うますぎて泣ける。【マーボー肉じゃが】

2016/01/21

マーボー肉じゃが

きのうは、マーボー肉じゃが。肉じゃがをマーボーの汁で煮るというやつで、これがまたウマすぎて、泣ける。

 

◎スポンサーリンク


 

年は取りたくないものだ。年を取るとだんだんできにくくなってくることの一つとして、「寝る」というのがある。

若いころは、36時間ぶっ通しで遊び、その疲れを、18時間ぶっ通しで寝て取るなどというのは、日常茶飯事。目が覚めたら8時で、「学校行かなくちゃ」と家を飛び出してみたら、「夜だった、、」などというのも決して一度や二度ではない。

でも年を取るにつれ、寝られなくなってくるのだ。

 

だいたい、6時間くらい寝たら、目が覚めてしまう。二度寝して、何とか7時間。

9時間など寝れたときには、達成感で飛び上がりそうになる。

 

なので疲れを取るのに、難儀することになるわけだ。

そこで、やはり必要となるのが、昼寝である。

 

だいたいいつも、ブログを更新し、家に帰って酒を一杯飲みながら飯を食い、それから昼寝する。通常は、30分くらい寝て、さらにそのあと30分、布団の中でダラダラとする感じ。

ところがやはり、東京への旅の疲れが溜まっているのだろう。

きのうもおとといも、昼寝を2時間もした。1時間で一回起きて、トイレへ行ってまた布団に入ると、さらに1時間ぐっすり寝る。

 

疲れが溜まっているのだから、それも仕方がないといえば、仕方がない。でも急に旅をすることになってしまい、旅先での仕事もはかどらなかったから、その分を取り返さないといけないのだ。

ところが2時間も昼寝をしてしまえば、仕事をする時間は自然圧迫されてしまう。

 

それできのうもおとといも、仕事はあまりはかどらず、、

どうやって暮らしていったらいいか、分からないぜ、こりゃ、という話なのだ。

 

それなのに、酒はいつもの時間に飲み始める。「腹が減っては戦はできぬ」と、シャッキリ気分転換できるから、自分でも何を考えているのか分からない。

きのう作った肴は、「マーボー肉じゃが」。

マーボー肉じゃが

これがまた、ウマかった。

 

これは「和食のニンニク化」計画の一環だ。日本家庭料理の代表、おふくろの味の肉じゃがを、ニンニク入りの味にする。

これは以前、キムチの肉じゃがを作ってみたらやら、これがうまかった。

いやそれは、肉じゃがは単に肉とじゃがいもを煮るというだけの話だから、その味つけが何であれ、うまいに決まっているということだ。

 

それできのうは、マーボー。マーボーのひき肉なしで、じゃがいもと肉を煮る。

これは、家常豆腐がヒントになっている。

マーボー豆腐よりうまい!家常豆腐

家常豆腐は、要はマーボーの煮汁で厚揚げを煮たもの。この厚揚げを、じゃがいもと取り替えたということだ。

 

取り替えたのだが、肉じゃがにはしらたき的な、味を吸うものがほしい。それで厚揚げも入れることにした。

でも、ニンジンは入れない。ニンジンは、おれにとっては「彩り」以上の意味がなく、マーボーは赤いから、もう彩りはいらないからだ。

 

野菜はあとは、玉ねぎとピーマン。これはあらかじめサッと炒めて最後に加え、シャキシャキ感を残すようにする。

 

マーボー味には、ふつうは「甜麺醤」を使う。

でもこれは、八丁みそで完全に代用できるから、買う必要がないのである。

 

 

マーボー肉じゃが

フライパンにサラダ油・大さじ1を入れ、まず大きめに切った玉ねぎ・1個、玉ねぎがバラけてきたら、やはり大きめに切ったピーマン・2個を入れ、歯ごたえを残すようにサッと炒めて、皿にとり出しておく。

 

マーボー肉じゃが

あらためて、フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • みじん切りのニンニク 1かけ分
  • みじん切りのショウガ ニンニクと同量くらい
  • 豆板醤 小さじ2
  • 八丁・赤出しみそ 大さじ1

を入れて強めの弱火くらいにかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

 

マーボー肉じゃが

2~3センチ大に切ったじゃがいも2~3個を入れ、さらにサッと炒めたら、

  • 水 1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1~2
  • コショウ 1ふり

くらいを加えて味をつけ、じゃがいもと同じくらいの大きさに切った厚揚げを加えて、弱火でフタをして、15分程度、じゃがいもが好みの柔らかさになるまで煮る。

 

マーボー肉じゃが

じゃがいもがやわらかくなったら、豚こま肉・200グラムを広げて入れ、さらに弱火のまま、肉の色が変わるまでゆっくり煮る。

 

マーボー肉じゃが

肉が煮えたら、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2

くらいの水溶き片栗粉を、スプーンで少しずつ混ぜながら入れ、トロミをつける。

 

マーボー肉じゃが

最後にとり出しておいた玉ねぎとピーマンを戻し、

  • 酢 小さじ1
  • ゴマ油 小さじ1

を加えてひと混ぜし、火を止める。

 

 

これは、うますぎて泣ける、、

マーボー肉じゃが

 

マーボー味がしみたじゃがいもは、たまらない。

マーボー肉じゃが

 

 

あとは、わかめスープ。

わかめスープ

頭とわたを取った煮干しとニンニク1かけ、たっぷりの乾燥わかめを水で煮て、酒としょうゆ、塩、コショウそれぞれ少々で味をつけ、お椀によそって青ねぎとゴマをかける。

 

それに、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

 

仕事が押しているのだから、さっくり飲んで早く寝ればいいはずだ。

それなのに、またダラダラと飲み過ぎてしまうのだから、おれはまったく、何も考えていないにちがいない。

 

「お医者さんに頭を診てもらいなよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-