これは死ぬ。【マーボー大根】

2016/01/21

マーボー大根

きのうは、マーボー大根。やわらかく煮えた大根と、コッテリ・ピリ辛のマーボーは異常に合い、これはまちがいなく死ぬから、絶対に作るべき。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうも案の定、仕事はあまりできなかった。旅の疲れが今ごろ出てきたからだ。

しかも出てきただけではない。それが何日もつづく。

 

9月に東京へ行ったときには、それで体調をくずした。1週間くらいして風邪を引き、熱は3日ほどで下がったものの、結局1ヶ月くらい、ずっと調子が悪かった。

若いころには、なかったことだ。多少の無理をしたとしても、一晩ぐっすり寝れば、疲れは取れた。

 

長生きは、したくないものだ。だいたいついこないだまで、人生は50年だったのだから、べつにそれでいいではないか。

もうあとは死ぬだけなのに、それが20年も30年もつづくようでは、気が滅入る。

神様には、早く「お役御免」と、してもらいたいところである。

 

とは思うのだが、酒を飲めば、それも忘れる。おれはほんとに、酒だけ飲んで人生を全うしたいのだが、そうもいかないのがツライところだ。

きのう作った肴は、マーボー大根。

マーボー大根

「絶対につくろう」と、昼間から決めていた。

 

だいたい、うまいに決っている。あんかけの肉みそをかけたふろふき大根は、大根の代表料理の一つ。マーボーは、その「中華版」という話。

大根だけではちょっと寂しかったので、きのうは厚揚げと、それに彩りとして、しゃっきりと炒めたピーマンを入れた。

 

マーボーは、書いてある通りにやれば、べつに失敗もしないと思う。ふつう使うことになっている甜麺醤は、赤出しみそで完全に代用できるから、買わなくていい。

 

それからマーボーは、中国山椒「ホワジャオ」を使うのが流行りだ。でもこれも、マーボー以外に使い途はないのだから、よっぽどマーボーを作るのなら別として、だいたいは戸棚の肥やしになるのがオチだ。

これが実は、「粗挽きコショウ」で完全に代用できる。

粗挽きコショウとマーボーはおどろくほど合うから、試してみるのはおすすめだ。

 

 

まずは、大根を下ゆでする。

マーボー大根 作り方

皮をむく必要はないから、そのまま2センチ大くらいに切り、15分~硬いのだと30分くらい、弱めの中火くらいでしっかりと沸騰させながら、串がすっと刺さるようになるまでゆでる。

 

マーボー大根 作り方

それからピーマンも、やはり2センチ大くらいに切り、サラダ油・大さじ2分の1くらいを入れて中火にかけたフライパンで、さっと歯ごたえを残すようにして炒め、皿にとり出しておく。

 

マーボー大根 作り方

あらためてフライパンに、

  • サラダ油 大さじ2
  • 豚ひき肉 150グラム
  • ニンニクみじん切り 1かけ分
  • しょうがみじん切り ニンニクと同量くらい
  • 豆板醤 小さじ2~3
  • 八丁・赤出しみそ 大さじ1

を入れて中火にかけ、3~4分か、ひき肉をスプーンで押しつぶしてほぐしながら、水分が弾ける「ジュージュー」という音が収まってくるまで、じっくり炒める。

 

マーボー大根 作り方

下ゆでした大根と、1~2センチ大に切った厚揚げを加え、サッと炒めたら、

  • 水 1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 淡口醤油(淡口にするのは色を鮮やかにするため) 小さじ2くらい
  • 黒コショウ 1ふり

で味付けし、落としブタとフタをして15分ほど、弱火でじっくり煮る。

ちなみにもし時間があれば、煮たあと火を止め、フタをしたまま冷ませば、よりしっかり味がしみる。

 

マーボー大根 作り方

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を、混ぜながら入れてトロミをつけ、

  • とり出しておいたピーマン
  • 小口切りの青ねぎ 1つまみ
  • 酢 小さじ1
  • ゴマ油 小さじ1

を入れて、全体を大きく返して火を止める。

 

 

皿に盛り、たっぷりの粗挽きコショウをかける。

マーボー大根

 

これは、死ぬ、、

マーボー大根

 

ホックリと煮えた、やわらかい大根。

そこにコッテリ・ピリ辛のマーボーが絡んでいるのは、本当にたまらないから、これはぜひ作るべきだ。

 

あとは、わかめスープ。

わかめスープ

頭とわたを取った煮干しとニンニク1かけ、たっぷりのわかめを20~30分、わかめがトロトロになるまで煮て、細く切った油あげともやしを加えてさらに煮て、酒と、みりん少々、淡口醤油と、コショウ少々で味付けし、お椀によそって、青ねぎとゴマをかける。

 

それに、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

 

疲れているのに、酒はいつも通り飲み過ぎる。

飲み過ぎれば疲れに加え、二日酔いまで残るのに、疲れていればいるほど酒はうまいわけだから、それも仕方ないのである。

 

「飲まずに早く寝ればいいのに。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-