これは死ねる。【鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁】

2015/11/27

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁

きのうは、鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁。ふつうの赤出しみそ汁に、ニンニクとゴマ油、豆板醤にコショウを加えたというもので、これはマジでうまくて、ほんとに死ねる。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうもまた、激しく飲み過ぎた。敗因はまず、煮込み料理だったこと。

おれは料理を、酒を飲みながらする。調理作業がいろいろあれば、飲む量もおのずと少なくなる。

ところが煮込み時間は、何もすることがないから、格好のドリンクタイムになってしまう。30分あれば、かるく2杯は飲んでしまうことになるのである。

 

さらに酒が進むと、ご飯を炊き忘れる。

ご飯は、いつもは酒を一杯飲んだころ、炊き上がるようにしている。それを、一杯飲んだころ炊き始めてしまうから、炊き上がるあがるまでに、また酒が進む。

 

おかげできのうは、後半は記憶がない。朝も起きられず、二度寝、三度寝をくりかえす。

遅れを取りもどすため、バリバリ仕事しなくちゃいけないのに、まったく何をやっているのか、おれは、という話なのだ。

 

 

さてきのう、その泥酔しながらつくった料理は、鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁。

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁

ニンニクは、もう欠かせない。

 

これは考え方として、ふつうの赤出しみそ汁に、ニンニクとゴマ油、豆板醤、それに隠し味程度にコショウをくわえたもの。おとといちょっとやってみたら、とてもうまかったから、きのうは主役に昇格させた。

みそ汁は、和食に欠かせない料理の一つ。これにニンニクを入れるのは「どうなのか」と、おれも正直、思っていた。

 

ところがこれが、死ねるのだ。じつに「リッチ」な味になる。

ちょっとチゲっぽい感じ。でも、みそ汁。

おれはこの味を、「新和食」と呼びたいところだ。

、、と、またつまらないキャッチフレーズを作ってみせるわけである。

 

作り方は、まずゴマ油でニンニクや豆板醤を炒め、そこに水を入れる、中国流。入れた具は、きのうは鶏肉と大根で、ここにソーセージを加えると、コクが増す。

野菜はさらに、ゴボウやもやし、ニラなども入れた。

具がいろいろ入っていれば、みそ汁でも、完全にメインの一品としていける。

 

 

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁 作り方

鍋に、

  • ゴマ油 大さじ2~3
  • みじん切りのニンニク 1~2かけ
  • 豆板醤 小さじ1~2
  • 頭とわたを取った煮干し 1つまみ

を入れ、弱火で2~3分、じっくり炒めて味を出す。

 

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁 作り方

つづいて、

  • うすく塩コショウをすり込んだ鶏肉(きのうは骨付きもも肉のぶつ切り) 200グラム
  • 切り込みを2~3本入れたウインナー 4本

を入れ、弱火のまま、さらに2~3分、じっくり炒める。

 

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁 作り方

3~4センチ大の乱切りにした大根(皮はむかなくていい)・鶏肉やウインナーより見た目ちょっと多いくらいを入れ、かるく炒めて、味のついた油をまぶす。

 

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁 作り方

水・4カップ(1カップは煮詰まる分)を加えて中火にし、煮立ったら弱火にして2~3分煮て味をなじませ、

  • みりん 大さじ1
  • 八丁・赤出しみそ 大さじ3~4

を、味をみながら、これから煮詰まることを見越してうすめに入れて、コショウ・少々をふる。

 

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁 作り方

フタをして、弱火で20~30分、大根がやわらかくなるまで煮たら、

  • 細切りにした油あげ 2分の1枚
  • ささがきにして5分ほど水にさらしたゴボウ 2分の1本

を加えて、さらに5分くらい煮る。

最後に、

  • 横にうすく切った玉ねぎ 2分の1個
  • もやし 2分の1袋
  • 食べやすい大きさに切ったエノキ 2分の1束
  • ざく切りのニラ 2分の1束

を入れて、サッと煮たら火を止める。

 

 

どんぶりに、たっぷりよそう。

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁

 

これはほんとにウマイから、作ってみるのはオススメだ。

鶏肉と大根のニンニク入り赤出しみそ汁

 

 

あとは、白めし。

白めし

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

 

そういうわけで、もう昼を過ぎているのに、まだ頭はボッとして、しかも気持ち悪い。

きょうも仕事は、捗りそうにないのである。

 

「吐きながら仕事して。」

焼酎水わり

そうだよな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉