カウンターのあとはこれ。【あらい商店・牛すじカレー】

2015/12/01

牛すじカレー

きのうは大阪でのカウンターのあと、十三・あらい商店で牛スジカレーを食べた。このカレー、牛すじのリッチなコクに、強めのスパイス、フルーツの甘味もあって、さらにオムレツとキムチがよく合い、大変うまい。

 

◎スポンサーリンク


 

約1年前まで、デモには一度しか参加したことがなく、完全に「ノンポリ」だったおれが、今ではこうしてデモやら、カウンターやらに参加するようになっているのは、煎じつめていえば、「責任を感じているから」だ。

いま日本は極端に右傾化し、戦争法案も可決され、自衛隊を戦地へ送る準備がされている。マスコミへの弾圧も程度を増し、物言えばくちびる寒し、まさに戦前のような時代に急速に近づいている。

そんなことは、30年前には考えられなかったことだ。

 

でもなぜ、30年のあいだにこんなことになってしまったのかといえば、おれたち上の世代が、まさにノンポリ、政治のことを何も考えず、何もしてこなかったから。

バブルに浮かれ、バブルが終わったあとも、バブル時代のやり方から抜け出せず、ここまで来てしまったからだ。

 

そのことに、3.11の福島原発事故を境に、気がついた。それ以来、悪化の一途をたどる政治・社会状況を見ながら、せめて太平洋戦争敗戦のような、最悪の事態は避けないといけないと、1年前から、運動に参加するようになった。

安保法制や維新にたいする反対デモは、まさにそれと直結するし、人種差別団体も、現政権が水面下でそれら団体を煽っていて、カウンターも、そのための具体的な行動だと思っている。

 

ただ、そのような運動は、山ほど行われている。そのなかで、おれが「カウンター」を中心に運動に参加しているのは、カウンターが、ひとこで言えば「居心地がいいから」だ。

目的以外の余計なことが、最低限ではないかと感じる。

 

おれなんかの世代だと、社会運動にたいしては、「アレルギー」を持っている人も多いと思う。学生だった頃は、学生運動は下火になり、中核派などの過激派だけが、内ゲバなどをくり返していた時代。

また労働組合系の運動も、あまりイメージが良くなかった。運動家は組織のために、甘言を弄する印象で、運動の現場へ行けば、勧誘されるのではないかと怖かった。

 

しかしいまの、カウンターを中心とした新しい運動は、そのようなことは、まったくない。運動は「非暴力」を徹底していて、警察とムダに揉めることも少ない。

 

組織への勧誘も、一切ない。というか、組織自体がもともとない。

現在のカウンターには、いちおう「C.R.A.C(対レイシスト行動集団)」という組織がある。これは東京に本部があって、全国に支部もある。

ただこの組織、情報集約のキーステーションと、警察などとの不測の事態にたいするバックアップが目的の中心で、メンバーは、とても少ない。関西には、4~5人なのではないだろうか。

 

カウンターに集まってくる人間は、あとはすべて、組織とは関係なく、ツイッターを見ている。カウンターをするのに必要な情報は、すべてツイッターに公開される。

なのでカウンターは、参加者をたばねる組織自体が必要ないから、自然、組織にたいする勧誘も、ないのである。

 

多くの人は、カウンターへ来て、やることをやって、そのまま帰る。カウンターのメンバー同士、よっぽど仲が良ければ別として、挨拶もたいしてしない。

「ドライ」といえば、非常にドライ。

でも余計なことがない分、面倒もないわけだ。

 

何かをやろうと思うと、人間関係なしにはできない場合も多い。その人間関係が、たまたまいいものなら幸運だが、変な人間関係に巻き込まれると、面倒を背負い込むこともある。

カウンターは、そのような心配は、まったくない。

人間関係は、自分から希望するのでない限り、ツイッターさえ見ていれば、まったく関わらなくても問題ないのだ。

 

おれは、カウンターが終わったら、気の合う人とは飲んだりする。

でもそれは、あくまでその場の流れであって、カウンターの前からそのあとの約束をするようなことは、ほとんどない。

 

 

というわけで、きのうは大阪で、在特会の差別デモにたいするカウンターがあった。

カウンター

カウンター

カウンター

デモは1時間あまりで終わり、そのあと、十三にある「あらい商店」へ流れた。

 

あらい商店は、まずは出てくる料理がうまい。しかも店主も、カウンターやデモに参加するから、カウンターのあとで行くには、話がしやすいということもある。

 

とりあえず、ビール。

あらい商店

カウンターの仲間と2人で連れ立って行ってみたら、やはりカウンターの参加者が2人、すでに来ていて、さらにあとから1人来た。

 

まずは、キムチ。

あらい商店

あらい商店は、もともとはキムチ屋をやっていたのだそうで、キムチは言うまでもなくうまい。

 

それから、ホルモン串焼き。

あらい商店

おまかせで5本頼んだ。

どれも、やわらかくて、味がある。ホルモンには、やはり酒は、チャミスルが合う。

 

そして、きのうはこれが目当てだった。

あらい商店

牛すじカレー、オムレツのせ。

 

あらい商店は、最近でこそ、新メニューの鍋が人気。でももともとは、この牛すじカレーが人気料理の筆頭だ。

もちろん、大将が一から仕込む。牛すじのリッチなうまみに、スパイスが強めにきいて、さらにフルーツの甘みもある。

このカレーに、オムレツ、さらにキムチが、この上なく合うわけで、これは毎日食べても、飽きない気がする。

 

さらにきのうは、裏メニューの期間限定、サッポロ一番・塩ラーメン。

あらい商店

 

サッポロ一番は、関西では、圧倒的に「塩」だそうだ。

これを卵で閉じで、水菜の刻んだのがのせてある。

カレーの辛みが口に残っている、その後のフィニッシュとして、このさっぱり塩ラーメンは、最高だ。

 

きのうもこれを食べ、酒はいつもどおり飲み過ぎて、家に帰った。

もう疲れたから、9時に布団に入ったら、なんと起きたのは、今朝10時。

 

カウンターは、人種差別主義者の悪意にさらされるから、どうしても神経が疲れるのだ。

でもそれも、これだけ寝れば、さすがに取れた。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み
-