ほんとに死ぬ。【キムチみそ煮込みうどん】

2015/12/18

キムチみそ煮込みうどん

きのうは、キムチみそ煮込みうどんを食べた。キムチと八丁みそで、鶏肉や野菜を煮込んだもので、強烈なコクがあり、ほんとに死ぬ。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうも、仕事は捗らなかった。

おとといの飲みのシメに、ラーメンに加えてチャーハンまで食べたので、きのうは一日腹が減らず、昼飯は食べなかった。なので当然、歯も磨かなかった。

すると夕方になり、歯茎が猛然と痛みはじめたのである。

 

よくよく考えてみたら、朝コーヒーショップで、サンプルとして提供されていたビスケットを1かけ食べた。その残りカスが、歯周ポケットに詰まったらしい。

まさかそんなことで、歯茎が炎症を起こすとは思ってもみないわけだ。「年を取るのはなんと忌々しいものか」と、おれは自分で自分を呪った。

 

しかもその歯茎の炎症に、歯根に潜んでいる細菌どもが乗っかってくるのだ。

以前にした治療の不備で、おれの右上奥歯の歯根には、細菌の住処がある。それをきちんと治療しないままでいるために、炎症がちょっと起こると、一緒になって暴れだす。まったくタチの悪い奴らなのだ。

 

それでコーヒーショップで仕事をしようと思っても、もう歯茎が痛くて痛くて、たまらなくなった。仕事を中断し、家にもどって歯を磨かずにはいられなかった。

家にもどれば酒があるから、そろそろ夜だし、それは飲んでしまうだろう。おかげで仕事は、ボロ残りになってしまった。

 

おととい仕事をしなかったから、きのうはほんとは、その分を取り返さなければいけないはずだった。

それなのに、また仕事をしないのだから、おれはこれから、どうやって生きていったらいいのか分からないのである。

 

といいつつも、順調に酒は飲む。きのうの肴は、キムチみそ煮込みうどんにした。

キムチみそ煮込みうどん

 

買ってから、3週間がたったキムチがあったのだ。キムチは冷蔵庫に入れておくと、発酵が進んでいく。はじめはそのまま食べるとうまく、1~2週間たって酸っぱくなると、今度は料理に使うとうまい。

3週間は、そろそろ「発酵しすぎ」になりつつあり、使い切ってしまわないといけなかった。

 

キムチを使った料理といえば、やはりまずは、豚キムチ。それから、キムチ鍋。あとはサンマやイワシなどの青魚を煮るのもうまい。

そして実は、キムチはみそ汁に入れるとうまいのだ。

 

一番簡単にやるのなら、ふつうに作ったみそ汁にキムチを乗せ、青ねぎをかけ、ゴマ油を1たらし。これだけで、みそ汁が「別次元」とも思える味になる。

みそもキムチも、発酵食品。みそ汁に納豆を入れるとうまいのと同じ話で、発酵食品どうしは合うということなのだと思う。

 

さらにこのみそ汁を煮込むと、味は一層深くなる。

ただしもちろん、みそを煮込もうと思ったら、八丁みそを使う必要がある。

八丁みそ

普通のみそが、煮込んでしまうと風味が飛ぶのにたいし、八丁みそは「煮込めば煮込むほどうまくなる」といわれる。普通のみそと八丁みそは、使い方としては「別のもの」と思ってもいいほどだ。

 

八丁みそは、煮込むほかにも、炒め物の調味料として使ったり、中華や洋食のベースにしたりと、実にさまざまな使い出がある。

麦みそを混ぜて使いやすくした「赤出しみそ」を常備しておくのはおすすめだ。

 

さてキムチと八丁みそを煮込むのだから、やはりうどんを入れて、みそ煮込みうどんにするのがうまいだろう。

具は、みそ煮込みうどんでは定番の鶏肉と、ゴボウ、厚揚げ、それに大根やらニンジンやら、鶏肉と相性がいいネギやらしいたけやら、さらには玉ねぎやら、冷蔵庫に残っていた野菜を片っ端からたたき込むことにした。

 

キムチを煮込む場合には、はじめにゴマ油と炒めると、味が引き立つ。そこにニンニクと煮干を加えると、さらにコクが増すわけだ。

 

 

キムチみそ煮込みうどん 作り方

鍋に、

  • ゴマ油 大さじ1~2
  • キムチ 300g入りパック3分の1(=100g)ほど
  • キムチの汁 あるだけ
  • ニンニクみじん切り 1~2かけ分
  • 頭とわたを取った煮干し 1つまみ
  • 食べやすい大きさに切った鶏(もも)肉 1枚

を入れて、強めの弱火くらいにかけ、ときどき混ぜながら5分くらいじっくり炒め、味をなじませる。

 

キムチみそ煮込みうどん 作り方

  • 短冊に切った大根 5センチくらい
  • 短冊に切ったニンジン 5センチくらい
  • ささがきにして5分ほど水にさらしたゴボウ 1本
  • 1センチ暑さくらいに切った厚揚げ 5センチ角くらい

を加えてさらに軽く炒め、味が絡まったところで、水・3カップを加えて2~3分煮て、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 赤出しみそ 大さじ4~5(味を見ながら)

で味付けし、さらに5分くらい煮る。

 

キムチみそ煮込みうどん 作り方

ここで、

  • ざく切りにした長ねぎ 10センチくらい
  • 半分に切ったしいたけと、石突の上半分 4枚
  • 横に切った玉ねぎ 2分の1個

を入れたら、あまりにも鍋が一杯になってしまい、うどんが入る余地がなくなった。

 

キムチみそ煮込みうどん 作り方

そこで一回分を小鍋に取り、

  • うどん 1玉
  • 生卵 1個

を加えて、フタをして、さらに5分くらい煮る。

 

 

たっぷりの青ねぎと、粗挽きコショウをかける。

キムチみそ煮込みうどん

 

これは、ほんとに死ぬ、、、

キムチみそ煮込みうどん

 

キムチに赤出しみそ、さらにニンニク、煮干し、鶏肉、野菜で、強烈なコクなのだ。そのコクが、うどんにしっかりしみている。

それに、粗挽きコショウがまたよく合うのだ。

卵ははじめから溶いてしまわず、まずはそのまま十分食べ、最後に味を変えるためにつぶすのがおすすめだ。

 

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

仕事はしなくても、酒は飲む。おれは酒を飲むために生きているわけだから、それが正しい。

あとはどうせ死ぬだけだから、やりたいことをやるのが大事なのだ。

 

「悲惨な老後を送るよ、ぜったい。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 

 

キムチお取り寄せなら大阪・鶴橋「豊田商店」

 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

 

-012 鶏肉
-