マジでうまい。さんまのキムチ煮

2015/10/22

さんまのキムチ煮

きのうは、さんまのキムチ煮。これは、マジでうまいのだ。

 

◎スポンサーリンク


 

キムチ味・韓国式の料理にどっぷりハマっているのである。抜け出せそうな気配はない。

 

ハマりやすい性格だというのは自覚していて、何かにハマってしまわないよう、日々気をつけてはいる。

松嶋菜々子が好きすぎるから、テレビを持っていたころは、ドラマなどは死んでも見ないようにし、CMに松嶋菜々子が一瞬でも映ったら、すぐにチャンネルを替えるようにしていた。

料理もおなじ。鍋が好きすぎるので、東急ハンズの鍋売り場へはぜったい行かない。

 

それだけ気をつけていたつもりなのに、今回韓国式料理にハマってしまった。

これは言い訳すれば、最近できた友達が悪いのだ。

 

在特会などによる、在日コリアン差別へのカウンターに参加するようになり、在日コリアンの友達・知り合いがたくさんできた。すると彼らといっしょに食事をしたり、彼らがツイッターに投稿した自作料理の写真を見たりするようになるわけだ。

するとそれらが、非常にうまそうだったり、実際にうまかったりする。

韓国料理は、韓国へも10回以上は行っているし、たくさん食べてきてはいる。でも在日コリアンが作る料理は、韓国で生まれた人が作る料理とは、またちがうのだ。

 

まず韓国の韓国料理とくらべ、唐辛子とニンニクの量が少なく、味がマイルド。

韓国へ旅行に行って、日本に帰ってくると、しばらくは、味覚が変化してしまい、日本の料理をただ「塩辛い」としか感じられなくなったりする。ところが在日コリアンの料理を食べても、そのようなことはまったくない。

実際、在日コリアンが家で作るメニューを見ると、日本っぽい料理と韓国っぽい料理が同居していたりする。

 

また日本で普通に食べるメニューが、ちょっと韓国的になっていたりするものもある。

たとえばカレーの付け合せに、キムチを使う。これを初めてみたとき、ちょっとした衝撃だった。

ところが実際に試してみると、カレーとキムチはどちらも唐辛子が入っているし、といって辛さの種類はちがうから、キムチがカレーの幅を一気に広げるようなところがあり、じつにうまい。

 

これまでは、韓国料理と日本料理は、別のものだと思っていた。ところが在日コリアンの料理に触れて、その考えが変わりつつある。

「韓国料理と日本料理は、連続的につながったものなのかもしれない」
と思うようになったのだ。

 

歴史的には、朝鮮半島と日本とは、古来から密な人の行き来がある。

料理の仕方についても、たがいに影響を与え合い、受け合っていたとしても、何もおかしいことはないだろう。

 

さらにいえば、韓国の料理は、
「日本がそうであったかもしれない世界」
を示しているのではないかという気もするのだ。

 

日本では、奈良時代に肉食が、そして鎌倉時代に、ニンニクやニラが禁止された。

肉とニンニクは、世界の料理を見てみても、使わない地域はないのではないか。ところが日本は、それらを使わずに料理をしないといけなかった。

日本料理が、世界に類を見ない特徴を持っているのは、そのような、類を見ない制限があったからではないかと思う。

 

それにたいして朝鮮半島では、もちろんべつに、肉もニンニクも禁止されることはなかった。それらをのびのびと使い、しかも料理の仕方は、日本と近い。

 

その料理を見ると、
「日本ももし、肉とニンニクが禁止されなかったら、あのような料理を作っていたのではないか」
と、おれなどは思ったりする。

在日コリアンの友達に感化され、おれは、「日本がそうであり得た世界」の扉をあけ、向こうをのぞき見てしまったのかもしれないと思うのだ。

そこに広い地平があるのを知ってしまえば、つい足を踏み入れてしまうのも、仕方がないというものだ。

 

 

というわけで、長々と言い訳したが、きのうもキムチ味。

さんまのキムチ煮

さんまのキムチ煮。

これが、マジでうまいのだ。

 

日本だと、まずさんまはあまり煮ない。塩焼きし、大根おろしにすだちでアッサリと食べるのが定番だ。

煮る場合には、山椒や梅干しなどを入れる。さんまのクセが、日本の基本調味料である砂糖としょうゆだけでは抜けないからだ。

 

ところがこれが、
「だったらキムチでいいじゃん」
という話。

クセのあるさんまとキムチは、最高の相性なのだ。

 

一度食べたら、もうやみつき。さんまを煮るには、キムチなしには考えられないようになる。

本当にうまいから、ぜひ試してみてもらいたい。

 

きのうはさんまと一緒に、もやしやニラなどを煮た。ここに豆腐や大根などを入れても、非常にいい。

味つけは、きのうはキムチに加え、コチュジャンを使った。

コチュジャン

コチュジャンは、韓国産の辛いものより、スーパーなどで売っている甘めのやつが、味が決まりやすいと思う。

 

それからきのうは、さんまは2尾使った。

さんま

おれはいつも、翌日の昼と2食分を作るからで、1尾にし、鍋のあまった場所に豆腐を入れても問題ない。

 

 

さんまのキムチ煮 作り方

さんまは頭と尾びれを落とし、腹を割いてワタをかき出し、さらに背骨についている血合いを包丁の先でこすり落として、よく洗う。

食べやすいよう、3~4等分にする。

 

さんまのキムチ煮 作り方

鍋に、

  • ゴマ油 大さじ1
  • キムチ 100グラムくらい

を入れ、弱火で2~3分、じっくり炒める。

 

さんまのキムチ煮 作り方

さらにキムチの上にさんまを乗せ、途中で1回ひっくり返し、やはり弱火で計5分ほど、火を通す。

(さんまは鍋肌に直接触れるとくっつくので注意)

 

さんまのキムチ煮 作り方

  • 水 2カップ
  • 酒 大さじ2
  • コチュジャン 大さじ2くらい

を入れ、落としブタをして、中火で10~15分煮る。

 

さんまのキムチ煮 作り方

最後に、玉ねぎともやし、えのき、それにニラを加え、サッと煮る。

 

 

皿に盛り、ひねり潰したゴマをふる。

さんまのキムチ煮

 

旬まっ盛りのさんまが、また脂が乗っていて、あまりにうまくて100回死んだ。

さんまのキムチ煮

 

 

あとは、わかめスープ。

わかめスープ

3カップ分つくるには、

  • 水 4カップ
  • 細かく刻んだウインナーソーセージ 3本
  • 乾燥わかめ たっぷり

を火にかけて、弱火で30分くらい、わかめがトロトロになるまで煮て、

  • 酒 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 塩 少々

で味つけする。

 

それに、ご飯。

ご飯

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

きのうも、酒を飲みすぎて、今朝はちょっと残ってしまった。

でもさんまがうますぎたから、それも仕方ないのである。

 

「人のせいにしすぎだよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 





 

◎関連記事

キムチお取り寄せなら大阪・鶴橋「豊田商店」

手軽でありながら王道。豚キムチ

ジャガイモがまた最高。あさりのキムチみそ汁

「赤小鍋」は死ねる。大阪十三の韓国料理屋「あらい商店」

団子にするとまたウマイ。豚肉団子のキムチ鍋
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-025 サンマ
-