いいラーメン屋。【四条堀川・麺対軒】

2016/01/18

麺対軒

京都・四条堀川にある「麺対軒」。ここはいいラーメン屋。

 

◎スポンサーリンク


 

大阪市ヘイトスピーチ条例可決後の乾杯を一人でしたのは、京都・四条堀川にあるラーメン店「麺対軒」。

麺対軒

ここはいいラーメン屋だと思う。

 

まず値段が670円。消費税込みの値段だから、本体650円という話。

麺対軒

 

今どきラーメンで、700円を切るのは少なくなっているだろう。値段が安いということは、それだけ「お客の立場に立っている」ということで、飲食店を選ぶ際には大事なことだ。

 

それでいて、ラーメンの質は高い。

麺対軒

 

京都の老舗ラーメン店「新福菜館」の流れをくむラーメンで、濃厚でやや甘みのある「そばつゆ」的な味が特徴。新福菜館本店とはちがってニンニクも入っているから、ガッツリと行くにはうってつけ。

それにチャーシューともやし、ネギがいずれもたっぷり入っているから、とても670円とは思えない。

 

麺はやや太めの丸麺で、かなり強いコシがあり、これがスープにしっかりからむと「重量級」という趣だ。

麺対軒

 

ちなみに上のセットは「ラーメンセット」900円で、焼き飯(小)がついてくる。

麺対軒

この焼き飯がまた特徴があり、味つけにラーメンのタレを使っていて、濃厚な味がする。

この店は、チャーハンをメインに食べに来る人もいるほどだから、食べられるなら、チャーハンも頼むのがおすすめなのだ。

 

それからこの店は、酒のつまみが色々とあるのもポイントだ。ここで初めから酒を飲み、シメにラーメンを食べるという使い方もできる。

 

つまみでおすすめの筆頭なのは、「生ビールセット」。

麺対軒

生ビールと餃子5個で「400円」という、完全ダンピング価格である。

 

あとはつまみとしてメンマやキムチ、チャーシュー、ねぎチャーシュー、豚キムチなど。

きのうはチューハイとキムチをお代わりした。

麺対軒

チューハイ450円はレギュラー缶で出てくるから、これを氷の入ったジョッキに入れると、2杯分ちかくある。

 

このキムチ150円がまたうまかった。とても濃厚。

どこのキムチか聞いてみたら、「ほし山」だとか。ほし山は京都キムチ店のトップブランドといえるところで、値段も高い。

こういう細かいところにきちんとこだわり、しかもそれを安く出すのは「いい店のしるし」だと思う。

 

京都の店らしく、途中で味を変えるための調味料も充実している。

麺対軒

麺対軒

 

「お酢」があるのがポイントで、これは餃子のためではない。ラーメンに甘みがあるから、ここに練り唐辛子で辛味をつけ、お酢を入れると、「酸辣湯」的な甘辛酸っぱい味になっておいしいという意味だろう。

やはりこのラーメン屋は、味をよく分かっているとあらためて思った次第。

 

最後にお勘定をして、また驚いた。

1万円札をだし、「5千円札がなくてすみません」と言いながら返された8枚の千円札の、向きが全部揃っているのだ。

高級店ならともかく、安いラーメン屋でここまでお客さんの立場に立つのは、なかなかできないことだと思う。

これをもって、「おれのラーメン屋のホームグラウンドはこの店」と決定した。

 

◆麺対軒
  • 住所 京都市下京区四条堀川東入る柏屋町14
  • 電話 075-241-1851
  • 定休日 火曜
  • 営業時間 月~土:11時~24時30分、日:11時~23時








にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-084 飲食店