草と挽肉のカレーうどん

 

これはマジで、ちょっと死ぬ。

ほうれん草と挽肉のカレーうどん

 

コッテリとコクのあるとろみがついたカレーの汁が、プリプリうどんに絡みまくり。

超ホクホクに温まり、やはり冬はコレなのだ。

 

ただしこのカレーうどん、欠点が一つある。

ほうれん草と挽肉のカレーうどん

酒に、あまりにも合うのである。

おかげできのうは、酒が進むこと、進むこと・・・。あり得ないほど飲んでしまい、きょうは二日酔いで気持ちが悪いという有様だ。

 

「いい年なんだからわきまえて。」

チェブ夫

そうだよな。






ポチッとな。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-,