ほっこり温まってたまらん。【韓国風雑煮】

韓国風雑煮

塩味のだしで煮込んで卵で閉じた、韓国風のお雑煮。ほっこりと体が温まり、マジでたまらん。

 

◎スポンサーリンク


 

「お雑煮にもニンニクを!」の第2弾。言うまでもなく韓国風。

韓国風雑煮

韓国のお雑煮は「トック」なわけで、韓国ではこれをお正月にかぎらず、年中食べるみたいだ。考えてみたら日本では、どうしてお雑煮を正月にしか食べないのか、不思議なところだ。

 

韓国には韓国の餅がある。でもべつに、日本で雑煮を作るなら、韓国風であったとしても、日本の餅を使えば問題はないのである。

ただし韓国の餅は、煮込んでも形をたもつよう、調整されているようだ。これを日本の餅でやる場合、煮込み過ぎると溶けてしまうので、注意する必要がある。

 

だしは年末に時間をかけて取った、激ウマの鶏がらだしがあるから、それを使う。でもこれは顆粒のガラスープを使っても、また煮干しだしでも、問題はまったくない。

 

 

韓国風雑煮 作り方

鍋に、

  • 鶏がらスープ 1+2分の1カップ
  • 短冊に切った大根 4センチ分くらい
  • 短冊に切ったニンジン 4センチ分くらい
  • 細く切った油あげ 2分の1枚

を入れて中火にかける。

 

韓国風雑煮 作り方

  • 酒 大さじ1
  • 塩 少々

で味をつけ、

  • うす目に切った鶏肉 100グラム
  • うすく切ったシイタケ 2~3枚
  • 餅 2~3個

を入れて煮る。

 

韓国風雑煮 作り方

餅がやわらかくなってきたら、

  • 溶き卵 2個分

を流し入れ、弱火でフタをして、卵が固まるまで煮て、最後に粗挽きコショウをたっぷり振る。

 

 

器によそい、韓国海苔と青ねぎ、ゴマをかける。

韓国風雑煮

 

ほっこり体が温まり、マジでたまらん。

韓国風雑煮

 

 

あとは、蒸し豚など、元旦同様の韓国おかず。

蒸し豚

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

きのうはお雑煮に韓国おかずで、量が半端なかったのだ。

おかげでお腹が超いっぱいになってしまい、酒があまり飲めなくなってしまったのが、失敗だった。

 

「それでいいじゃん。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉