あたたまる。【豚肉とかぶのキムチあんかけ煮】

2015/12/09

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮

きのうは、豚肉とかぶのキムチあんかけ煮。韓国では、たぶんキムチ煮にトロミはつけないと思うけれど、トロミをつけてもべつにいいのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

東京から京都へ帰ってくると、これが寒いのだ。

京都は、とても住みやすい。街はコンパクトで、必要なものは全てあって、余計なものはない。昔ながらの風情が残っているから、歩きまわるのも楽しい。

人も、新参者にたいしてつかず離れずの、絶妙な距離で接してくれる。冷たいことはなく、逆にベタベタもしていないから、こちらも気楽だ。

 

しかし、まずこの寒さ。だいたい、東京と「気温」としてはおなじでも、京都のほうが、体感温度ははるかに寒い。

一度広島へ行ったとき、そのときの最高気温3度の寒さが、京都の最高気温10度のときの寒さより、まだ暖かかった。

これはたぶん、京都は湿度が高いからではないかと思う。盆地だから、湿気がたまるのではないか。

なので寒さが、「刺す」ようなのだ。

 

それから、夏。これが、暑い。これも東京と気温がおなじだったとしても、京都のほうがはるかに暑い。

たぶん、やはり湿気が原因ではないかと思う。とにかく蒸し暑いのだ。

 

明け方5時くらいなら、東京だと、夏でもそれなりに涼しいはずだ。でも、京都はちがう。

明け方5時から、「モワ~~~っ」とした淀んだ空気が、街を覆い尽くしているのである。

 

この寒さと暑さだけは、ほんとに何とかしてほしい。

京都には、ぜひ考えてもらいたいものだ。

 

 

というわけで、きのうは豚肉とかぶのキムチあんかけ煮。

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮

「温まるものを、、」と思って作ったと言いたいところなのだが、じつは、考える順番は、そうではなかった。

 

はじめは、別の料理を作るつもりで、豚肉を買った。ところが家に帰ったら、冷蔵庫にかぶがあるのに気がついた。

何しろ、急遽一週間も旅行するハメになった。冷蔵庫には、使いかけの食材があれこれ入ったままだったのだ。

 

このかぶを、早いとこ使いきってしまわなければいけない、、

それでまず、豚肉とかぶを塩味のあんかけ煮にしようと思った。

 

ところがさらに、キムチも冷蔵庫に入っていることに気がついた。キムチは1週間前の段階で、すでに2週間たっていたから、さすがにもう、使いきってしまう必要がある。

それで、味つけを塩ではなく、キムチにしたというわけだ。

 

しかしもちろん、韓国で、キムチ煮にトロミをつけるかどうかは、一応は考えた。たぶん、しないのではないかと思う。

しないとは思うけれど、してもいいのだ。

 

「キムチは韓国のものだから、韓国の食べ方を参考にする」のは、もちろん正しい。それにより、学ぶことがたくさんあるのは、まちがいない。

でもそれにこだわりすぎるのも、あまり良くない。「韓国の食べ方」など、日本人には本当のところは知りようがないのだから、それを考え過ぎると窮屈になるのである。

 

日本人は日本人で、自分なりにキムチを使う。たとえ韓国の人が眉をひそめたとしても、自分がうまければ、それでいいのだ。

 

豚肉とかぶに、キムチが合うのは、まちがいない。

さらにそこにトロミをつければ、温まるに決っているわけなのだ。

 

作るのは、うす切り肉を使うばあい、肉を最後に入れるのがポイントだ。うす切り肉は、火を通し過ぎると硬くなってしまうからだ。

あとは、かぶは皮を厚くむき、煮過ぎないこと。

かぶは皮が筋張っていて硬いのと、しかも小さめのは、煮過ぎると溶けるからだ。

 

 

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮 作り方

鍋に、

  • ゴマ油 大さじ1~2
  • キムチ 300g入りパック3分の1=100グラムくらい

を入れ、強めの弱火くらいにかけて5分くらい、じっくりと蒸し焼きにする。

ここで油にキムチの味をしっかり出し、さらにキムチをトロトロにすることが、キムチ料理をおいしく作るポイントではないかと思う。

 

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮 作り方

  • 皮を厚くむき、大きさによって6~8等分のくし切りにしたかぶ 1~2個

を入れ、かるく炒めて油をなじませる。

これでキムチ味の油が、かぶにしみ込むわけだ。

 

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮 作り方

  • 水 1カップ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 塩 少々
  • コショウ 1ふり

くらいで味をつけ、ざく切りにしたかぶの葉を加えて、フタをして弱火で5~10分、竹串を刺して確認しながら、かぶがやわらかくなるまで煮る。

 

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮 作り方

カブがやわらかくなったら、

  • ほぐしたシメジ 2分の1袋
  • 豚うす切り肉 200グラム

を入れ、さらに弱火ですこし煮る。

 

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮 作り方

豚肉の色が変わったら、火加減を中火にし、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2

の水溶き片栗粉を、スプーンで加えては混ぜしながら、トロミをつける。

 

 

冷めないうちに、皿に盛る。

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮

 

キムチの味がしみたホクホクのかぶは、たまりましぇん。

豚肉とかぶのキムチあんかけ煮

 

 

あとは、わかめスープ。

わかめスープ

3カップくらいの水で、

  • ニンニク 1かけ
  • 頭とワタを取った煮干し 1つまみ
  • 乾燥わかめ たっぷり

を20~30分、わかめがトロトロになるまで煮て、

  • 酒 大さじ1
  • 塩 少々
  • しょうゆ 少々

で味をつけ、お椀によそって青ねぎとゴマをかける。

 

それに、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

 

一週間ぶりに自分でつくった飯を食べ、

「やはりうまいな、、」

あらためて思う。

おまけに自宅で飲めば、金の心配も帰る心配もいらないわけで、ついダラダラと飲み過ぎてしまうのも、仕方ないのだ。

 

「旅行中はせっかくキビキビしてたのにね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-