これはたまらん。【手羽元とキャベツの中華風うどんすき】

2015/12/23

手羽元とキャベツの中華風うどんすき

手羽元とキャベツ、その他の野菜を中華風・水炊きにしたうどんすき。中華風水炊きは、ほんとにうまくてたまらないすよ。

 

◎スポンサーリンク


 

とにかくハマりやすい性格なのだ。一度何かに囚われると、抜け出せなくなる。

以前はそれが、テレビだった。とにかく、消せない。休みの日など、一旦テレビをつけてしまうと延々と観だし、朝から夜寝るまで観つづけるなどというのも珍しくなかった。

それでとうとう、テレビは捨てた。おかげで生活に平穏がおとずれた、、、

はずだったのだが、代わりに現れたのが、ツイッターだったのだ。

 

やはり、見だすとやめられない。それでも以前は、ツイッターを見るにはパソコンを開くしかなかったから、年がら年中見ているというほどではなかった。

ところが春に、ガラケーをスマホに替えた。するといつでもどこでも、ツイッターを見ることができる。となれば、やめられなくなるわけである。

特に最近寒くなり、布団から出るのが億劫で、布団のなかでツイッターを見るようになった。このヌクヌク感とダラダラ感がなんとも気持ちがよく、1時間でも2時間でも、布団のなかでスマホをいじっているようになった。

さすがにそれでは、生活に支障をきたすのだ。

 

そこできのうは一念発起し、ツイッターの投稿を全部は見ないようにした。ごく限られたものだけで我慢して、布団から出るようにしたら、朝起きたあとも昼寝のあとも、わりとテキパキ段取りをこなすことができた。

「これはいい、、、」

そう思っていたのである。

 

夜になり、酒を飲む時間になった。

「いままで我慢していたから、夜は投稿を全部見よう、、、」

そう思い、酒を飲みながらツイッターを見はじめた。

ところがこれが、終わらないのだ。

 

下から上へ、時間軸に沿って見ていくと、「だいぶ見終わった」と思ったころ、また上に新しい投稿が入ってくる。見ても見ても、そのたびごとに新しい投稿が増えるから、終わりまでたどり着けない。

そうこうしているうちに、酒は進む。1杯が2杯、2杯が3杯、、、

酔いが回れば、ツイッターを見るのもなおさら楽しくなる。おかげで何とか、一番上までたどり着いたときには、目も当てられない泥酔状態、料理を作りはじめる時点で、ほとんど記憶がないほどだった。

 

料理を作り、また食べながら、もちろんさらに酒は飲む。

おかげできょうは、またしてもひどい二日酔い、仕事ができるかどうか、不安この上ないのである。

 

 

というわけで、泥酔しながら作ったのは、手羽元とキャベツの中華風うどんすき。

手羽元とキャベツの中華風うどんすき

「中華風」とは、水炊きの煮汁にニンニクを入れ、タレのぽん酢にラー油とゴマを入れるもので、これが「毎日食べてもいい」と思うくらい、うまいのだ。

 

「手羽元とキャベツ」は、自炊隊で似たのを見て、食べたくなった。せっかくだからやや洋風に、じゃがいもと玉ねぎも入れた。

でもさらに、ニラやシメジも加えたから、「洋風」というわけでもない。

うどんは、中華風の味つけでも、死ぬほど合う。

 

手羽元とキャベツの中華風うどんすき 作り方

鍋に、

  • ニンニク 2~3かけ
  • 包丁の腹で押しつぶしたショウガ 2センチ大ほど
  • だし昆布 10センチほど
  • 酒 2分の1カップほど

を入れて水を張り、中火にかける。

 

手羽元とキャベツの中華風うどんすき 作り方

続いて、

  • うすく塩コショウをすり込んだ手羽元 8本

を入れ、煮立ってきたらサッとアクを取って弱火にし、20~30分、じっくり煮る。

 

手羽元とキャベツの中華風うどんすき 作り方

  • 大きめのざく切りにしたキャベツ 4分の1玉
  • 1センチ厚さくらいに切ったじゃがいも 2個
  • 細切りにしたニンジン 5センチほど
  • うどん 1玉

を入れ、さらに5分ほど、じゃがいもが概ねやわらかくなるまで煮る。

 

手羽元とキャベツの中華風うどんすき

最後に、

  • ばらしたシメジ 2分の1袋
  • ざく切りにしたニラ 2分の1把

を入れ、サッと煮て食卓へ出す。

 

 

タレは、

  • ぽん酢
  • 青ねぎ
  • ラー油
  • ひねり潰したゴマ
  • 粗挽きコショウ

手羽元とキャベツの中華風うどんすき

 

これは、ほんとにたまらない。

手羽元とキャベツの中華風うどんすき

 

中華風水炊きは、ふつうの日本風水炊きより、絶対うまい。

鶏肉と、キャベツ、じゃがいもも、またよく合う。

 

 

酒は、焼酎水わり。

 

きのう飲み過ぎたから、きょうはもう、酒は見たくもない気分。でももちろん、昼飯を食うときには、たぶん飲むのだ。

飲まないと、どうやって食事を食べたらいいか、おれはよく分からないのである。

 

「やればできるよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉